夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:階段

      DSC01348_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。烏山川の若林支流暗渠に降りる階段。擁壁の斜めもあり上りながら広がる階段、電柱位置も不思議で、進入禁止ポールと対になる。

      DSC01354_1

DSC01350_1

      DSC01352_1
(住所:東京都世田谷区若林3丁目3−8近辺)

DSC04757_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。数軒の家への行き止まり道路の曲がり階段。曲がった先が見えない。古い階段で路地から見る姿もいいが、曲がり角が膨らみ残余地がある。中間レベルのその残余地から面白いカットに。
      DSC04736_1

      DSC04773_1

      DSC04755_1

      DSC04740_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目22−7近辺)

      0910_DSC06147_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。日吉本町2丁目と6丁目の窪地に降りる曲がり階段。曲がって景色も動いてゆく。階段上駐車場から覗くと地形もみえてくる。

      0910_DSC06148_1

0910_DSC06149_1

0910_日吉本町_1
(住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町2丁目58−12近辺)

     0908_DSC06189_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。六本木のフランス坂階、もともと坂スロープに階段をつけたような細抜け道な階段。階段左右が面白い、段差ありで鉄骨階段でアプローチする側と、店舗共用部の階段が繋がりそうな側。明暗の灯りの違いもあり三層構造が面白い。

      0908_DSC06166_1

     0908_DSC06183_1

     0908_DSC06192_1

      0908_DSC06172_1

     0908_DSC06200_1

DSC06170_1

     0908_DSC06194_1
(住所:東京都港区六本木3丁目8−2近辺)

      DSC09040_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。途中に大きな曲がりやY字路がある長い白子蛇行階段。下り口と上がり口の直線部分。直線ながら両側の雰囲気や低地遠景など綺麗にみえる。上り風景もいい。両側の家並みや小階段の雰囲気が面白い。

   DSC08843_1

      DSC09036_1

      DSC08944_1

DSC09027_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−25近辺)

0902_DSC08856_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。長い白子蛇行階段の大曲り。高低差もある白子の崖線で、蛇行しながら民家にアプローチする階段。この2枚、4枚の合成写真で曲がりから高低の世界が見える。

     0902_DSC09057_1

0902_DSC09061_1

0902_白子階段_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−17近辺)

0831_DSC06111_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。新吉田の丘陵南側、ここからの景色が一番よかった。小さな窪みに向う階段、その先の丘陵とさらに遠景がみえる。住宅地に緑の斜面が混じるところで、窪地反対側の斜面から階段の上部全景がみえる。

0831_DSC06088_1

0831_DSC06106_1

0831_DSC06107_1

0831_DSC06113_1

      0831_DSC06109_1

0831_新吉田2_1
(住所:神奈川県横浜市港北区新吉田東1丁目11−28近辺)

  DSC08867_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。白子蛇行階段の途中にある立体Y字路階段。真ん中建物へのアプローチ階段の段々腰壁に色がついて衝立のようだ。左へ上がる階段も鋭角部に新たな階段がくっついたよう。左右に上下に分かれる風景もいい。

     DSC08870_1

     DSC08872_1

      DSC08957_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−10近辺)

     DSC08881_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。
白子蛇行階段の下方、坂をショートカットする階段がある。その階段を斜めにショートカットする排水溝。どちらが先か後かわからないが、珍しいタイプで凄い。

     DSC08884_1

DSC08880_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−8近辺)

0826_DSC06121_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。新吉田の丘陵から覗く、日吉本町・高田の丘陵と斜面都市。真ん中に早瀬川低地があり、なかなか広大な景色。右丘陵の先に武蔵小杉の高層ビル群の頭が見える。

0826_DSC06119_1

0826_DSC06123_1

0826_新吉田山_01
(住所:神奈川県横浜市港北区新吉田東1丁目54−8近辺)

      0814_DSC06038_1
下末吉台地丘陵地の綱島台にくびれたような地形で谷がある。中世山城のような竪堀のような谷。階段はどうも降りた右側のマンションの裏道のよう、ちゃんと灯もある。左からのマンションが出りだした先に低地が続き、日吉本町の丘陵も見える美しい風景。

      0814_DSC06021_1

      0814_DSC06036_1

      0814_綱島台の谷階段_1
(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台5-28近辺)

0811_DSC06006_1
下末吉台地の先端で独立する丘陵地、綱島台の綱島公園北側階段。低地向こうに日吉本町の丘陵が見える。低地の真ん中に9階建てのUR都市機構コンフォール南日吉の団地と他建物のスカイラインが横に広がる風景。

      0811_DSC06007_1

0811_DSC06004_1

   0811_綱島公園階段と公団_1
(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台1-30近辺)

     DSC05057_1
鶯谷ラブホテル街と鶯谷駅で囲まれる、不思議なところの元三島神社。本堂は建物の上に建つダイプ、階段上から囲まれた世界を感じられる。木々の隙間からラブホ灯りが漏れる不思議な場所。

DSC05050_1

DSC05063_1

      DSC05062_1

DSC05060_1

     DSC05058_1
(住所:東京都台東区根岸1丁目7-11近辺)

0724_DSC01055_1

0724_DSC01057_1
代田橋近く玉川上水緑道が環七と交差点にあるトンネル型連絡通路。大原橋が残る環七側から見るトタン屋根出入口が灯りで美しい。東側のトンネルには玉川上水を渡る小さな橋の下部アーチの一部が空間に出てきている。その他にもトンネルには配管が幾つも、空間を削り出没した感じが面白い発掘型トンネルだ。

      0724_DSC01042_1

      0724_DSC01037_1

      0724_DSC01038_1

0724_DSC01047_1

0724_DSC01032_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目11−9近辺)

DSC02489_1

      DSC02457_1
西新井駅からは少し離れた地下道(西新井トンネル)、東武の伊勢崎線と大師線のY字部分を潜り3つのエリアを繋ぐ、2つのスロープと3つの階段。一通の車路スロープとで南北エリアを繋ぎ、真中のエリアは階段だけで、南北エリアのスロープと反対側に階段がある。狭い中での解決案だがなかなか複雑に。

DSC02419_1

DSC02429_1

DSC02411_1

DSC02391_1

DSC02392_1
(住所:東京都足立区栗原3丁目16−1近辺)

0717_DSC05435_1
日本国内の親水公園の第1号、古川親水公園。古いだけじゃなく、その後も色々な試みがあって面白い。洗い場みたいなところ、水面に階段で下がり、細い山に上がり東屋がある、下は倉庫だった。

0717_DSC05436_1

0717_DSC05448_1

0717_DSC05491_1

0717_DSC05494_1
(住所:東京都江戸川区江戸川6丁目16-12近辺)

DSC05469_1
新川から分かれる古川親水公園、ちょうど同じ位置から分かれ、僅かに曲がりながら、二之江宮前通りに合流する水路跡道。水路跡Y字路あり、ジグザグ道と倉庫の金属、自前階段あり、面する住宅の角度もいい感じ。

DSC05463_1

DSC05475_1

   DSC05483_1
(住所:東京都江戸川区江戸川6丁目36−18近辺)

DSC04726_1
西品川1丁目の住宅街の片側が階段の立体Y字路。右側の道は2段階段があり、暗渠か水路跡道ぽい通り。両側も下がっている道で、真中残地に街灯と手摺があり鉢植え植栽が面白い。

DSC04782_1

DSC04724_1

DSC04723_1

      DSC04725_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目18−2近辺)

DSC03529_1
日ノ出町緑地、荒川土手の約900mに6つの擁壁の階段、8つの鉄骨の階段・スロープが乱立する。おそらくは新荒川堤防線の車道を作るときに擁壁階段を作り、不便だということで間に鉄骨の階段・スロープを足した感じだが、重なる風景はどこか面白い。

DSC03533_1

   DSC03538_001

      DSC03543_1
(住所:東京都足立区日ノ出町7−6近辺)

0616_DSC04199_1

0616_DSC04268_1
ホームから道はさんだ先に改札がある浅草橋駅。通路でつなぎ、その通路下から見える連続アーチもいい。反対側ホームには階段で下がり、電車レールを潜る構成もどこか面白い。

0616_DSC04260_1

0616_DSC04233_1

0616_DSC04236_1

0616_DSC04265_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目18-11近辺)

↑このページのトップヘ