夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:Y字路

0914_DSC04538_1
亀有駅南口ロータリー近くのY字路部分建物。目立つやきとり屋さん、左右奥の建物のほうが輝いていて、浮かびあがる。(住所:東京都葛飾区亀有3丁目9−6近辺)

0903_DSC02869_1
天王様の坂の下り、左側の道は白子川の削った台地に上がってゆく。どちらも違ったうねりの曲がり道。先が見通せない不思議な気持ちになるY字路。(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−64近辺)

0829_DSC02668_1
江戸川区松本のY字路暗渠。アパート前に倉庫があり、角には街灯と標識のポールと通行禁止ポール。右側の水路跡の暗渠道がいい。途中から片側は緑地帯、出口先のトタン倉庫も綺麗にみえる。

      0829_DSC02672_1

0829_DSC02674_1
(住所:東京都江戸川区松本2丁目17-2近辺)

0808_DSC03620_1
交差点のY字路部分だが、その先の信号機の赤い光があたり、Y字路建物が輝く。よく見るとどこからかの青い光も混じる、街灯りの面白さがここに。(住所:東京都大田区南馬込4丁目8−3近辺)

0803_DSC02581_1
小松川境川親水公園が分かれるV字路、親水公園につながりY字路になる。真ん中には残地に樹木が立ち、V字路建物と左右の建物も路地面して表情が豊か。親水公園の緑に頭を囲われた、向こうの世界。

  0803_DSC02588_1

0803_DSC02590_1
(住所:東京都江戸川区本一色1丁目2−1近辺)

0725_DSC02760_1
大通りの地形段差でできた不思議な敷地。立体Y字路残地にたつトタニズム。階段もあり三方向から見える姿がいい。

  0725_DSC02785_1

  0725_DSC02769_1

   0725_DSC02788_1

  0725_DSC02765_1
(住所:東京都江戸川区西小岩近辺)

DSC02418_1
千住間道の五差路のY字路部分。雨でぬれた路面が美しく、三角残地が駐車場。Y字路建物も一階と二階で色が違う不思議な立体。ちょうど自転車の動きもあっていい。(住所:東京都荒川区荒川1丁目17−15近辺)

0630_DSC02030_1
本町5丁目、幡ヶ谷氷川神社横のY字路。閉まっているが八百屋さんのY字路。角に2階バルコニー、1階に自販機、その前に石の車除けがある。左右の家々も繋がってみえて表情が豊か。(住所:東京都渋谷区本町5丁目18−1近辺)

DSC01874_1
人込みを避けての夜散歩。青山霊園立山地区脇の笄川暗渠道のY字路。地形や河川の影響のY字路は多い。東京では珍しくY字路前の道が長く、遠くから眺められろ。両側道の先の街並みも凝縮して見える。

DSC01867_1
(住所:東京都港区西麻布2丁目17-17 近辺)

  0617_DSC01436_1
人込みを避けての夜散歩。斜面地にある参宮橋公園、しっかり公園として整備されて、擁壁も植栽も美しい。地形の段差や道のカタチにのこる不定形さがいろんな形で現れる。(住所:東京都渋谷区代々木4丁目12−5近辺)

0611_DSC01322_1
人込みを避けての夜散歩。青葉台にある三又に分かれるψ字路。鋭角敷地に建つ建物もデザインされている。2つの道路先にはビルがアイストップになっていて、左側の道だけ坂道で落ちてゆく、道幅もややあって綺麗な交差点。

DSC01313_1
そのうちの一つのY字路部分、Y字路建物もいい。コンクリなのに切れるナイフのようだ。(住所:東京都目黒区青葉台2丁目9−5近辺)

0515_DSC00860_1
人込みを避けての夜散歩。Y字路の中でも真ん中の建物や敷地が独立しているタイプがある。建物後ろに高架道路が通りる。後ろが光っていて独立性がましている。(住所:東京都港区南青山6丁目14−3近辺)

0507_DSC00487_1
人込みを避けての夜散歩。商店街近くで同じ二つ目街灯が真ん中にある住宅地の立体Y字路。左右の道は両方と手前に下がり勾配で角にパースが強調されて象徴的。住宅敷地の角は植栽で埋まっていて、残地がステージのように街灯と交通標識ポール。(住所:東京都目黒区駒場1丁目22−16近辺)

   0506_DSC00869_1

     0506_DSC00873_1
人込みを避けての夜散歩。いもり川暗渠に降りる鉄骨階段。空き地がだった左隣が工事中で一層隙間感がただよっていた。段差ある暗渠道への鉄骨階段。階段下に影がおちて、橋下やトンネルに流れ込む水のような存在だ。

      0506_DSC00877_1
(住所: 東京都渋谷区広尾3丁目1−26近辺)

  0420_DSC00291_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。駒場住宅街の立体Y字路。左右の道の高低差のうねりがいい。電柱の影で見ずらいが、角は残地的で階段。壇上に植栽が置かれている。(住所:東京都目黒区駒場3丁目6−6近辺)

0302_DSC09400_1
日無坂と富士見坂のY字路、冬の雨ので霞んだ借景。坂下の灯り、もっと先の霞んだ高層ビル群の灯りと遠景中景近景の世界が違う。

0302_DSC09397_1
(住所:東京都豊島区高田1丁目23-18近辺)

0217_DSC09364_01
行き止り道路も入れると五差路のY字路部分。建物からの光がないだけではなく道路の灯りもあたらないY字路建物。影として存在すて、後ろの屋根がペントハウスようなカタチとなる。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目23−11近辺)

0122_DSC07308_1
有楽町駅の東側、ガード脇にあるフルーツ百果園のY字路。後から出来たような柱脚の新幹線ガードがうまくはまりこんでいるが、ここのY字路は都心の面白いY字路の一つ。

0122_DSC07318_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目8-4近辺)

0116_DSC07321_1
有楽町駅の隣、第2有楽町橋高架橋の角は鋭角のY字路部分になっている。高架上の電車の色、丸の内側の街の灯り、 第2有楽橋架道橋のガード下の灯りと様々な色が交差、豊かな色合いに。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目4−5近辺)

1223_DSC06839_1
小松川境川親水公園が分かれるところにあるV字路。親水公園につながりY字路になるところ。真ん中には残地に樹木が立ち、V字路建物と左右の建物も路地に面していて壁面のズレが左右に見えていい表情。

1223_DSC06847_1
(住所:東京都江戸川区本一色1丁目2−1近辺)

↑このページのトップヘ