夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

タグ:階段

   0718_DSC05087_01
渋谷駅から東急ハンズの先の街区、井の頭通りに下りる階段。レコード屋さんも変わりながら存在している、ある意味古き良き渋谷の姿がこの階段風景にはある。変わりつつありながら。

   0718_DSC05084_1
(住所:東京都渋谷区宇田川町11−11近辺)

   0707_DSC03575_1
池上本門寺台地にあがる名ある坂は幾つもあるが、ここの階段坂の名前が見つからない。それでも曲り階段に、樹木や電柱を避ける手摺のデザイン、特に途中からお寺裏のお墓に行く階段で分かれていて面白い階段坂になっている。上から眺める景色もいい。

      0707_DSC03571_1

      0707_DSC03582_1
(住所:東京都大田区池上1丁目31−1近辺)

0625_DSC03145_01
町田市金井町の高低差ある風景。高台に並び建っている賃貸アパート、通路の階段が向かいあっている。その先には起伏ある地形の屋根や灯りが見える。近景と遠景の落差がオモシロイ風景。(住所:東京都町田市金井町近辺)

      0519_DSC01773_1
多部未華子が出演しているテレビCM「マウントレーニア」の階段を進む篇を見ていてビックリ、あの階段だ。何度か撮ってあまりうまく撮れなかったが、この階段坂道はとてもいい、上からの風景も。そしてこの坂途中のアパート階段との絡みもオモシロイ。昼と夜の違い、動画と静止画の違いがあるがくらべるとオモシロイ。

   0519_DSC01784_1

   0519_DSC01798_1

   0519_DSC01790_1
(住所:東京都渋谷区西原1丁目近辺)

CM「マウントレーニア」の階段を進む篇

0518_DSC08568_1
大崎3丁目坂道、名前のついた歴史ある坂でもなさそうだがとてもいい。隣接するマンションの1階店舗部分の階段、歩道、坂道、隣地階段と4つの流れがぶつかりながら調和している。

0518_DSC08570_1
右側の隣地階段もなかなか。5連続の車止めが手摺。(住所: 東京都品川区大崎3丁目1−8近辺)

   0507_DSC01243_01
狭山丘陵の南側斜面には、多くの神社仏閣がある。この原山神明は斜面に階段を上がって建ち、民家みたいな立ち姿だ。下の広場には遊具や原山公会堂が面していて、このあたりの村広場みたいな感じだ。

      0507_DSC01250_1
(住所:東京都武蔵村山市中央3丁目70−1近辺)

      0505_DSC00814_1
石畳、石垣と東京のイメージを変える細い階段路地、歩いていて楽しい。石の擁壁、石の階段、それにブロック塀。絶妙なテクスチャーでまとめられた空間がいい。東京では珍しい路地が高輪にある。

      0505_DSC00843_1

      0505_DSC00830_1

      0505_DSC00801_1
(住所:東京都港区高輪1丁目26−22近辺)

      0503_DSC01314_1
狭山丘陵の西側先端に瑞穂町役場箱根ケ崎北会館があり、そこの少し曲がる階段が丘陵の西端の先端。そう思ってみると西側に広がる低地も少し変わってみえる。

0503_DSC01313_1

0503_狭山丘陵の階段1
(住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎2近辺)

0502_DSC01673_1
19時で閉まってしまう別所坂児童遊園からの風景。やっと夜の時間帯に入れた。この辺りには今はない富士塚「目黒新富士」があったところ。高台からの景色は都心の絶景なり。中目黒アトラスタワーが周囲含めて際立つ姿はまるでマンションポエム的パースみたいだ。

      0502_DSC01694_1
高低差ある目黒台地を落ちてゆく直線階段。そこから見える低地世界、中目黒アトラスタワーも階段と対比して凄い風景になっている。(住所:東京都目黒区中目黒2丁目1−19近辺)

  0501_DSC02300_1
羽村の立川段丘ヘリ際にある稲荷神社。階段から見える羽東の町並み、多摩川、その向こうの丘陵。河に削られた低地の町並み、上から眺めると生活がみえてきそうだ。

  0501_DSC02294_1

0501_DSC02293_1
(住所: 東京都羽村市羽東2丁目14近辺)

0428_DSC09825_1
近くに藤森照信さんの建築が2つあるので気になっていたところ。調べて階段坂道がいいなと思っていたら、想像以上だった。谷間風景だけじゃなくて、その先の高台風景、ビル群のせり上がり風景が素晴らしい。手間前の住宅群のひっそり感も対比的いい。

0428_DSC09826_1

      0428_DSC09816_1
階段に落ちる手摺の影も美しい。(住所:東京都国分寺市泉町1丁目5−16近辺)

      0424_DSC00884_1
高輪にあるわずかに曲がる階段。路地の曲りや古い建物もあるエリアだから、いい感じの風情をたもっている。階段下方向でわずかにくの字に曲がる。右の建物がほぼ接している位置なのに、独立して存在感がある階段。

      0424_DSC00878_1

      0424_DSC00880_1
(住所:東京都港区高輪1丁目17−7近辺)

   0421_DSC09936_1
国分寺崖線の一部、国分寺市南町あたりは三角形台地になっている。ここのエリアの階段、風景はレベルが高い。南側に斜めにくだるこの階段、手摺が白く太く目立つが、踊り場から両サイドの家にアプローチしていて、階段路地的にもオモシロイ。南側に広がる街並みも美しい。

      0421_DSC09942_1
(住所:東京都国分寺市南町2丁目3−29近辺)

      DSC09945_1

近くの並ぶ階段風景もオモシロイ。左右階段の美妙なズレが何とも言えない。(住所:東京都国分寺市南町2丁目2−4近辺)

      0415_DSC06696_1
恵比寿3丁目にある暗渠の谷に向って、わずかに下がってゆく路地。微妙な傾斜だが、反対側が良く見える。そして左に上がってゆく個人邸の階段、建物の立ち姿に植栽路地が美しい町並みをつくる路地だ。(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目25−6近辺)

      0409_DSC06685_1
恵比寿3丁目にある、階段のある路地風景。7段の階段で生まれる段差風景は、これほど効果あるのかという感じ。色々な要素が詰まっている世界でもあるところ。

      0409_DSC06693_1

      0409_DSC06689_1
(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目24−4近辺)

0325_DSC01435_1
よみうりランド脇のジャイアンツ球場に向う道だから、巨人への道という名前。だから手摺もオレンジなのだが・・・・。それでも高低差約60m、上から見える風景は絶景。しかもゴンドラの通り道でなんだか不思議な景観だし、今の時期は桜も美しい。桜越しに遠くの街灯りや地形がみえる。

0325_DSC01425_1

0325_DSC01458_01

   0325_DSC01465_1

   0325_DSC01480_1
(住所:東京都稲城市矢野口4019近辺)

0404_DSC09376_1
目黒不動尊(瀧泉寺)の仁王門、金剛力士の阿形像と吽形像が光り、見事に結界をつくっている。奥の階段が美しくひかっている。手前階段にはバス運行整理の人がコクリコクリと。幾つかの世界があった。(住所:東京都目黒区下目黒3丁目20−26近辺)

0602_DSC09366_1
仁王門の前にある弁天池。道路と塀に囲まれてひっそりとある。鳥居入るよりも、弁財天堂方面から池と中橋を見ながら仁王門が入る景観がいい。道路に削られた狭い敷地に弁天池は見方を変えると水面が伸びていい景色になる。

0602_DSC09375_1
(住所: 東京都目黒区下目黒3丁目20−31近辺)


   0323_DSC00764_1
以前もあげたことがあるこの階段、じっくりみると3つの階段で構成されている。広いが奥行も段鼻もバラバラは奥の住宅への共同階段。そこに取り付く玄関階段。さらに左にお庭かバックヤードに降りてくる階段がある。この3つの階段も含めてオモシロイ。

   0323_DSC00770_1
(住所:東京都品川区東五反田4丁目8−7近辺)

0316_DSC00425_1
多摩丘陵の一部、百草駅から上がったところ三沢台地(と勝手に呼ぶ)から北東方面をみる。やや幅広い階段から低層の住宅地が広がっている、その先に浅川、多摩川が見えないけどなんとなく感じられる。遠方は立川崖線といったところか。多摩丘陵から見る東京都心は広い。(住所:東京都日野市三沢3丁目17−6近辺)

      0314_DSC00679_1
城山公園という名前だけど城とは関係なく、多摩丘陵のいわゆる多摩ニュータウンエリア、地形は面白いが人工の町や道路。それでも城山公園ファインタワー階段からの景色は美しい。高低差約26mの直線階段、その先の庭園池と広場のオブジェ、その先に繋がる道路と町灯りが美しい。

0314_DSC00663_1
(住所:東京都稲城市向陽台4丁目5-1近辺)

↑このページのトップヘ