夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:高速道路

     0722_DSC02771‗1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。一般道の鹿浜橋へと降りてくるガードの下。一般道ということもあって人がすぐ近く、真下に入れる。こちらにグッとむかってくる感じがいい。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

0513_DSC01399_1
JR貨物の隅田川駅にかつて運搬用の水路があった。その一部が少し残っている瑞光橋公園。水路はほんのちょぴりなんだけど、混在する景色がいい。公園水路先に瑞光橋、隅田川、高速道路、白鬚東アパートと層状に並ぶ。とても凄い背景。

0513_DSC01397_1
(住所:東京都荒川区南千住8丁目18−1近辺)

DSC00904_1
2階建て民家が多いエリアなのに高い位置のある小菅東スポーツ公園、その横にも高速の料金所とある。人工でできた谷におりるような大階段の景観。それはそれでなかなかな風景に。(住所:東京都葛飾区小菅2丁目2−15近辺)

0205_DSC07063_1
都電砂町線跡地の大島緑道公園。暗渠緑道と少し景観が違うところが面白い。公園は終わるところ、堅川の高速道路がゲートになっていた。(住所:東京都江東区大島3丁目7-8近辺)

0114_DSC05884_1
高速道路の曲りがカッコいいのだけど、地面に近すぎてイマイチよく写真撮れずのところ。隈研吾設計の一行院千日谷会堂ができていい感じ見えるようになった。光っている効果、前庭駐車場で高速足回りで綺麗に見える。高速下の境界、使い方もオモシロイ。

0114_DSC05878_1

   0114_DSC05890_1
(住所:東京都新宿区南元町19-2近辺)

0923_DSC06649_1
横浜橋商店街アーケードを抜けた先にある三吉橋商店街。さらに高速道路を潜ると商店街続く。商店街の続きを川と高層道路がまたいでいる感じだ。高速道路が借景の商店街。

0923_DSC06635_1

0923_DSC06636_1
(住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目187−7近辺)

0911_DSC06749_1
山手方向から海岸低地をみる。山手地区の山の北側に沿うように流れる中村川、その上の首都高速神奈川3号狩場線が都市境界となっている。光の漏れ方も美しい。この日は横浜スタジアムから上がった花火のあとで、少し靄っていた。(住所:神奈川県横浜市中区石川町3丁目115−2 近辺)

0911_DSC06645_1
三吉橋の上から見る。高速道路のズレるガードからの光が斜めに入る。かつ水面に映りこみ、連続が倍になって綺麗にみえる。(住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目187-7近辺)

横浜市は18区ある。今まで10区アップしたが、まだの8区をここに。
都筑区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、泉区、戸塚区、港南区、栄区。

0522_DSC02195_01
中川護岸から首都高速中央環状線を見る、その向こうには砂町の街並みがバックで写る。少し高く歩く人がいない護岸、見える風景は美しい。と思っていたら階段の影に、地元の若い高校生くらいの人達がこの夜景を楽しんでいた。高速道路の灯りが水辺に落ち、鉄塔や船着き場とサブキャラもあり、豊かな風景となっている。(住所:東京都江戸川区北葛西2丁目1−4近辺)

   0628_DSC09019_01
箱崎ジャンクションの流れで、隅田川大橋の上の高速道路も凄い、うねっているし、この橋の上は柱もなくスパンも大きい、テンション構造の高速だ。

0628_DSC09022_001
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19−35近辺)

   0713_DSC09040_1


   0713_DSC09070_1
箱崎ジャンクション方向までもオモシロイ。フレーム柱が各道路を支えている。この変幻自在なフレームのカタチにどこか惹かれる。(住所:東京都中央区日本橋箱崎町31−3近辺)

     1121_DSC09071_1
箱崎ジャンクションの分岐地点の手前、高速道路の下の構造体とブリッチがとても惹かれてしまった。梁が構造体の間にうまく歩道橋ブリッチ部分が入っている。構造的には吊っていたり、ある意味、梁の構造と合体している。白く天井が高い歩道橋ブリッチ、こういった生かし方もあるのか。

1121_DSC09073_01
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町22−1近辺)

   1204_DSC00319_1
墨田区を東西に流れる人工の竪川、江戸城に向かって縦方向なので竪川。その上を走る首都高速道路「高速7号小松川線」。下から見ると異様に高い、柱が長いプロポーションに驚く。作った時は手前の建物のような低さを越えれば大丈夫と高くしたのか?向こうの方は対抗するように高い建物が増えている。形としては左側の梁だけ持ち出しになっているのは何故だろう。(住所:東京都墨田区両国2丁目1−11近辺)

   0831_DSC04879_1
地下鉄三田線の新板橋駅の上には中山道がある、周辺では高い所にある道路でその下が崖になっている。そこに幾つかある階段のうち、この写真の階段は何故か2重になっている。さらにその階段に店舗建物の2階に行く脇階段がついて複雑さをましている。背景の階段上は中山道と高速道路が見え、混在化した風景はなお一層不思議に。(住所:東京都板橋区板橋4丁目2−4近辺)

      0625_DSC05918_1
JR信濃町駅から南に下がった所に千日坂がある。ここに高速道路出入り口に向かった曲がった道路が絡む。坂の擁壁斜めで、鋭角に接合している。この交差するところがカッコいい。右隣の建物もなんだ不思議な宗教建築だったりもする。(住所:東京都新宿区南元町19−2近辺)

     0828_DSC01595_1
高速道路で横浜駅を通ることはあったが、その高速道路がどうなっているかわからなかった。横浜駅のきた東口からその高速の積み重ねをまじまじとみると凄い。しかしこれって、駅前の歩行空間を完全に分断している。それにもともとの地盤面がどこか、ここからじゃわかない。めちゃめちゃな横浜駅周辺計画、けっこう面白い。(住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目17近辺)

↑このページのトップヘ