夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:Y字路建物

0812_DSC08233_1
下井草駅近くの下井草商店街をぬけて千川通りの先にある下石神井商店街。奥にいったろこにあるY字路商店。少し下り坂のY字路、どこか横尾Y字路的な雰囲気をもっている。(住所:東京都練馬区下石神井4丁目22−11近辺)

1015_DSC00732_1
目黒川が浸食して作った台地のY字路と建物。建物前の一本樹木もいいが、下り坂の向うの景色もいい。高低差がある真ん中の通行禁止のポールや、下り坂と上がり坂の接合部のうねりが美しい。(住所:東京都目黒区中目黒3丁目19−8近辺)

0907_DSC09387_1
中野で見つけたY字路にたつ建物。出窓の下線がアール、ボコボコデザインで鼻らしき線にも見え、目と口があり顔建築にみえてきた。目立つY字路の立ち姿もいい。(住所:東京都中野区中野3丁目15−5 )

   0904_DSC09869_1
坂としても広く、複雑な東京では珍しい、新坂(福山坂)。その一部がY字路になっている。一応、大山顕さんが定義する立体Y字路になっている。地形だけじゃなくて、真ん中の建物姿もいいY字路だ。(住所:東京都豊島区池袋東京都文京区西片1丁目13−4 近辺)

0827_DSC09181_1
大山には複雑で魅力的な道が多い感じがする。ここ日大病院入口交差点は六差路、その1つのY字路がなかなか魅力的だ、小さな細い建物もいいが左右の道の暗さの違いもいい。(住所:東京都板橋区大谷口上町1−1近辺)

0827_DSC09176_1
反対側、こちらの部分Y字路もいい。右の道は旧川越街道。(住所:東京都板橋区弥生町2−1近辺)

0611_DSC06146_1
放射状道路がある、国立駅前の街。おのずといい感じのY字路ができる。この店舗の建物の何もないコーナーもいいが、左と右で道路の雰囲気が違うのもいい。(住所:東京都国立市中1丁目18−17 近辺)

0530_DSC04959_1
都電荒川線の庚申塚駅方面から、大塚駅に緩やかに降りる通り、緩やかに蛇行して下がってゆくいい通りだ。その通り沿いで、大塚駅近くにあるY字路が飲食店建物雰囲気も含めていい感じだ。(住所:東京都豊島区北大塚2丁目28−4

0515_DSC07283_1
千束と浅草の間にある花園通り。植栽の中央分離帯がある花園通りの先には、吉原がある。このY字路に建つ、倉庫なのかわからない建物、以前は看板があったようだが、何もないこの面に惹かれる。(住所:東京都台東区浅草5丁目12−3近辺)

1012_DSC07526_1
「Y字路(三叉路)」は、二つに分かれる道がそれぞれの時間が流れているように見えるのが、魅力的なんだと思う。それだけじゃなくて、真ん中にある建物、建築が魅力的ならば、さらに異時間な雰囲気を作り出す。富ヶ谷で見つけたY字路建築(山川荘)、コーナーの壁上部もデザインされ、いい感じの壁の表情をしている。道路の白線、横断歩道線もなんだかとってもアートにみえる。(住所:東京都渋谷区富ヶ谷2丁目17−9)

1005_DSC01468_1
Y字路ならずΨ字路だ。Y字路の真ん中に暗渠が付け足された。それにしてもいろんな要素満載だ。右側道路は登り坂、左側はやや登り坂、真ん中暗渠は階段で2,3段下がったレベル。取り残された建物の孤高感も凄い。(住所:東京都新宿区中落合2丁目11−27近辺)


0612_DSC04896_01
都営三田線の新板橋駅と西巣鴨駅の真ん中くらい、中山道に接する宮元商店街。中山道からV字型に別れる形の商店街、いがいと珍しい。寂れているがここからみえる景色が面白い。(住所:東京都北区滝野川5丁目16−2近郊)

0127_DSC08534_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街にある、コーナーデザイ ンの建物。写真後ろに千代田稲荷神社が位置するところ。どうも色の取り合わせが悪い、ブルーをやめたほうがカタチが生きる。コーナーデザインの建物は貴重だ、よく見ると面白いデザイ ンももったいない。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁 目19近辺)

↑このページのトップヘ