夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:階段

      1113_DSC05778_1
坂道から分かれる裏道にある曲がる階段。裏道的生活感がある通り、この階段のところで緑でクビレて、少し曲がる。大きな木と植栽を潜り世界が変わる。

      1113_DSC05775_1

      1113_DSC05776_1
(住所:東京都渋谷区上原2丁目8−18近辺)

   1110_DSC05142_1
千住桜木の道路両側にある土手段差店舗群と階段。土手の段差に面する店並び、隙間にある階段は、建物壁表情との対比が美しい。建物と階段から土手の段差がだんだんとみえてくるエリア。

   1110_DSC05128_1

1110_DSC05136_1

1110_DSC05148_1

      1110_DSC05151_1

      1110_DSC05153_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-7近辺)

      1107_DSC05460_1
山王厳島神社の弁天池へと降りてゆく階段。曲って先が見えないが谷間を感じられるいい風景。階段道と周辺建物関係も面白く、右側のアパート通路は2階からもアプローチできる。段差のあるところの空中通路は面白い。
      1107_DSC05463_1

      1107_DSC05457_1

      1107_DSC05455_1

      1107_DSC05456_1

      1107_DSC05459_1
(住所:東京都大田区山王4丁目23−1近辺)

      1103_DSC03941_1
横の残地にスロープが残る、数段の小さな階段。上に排水口のような穴があるのが不思議。間に手摺と斜めの上り口がいい。

     1103_DSC03946_1

   1103_DSC03940_1
(住所:東京都品川区南大井1丁目11−2近辺)

      DSC05228_1
珈琲モカが建つ墨堤通りの土手段差の長屋は1.5~2mほどの高低差がある。建物との隙間には階段があり、ここがなかなかいい。隣の飛び出し収納が低く、背を屈めないと通れないが、不思議なスケール、プロポーションになる。

      DSC05179_1

DSC05172_1
(住所:東京都足立区千住元町38−1近辺)

      1029_DSC05669_1
国分寺市南町3丁目、野川の谷をみる階段。ここの谷間はいろいろな見え方をする。少し不便な道ながら通る人が多い、いい風景が見られる階段。

      1029_DSC05672_1

      1029_DSC05670_1
(住所:東京都国分寺市南町3丁目30−4近辺)

      1023_DSC04071_1
松本泰生さんの「東京の階段」に出てくる東品川の極小階段。何度か目のチャレンジでやっとピントが合う。家々の間の隙間路地にある階段。入りところ、入った先に広がる空間がいい。

      1023_DSC04075_1

      1023_DSC04074_1
(住所:東京都品川区東品川1近辺)

      1019_DSC05474_1
高低差があり、4段階で降りてゆく階段。手前の踊り場長く、省いて切り取ったほうが階段の谷間風景が美しく見える。それにしても一番上から少しはなれた向こうの住宅地風景は、絶壁に落ちてゆく階段を感じさせる。

1019_DSC05471_1

     1019_DSC05473_1
(住所:東京都大田区山王4丁目21−1近辺)

      1017_DSC05475_1
山王の木原山と呼ばれる台地突端にたつ熊野神社。参道を上から見下げる、緑が多く隙間から見える街灯りが、あまり見えないのがかえって綺麗な段差風景。(住所:東京都大田区山王3丁目43−11近辺)

1009_DSC03795_1
旧蛇崩川の侵食した台地、その斜面地の途中路地から降りる階段。手前の2つは個人邸に降りる階段、奥は烏森稲荷神社に降りる階段。斜面地路地と階段の関係景色は面白くなる。

1009_DSC03793_1

      1009_DSC03794_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目39−14近辺)

1005_DSC05375_1
妙正寺川の侵食した台地、高低差のある住宅地のスロープ階段。落ちることが多かったのか、それにしても車止めの五連は多すぎる。その配置は人が立っているようで、ゴレンジャーを思い出す。

1005_DSC05380_1

1005_DSC05384_1

      1005_DSC05379_1
(住所:東京都杉並区本天沼3丁目34−16近辺)

0928_DSC04535_1
住宅街で見慣れない形態。地面からのびる斜めの線。階段からの線が、駐車場バルコニーの斜めの壁に繋がる。少し小さいバルコニーだけど面白い形態、建物大きな開口部も美しい。

0928_DSC04534_1
(住所:東京都杉並区松庵1丁目近辺)

      0911_DSC04099_1
旧東海道、夜行く時間帯は店は閉まっている両側のお店。シャッター締まった先の扉があいている。この先に段差のあるいい感じの階段路地がある。少し覗くと生活の音が聞こえる、いつもここまで。そしてやっとピンボケせず撮れたところ。

      0911_DSC04098_1

      0911_DSC04096_1
(住所:東京都品川区北品川1丁目近辺)

0905_DSC04295_1
大谷口上町の谷間地形は実にほどよいスケール。近年まではバラック住宅もあったが、ちょうど真ん中の谷間のところが公園になって、両側に不思議な階段ができている。手前は幅広いで向こうは鉄骨仮設のような階段。公園でぬけができたことで谷間住宅地がきれいに見れる。

0905_DSC04291_1

   0905_DSC04300_1
(住所:東京都板橋区大谷口上町58−7近辺)

   0829_DSC03667_1
上目黒氷川神社東側参道のT字階段、それぞれが不思議な並列階段になっている。脇道のほうは、並列はしているが敷地内の階段が曲がって行き来はできない。多重な階段でトリック階段みたいにも見えてくる。

     0829_DSC03670_1

      0829_DSC03651_1
(住所:東京都目黒区大橋2丁目16−15近辺)

      0821_DSC03814_1
旧蛇崩川の削った谷間を見る階段。住宅地の通り抜け路地階段。2段階にわかれ、さらにスロープがあり、通路先の谷間の見え方も変わる。

      0821_DSC03815_1

      0821_DSC03770_1

      0821_DSC03818_1

      0821_DSC03819_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目35−7近辺)

      0814_DSC03507_1
代々木駅からの切通し道路、小田急線をくぐるために切通しの谷間をつくる。そのため階段が対面する風景をつくる。信号機の赤い色が漏れて、味のある階段風景でもある。

      0814_DSC03510_1

      0814_DSC03509_1
(住所:東京都渋谷区代々木3丁目1−11近辺)

      0807_DSC02974_1
放射状の田園調布の街、西側にある宝来公園谷へ降りる階段。この周辺の階段の特徴を表す。落下防止のポール、三角階段、伸びる道の先の住宅街と緑。階段は古い感じだけど周辺がきっちりした住宅街。

      0807_DSC02979_1

      0807_DSC02980_1
(住所: 東京都大田区田園調布3丁目47近辺)

0730_DSC02962_1
放射状の田園調布の街の外側に宝来公園の谷間がある。あまり使わない古い階段なんだろう、平面的に斜め階段、そして踏面の水平面も斜めになっている。2段階に分かれる階段、それぞれ谷間とその向こうの緑地と街並みの見え方がちがって面白い。

      0730_DSC02967_1

0730_DSC02963_1

      0730_DSC02970_1
(住所:東京都大田区田園調布3丁目46−1近辺)

     0727_DSC03009_1
亀甲山古墳がある多摩川台公園から多摩川駅へ下る階段。大雨になった中、緑が多い公園で局所的に少し囲こまれたような地形に降りる、明るい駅のほうに向かい階段がいい。(住所:東京都大田区田園調布1丁目59−9近辺)

↑このページのトップヘ