夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:階段

0515_DSC01539_001
南千住駅日比谷線のガード下。貨物鉄道を渡る跨線橋に自転車用トラックスロープ、階段、エレベータ―がぶつかっているかのような多方向な線が混在する。階段下には公衆トイレまである。まるでクロスプログラミングな世界。

0515_DSC01543_1

0515_DSC01546_1
(住所:東京都荒川区南千住4丁目3−1近辺)

0505_DSC01396_01
瑞光橋横の隅田川の曲り、ここから風景は美しい。手前に階段と古い護岸、先の水神大橋、光る高速道路。水辺で揺れる青からオレンジ色が美しい。水神大橋も正面に見えていい風景。

0505_DSC01394_1
(住所:東京都荒川区南千住3丁目40−10近辺)

      0502_DSC00773_1
権之助坂商店街の脇にある階段。ビル三層分の高低差で直線。最近までついていた円柱の2つの装テンみたいなものがなく、かえって壁面跡と配管の荒々しさがカッコいい。

      0502_DSC00776_1

     0502_DSC00767_1

      0502_DSC00771_1
(住所:東京都目黒区目黒1丁目6−12 近辺)

   0414_DSC00274_01
日暮里駅より御殿坂を上がって、階段でさがる「夕やけだんだん」。幅広の道に幅の広い階段、そしてその先の谷中銀座。その手間に一番高い所に地形ダンメンが残っている。

      0414_DSC00273_1

0414_DSC00280_1

0414_DSC00278_1
(住所:東京都荒川区西日暮里3丁目10−5近辺)

0326_DSC09708_1
国分寺崖線にある、岡本三丁目の坂。幅広道路に高低差、勾配、広がる低地風景が世田谷一な坂道。脇には階段もあり、一通道路なので車道線が途中でくびれている。スピード防止のためか。

0326_DSC09706_1

      0326_DSC09716_1

0326_DSC09721_1
(住所:東京都世田谷区岡本3丁目27−13近辺)

0322_DSC09703_1
高低差ある崖線の立体Y字路。角には歪みが出て、急勾配で階段があり、並行用の手スリをそのまま斜めで不思議な風景に。勾配という歪みが見える。(住所:東京都世田谷区岡本3丁目23-8近辺)

      DSC08917_1
横の小学校がガラッと変わったようで、造成も変わったが擁壁はほぼ同じ形で、新しいコンクリになったようだ。切通しの絶壁部分は同じ感じだが、その上の斜め壁でイメージが変わった。ここに落ちる影が美しい階段に変化かな。

      DSC08909_1

      DSC08906_1

     DSC08916_1
(住所:東京都中野区東中野5丁目26−9近辺)

0224_DSC08792_01
ここ面白い、蛇崩川五本木支流の暗渠道、段差に階段スロープで分割。通りは車が通れないのでスロープの流れで自転車用、階段の流れで歩行者用と白線で三分割になる。

0224_DSC08788_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目18−22近辺)

0222_DSC08996_1
妙正寺川上高田支流、一本いったところから上がる擁壁脇のL字階段。大きさ高低差もさほどながら、擁壁、小路と相まっていい階段だ。

      0222_DSC08997_1

      0222_DSC08990_1

      0222_DSC08994_1
(住所:東京都中野区上高田1丁目34−17近辺)

   0212_DSC08263_01
どうやら工事中ではないようだ、とてもシュールな階段。階段や左右の擁壁は施行途中じゃないようだし、それにこの斜め柱の輪っかは? 駐車中の車の位置も含めてとてもシュールな階段。

      0212_DSC08264_1

   0212_DSC08269_1

   0212_DSC08265_1
(住所:東京都港区南青山6丁目3−5近辺)

   DSC08061_1
暗渠道にのこる小さな階段。わずかだけど末広がりの曲面階段。かつての笹塚支流の曲がり角のようで、不思議な成り立ちかもしれない。わづかでもこの動きがいい。

DSC08065_1
(住所:東京都杉並区方南1丁目2 -12近辺)

      DSC08070_1
水道道路が細くなるところの南側、笹塚支流の暗渠。細い直線の暗渠道にマンフォールが連発するところ。家との距離も近く光も少なく、いつもピントと格闘していたところ。

      DSC08082_1

DSC08084_1
途中の分かれ道階段もいい。

      DSC08087_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目8−22 近辺)

0118_DSC06206_1
猿海山龍本寺がある山の途中、若松公園上の階段からみる、崖下の若松マーケット。高低差ある風景で、長屋・屋根の暗い町並みに対して、路地に漏れる提灯の灯り風景がとても美しい。

   0118_DSC06225_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目16近辺)

   0109_DSC06483_1
建物脇をぬけた先にある階段。両サイドを植栽で占領している。私道かも知れないが、なかなかいい雰囲気の植栽階段。以前と植栽位置が変わったが南青山では珍しい階段。

      0109_DSC06477_1

0109_DSC06481_1
(住所: 東京都港区南青山4丁目6−1近辺)

0108_DSC06573_1
トマソンじゃない、ちゃんと機能している烏森神社の横ビルの裏階段。それなのに独立階段、あるいはトマソン的な美しさをもっている。神社との段差階段があるところで、さらに上下している。(住所:東京都港区新橋2丁目9−11近辺)

0108_DSC06563_01
烏森神社参道の両脇の店が変わって少し雰囲気がかわった烏森神社参道。新しい店テラスもいい感じだ。変わったカタチの鳥居が、境界をつくる。

0108_DSC06564_1

0108_DSC06567_1
(住所:東京都港区新橋2−15−5近辺)

      1228_DSC04692_1
崖地にそってある松の川緑道、暗渠。その脇にあった、くの字階段がいい感じだ。優雅な曲り姿、上部のマンフォールに削られている感じもいい。

      1228_DSC04697_1

      1228_DSC04686_1

      1228_DSC04696_1
(住所:神奈川県横浜市港北区下田町1丁目13−1近辺)

1227_DSC04208_1
内側の高さが下がる、堤防高さが段々と上がっているのかもしれない。段差、高低差がある風景はオモシロイ。そのなかでも鉄骨階段がならぶ堤防風景はとてもいい。

1227_DSC04200_1
その先の高低差風景もいい。

1227_DSC04202_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目12−8近辺)

DSC05315_1
羽村の立川段丘ヘリ際にある稲荷神社。階段参道を上がると提灯門が見える。光っていない提灯だが、後ろの照明の光を受けて、透かし灯りの門になっている。(住所: 東京都羽村市羽東2丁目14近辺)

     1218_DSC05084_1
のこぎり屋根のさくらファクトリーの下にあるスロープ階段。スロープなのか階段かわからなくなるところもあるが、いい曲りのスロープ階段だ。路面の継ぎ接ぎもカワイイ。

     1218_DSC05078_1

      1218_DSC05079_1

1218_DSC05089_1
(住所:東京都青梅市千ヶ瀬町5丁目579−7近辺)

↑このページのトップヘ