夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:雑司が谷

1205_DSC02189_1
雑司ヶ谷にあるジグザグ道路、なかなかいい道。歩行者白線がありわかり安くなっている。道路むこうとこちらの光の違いがまたいい。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目22−17近辺)

1130_DSC02202_1
ドラマ「獣になれない私たち」にでてくる鬼子母神の参道。参道途中の建物を出演者の事務所として使っている。その交差点、建物に寄ったカットが多かったが、もう少し離れて手前右の建物もなかなかいい、参道曲がり角。

1130_DSC02172_1

1130_DSC02176_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目19−10近辺)

1130_DSC02226_1
参道の中間には、テレビ店舗用に改築したようだ。この建物の2軒先の建物がいい。

1130_DSC02214_1
東京の中でも街中にある、日常が見える参道でオモシロイところ。写真は鬼子母神での赤テント公演で帰る人達。普段はこんなに人はいない。

1127_DSC02140_1
角にブロック倉庫が立つ建物、Y字路の角としてとてもいい姿。右奥の緑が鬼子母神の森。左右の光の具合がとてもいい、建物やブロック倉庫の左右側面の表情が美しいところ。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目23−5近辺)

1105_DSC02147_1
夜散歩も三文の徳だ。鬼子母神を通ったら、拍手が聞こえたので境内外から覗いてみた。唐組の赤テントで舞台裏が開いてのカーテンコールだった。やがて照明も落ちて、明るくなると観客の顔もみえた。森の中での出来事を覗き見るような感じだった。

1105_DSC02154_1

1105_DSC02164_1

1105_DSC02143_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目15−20近辺)

1212_DSC02473_1
都電荒川線の鬼子母神前駅、両側が道路で周囲に高い建物が少なく、台地上で空が開けている。向かい会う駅のホームが綺麗に光っいて、遠方の池袋高層群との対比も美しい。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目17-3近辺)

   0203_DSC03957_1
雨のが降る冬、ここの参道の石畳と欅並木は美しい。これでけ立派な参道にも関わらず、普通の住宅が多いのも、ここが静かで散歩に最適な要素かもしれない。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目15−24近辺)

0204_DSC03968_1
真ん中あたりに、昭和初期に建てられた(築約80年)、木造2階建ての洋風5軒長屋の「並木ハウス別館」がある。看板建築みたいな長屋建築だが、2階の壁はつながり、白い開口部と模様のデザインが素晴らしい。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目15−24近辺)

      0203_DSC03976_1
参道門の看板、裏側から。その先の風景がいい。(住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目19−2近辺)

0408_DSC06457_1

弦巻川暗渠の近くにある段差にあった階段。

くびれたような階段だ。


0408_DSC06476_1

ウエストがしまって、曲がっている。

擁壁の斜め壁もあって、さらに不思議な形態にみえてカッコイイ。


0408_DSC06459_1

上からみると平面的にも、断面方向的にもくびれていた。

どういった経緯でこうなったのか、珍しい形となっている。
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−1近辺)

   0318_DSC06414_1
雑司ヶ谷2丁目にある「雑二ストアー」、弦巻川暗渠の雑司ヶ谷弦巻通りに面する。通り片側は増築壁のようだが、東京山手線内側では貴重な木造アーケード。情報誌の背景で使われていて店はやっていたの確認。波型アクリルの色違い屋根がカラフルいい、木製の開口部や壁は骨董品みたいな表情だ。


   0515_DSC06429_1

   0515_DSC06422_1

   0515_DSC06412_1

   0515_DSC06439_1

   0515_DSC06407_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷2丁目22近辺)

↑このページのトップヘ