夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:Y字路

1126_DSC05878_1
下北沢駅から商店街を下り、ここで通りが広くなり雰囲気も変わる。賑やかな人通りに北澤庚申堂がひっそりとある。。南口商店街はかつての下北沢本村への道に開かれた商店街だった。 ここはその出口にあたるところ。(住所:東京都世田谷区北沢2丁目14−1近辺)

1117_DSC05902_1
井の頭通り大山の交差点手前のY字路。右は車が多い新しい通り、左は古い商店街通り。右と左の対比が真ん中の建物、Y字路を際立たせる。(住所:東京都世田谷区北沢4丁目33−11近辺)

1016_DSC05071_1
正確には五差路だが、幅広いY字路部分でこれほど建物が負けていなのが珍しい。左右で街灯の色が違う、左が紫色、右が黄色とわずかな色の違いが立体的を綺麗にみせる。(住所:東京都荒川区町屋6丁目23−18近辺)

   1010_DSC05058_1
江戸川堀暗渠、細道エリアは面白い。まずは暗渠Y字路を。暗渠とY字路の親和性は高い。暗渠細道は緊張も相まって、歩くだけで刺激的だ。鋭角土地と暗渠で流れがみえてくる。(住所:東京都荒川区町屋4丁目34近辺)

1008_DSC05317_1
北千住のビル街でのY字路がこんなに面白くなるとは思わなかった。Y字路建物のカド面は影で黒に、左側の折れ壁が実際に色だが、右側面が街灯りの赤を拾っている。横尾さんのY字路絵画の建物の色が変化するタイプがそのまま存在していた。(住所:東京都足立区千住中居町33−4 近辺)

   0930_DSC05026_01
Y字路は異界への入口という言葉にぴったりなY字路。意図しない街灯が真ん中建物だけ緑色、左右の道は明るい街灯。左右の道は先で左に曲がり先が見えない。見えないことも異界を想像させる。(住所:東京都荒川区町屋4丁目23近辺)

0904_DSC03889_1
立会道路にある五差路、そこのY字路部分に立つ建物。二階壁のたつみ薬局マークで正面性をつくっている。そして右に流れてゆく道路が魅力的な交差点。(住所:東京都品川区西大井1丁目5−1近辺)

0903_DSC04308_1
大谷口上町という面白い谷間地形、そこにある日本大学医学部の道路を渡るブリッチ。その下には立体Y字路の地形が見える。スケールもデカく、むしろ大味になりがちなのをブリッチが調和している。

0903_DSC04310_1
(住所:東京都板橋区大谷口上町55近辺)

DSC02431_1
道路との角度が斜めになる大久保駅、ガードサイドに幾つかのY字路がある。このたこ焼き屋の立ち姿、コーナー看板がいい。左のガード壁がてかっていて、右側道と違う世界を作り出す。(住所:東京都新宿区百人町1丁目-21-15近辺)

DSC03043_1
正確には五差路のY字路部分にたつ向台子育地蔵尊。1796年に本郷村の念仏講組織によって建立されたものとあるが。夕暮れ時の光る姿、交差点は美しい姿をしている。左横にゴミ袋も積まれているが。(住所:東京都中野区弥生町1丁目43−20近辺)

0714_DSC00743_1
下目黒にあるコカ・コーラ&寿司長の看板がある建物。Y字路に位置して美しいY字路建物になっている。看板の正面性、左右面の光をひろいテカっている感じもいい。(住所:東京都目黒区下目黒3丁目8−12近辺)

      0621_DSC01814_1
北区十条仲原、稲付谷へ降りる立体Y字路道。右道が下がり、左道は平で見えないその先で下る。左右の道はいったん膨らみ狭まる。それぞれ斜面地道風景がいい。

      0621_DSC01817_1

      0621_DSC01818_1

      0621_DSC01819_1
(住所:東京都北区十条仲原4丁目16−1近辺)

     0614‗DSC01892_1
赤羽台の八幡台窪地、Y字路の階段の方から。上からのカットはピンぼけ。階段下がったところの写真がいい感じになった。このあたりの地形、路地、階段は面白い。(住所:東京都北区赤羽台3丁目30−15近辺)

0517_DSC00249_01
藍染川暗渠の蛇行と道路でできたY字路。佐原屋さんの倉庫がちょうど建つ。倉庫には珍しく、蔀戸でしかもダブル。小さい建物のY字路がカワイイ。(住所:東京都文京区千駄木4丁目18−13近辺)

   0511_DSC01483_1
鐘ヶ淵駅前の線路東側の放射状道路のY字路部分建物。角面の1階腰壁がストライプ。車の赤ランプが当たって引き立つ。左右の路地並みのちがいもいい。(住所:東京都墨田区墨田3丁目31−7近辺)

0508_DSC01111_1
Y字路にたつ大門湯。表通りよりも狭い路地に面することが多い銭湯で、Y字路で手前に三角形の残余地(植栽スペース)がのこる。そしてひきが出来て、いい立ち姿が見える。

0508_DSC01107_1

  0508_DSC01110_1
(住所:東京都荒川区東尾久6丁目11-2近辺)

0507_DSC01143_1
西尾久にある小台銀座。商店街の真ん中あたりに分かれ道のY字路がある。そこにたつ建物、モルタル壁のヒビ補修が模様のようで、電線と相まって線だらけ。

0507_DSC01146_1

0507_DSC01142_1

0507_DSC01151_1
(住所:東京都荒川区西尾久2丁目31-1近辺)

0417_DSC09934_1
石神井川脇のY字路建物。どうやら板金屋さんのようだけど、色々な仮設がついて建設中、工事中にも見える。さらに信号機の灯りで照らされオモシロイ建物に。(住所:東京都練馬区練馬4丁目33-9近辺)

0413_DSC00626_1
西小山駅の北西にある変形十字路のY字路部分。2階部分アルミ壁の角度による光の反射表情がいい。多角形の金属外壁は街灯りをうけて美しくなる。(住所:東京都目黒区洗足1丁目1−1近辺)

0410_D0SC00333_1
左右違う道なのにどこか相似形になっているY字路。建物がそうさせているのか。さらに左側の植栽が凄く長い。細い余った場所に植栽の鉢で流れをつくる。

   0410_DSC00341_1

0410_DSC00337_1

      0410_DSC00339_1
(住所:東京都大田区西糀谷1丁目11-16近辺)

↑このページのトップヘ