夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:閘門

0920_DSC04730_1
用水池「小合溜」の調節用の堰「閘門橋」。水元公園の北側にあって、1909年のレンガアーチ橋。上流は新しい葛三橋が近くにあって見づらいが、真ん中の不思議な帆先、左右のアーチ水門、左右陸地の部分まで含めて、色んなカタチが存在する。100年以上たつ素材感、デザインもいい。

   0920_DSC04756_1

     0920_DSC04742_1

0920_DSC04776_1

0920_DSC04781_1
(住所:東京都葛飾区西水元6丁目23近辺)

     0919_DSC04784_1
水元公園の閘門橋、行ってみてビックリ、見たイメージと違う。これまで閘門は幾つかみたが、橋の真ん中に上下流方向に船の帆先のようなデザイン。これが凄い、さらにその帆先に謎のオブジェ。ほとんど写真に出ないのは、近接の橋が近すぎていいカットにならないからか。

   0919_DSC04739_1

      0919_DSC04764_1

   0919_DSC04766_1
(住所:東京都葛飾区西水元6丁目23近辺)

0415_DSC00551_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎閘門。閘門とは水量を調節して船舶を昇降させる2つの対の門。これほど機能と境界がカタチに現れるものもない。そしてランドマークになる。

0415_DSC00587_1

      0415_DSC00584_1

0415_DSC00583_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

DSC00548_1
脇にある土手のサクラも美しかったこの日。

1020_DSC02118_1
荒川と旧中川を結ぶ閘門(こうもん)の荒川ロックゲート。両側が階段型護岸は観客席になっていて、いい感じの公園にもなっている。しかし夜は入れず眺めるだけだった。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目2近辺)

0529_DSC02089_1
昭和5年に作られた荒川と中川の両放水路開削により水位調整を図るための閘門。水上交通の衰退廃止で小松川公園内に保存。その建っているところが階段であがった上の芝生の中という、不思議な場所で象徴性が増す。芝生との対比が美しい。

0529_DSC02091_1

0529_DSC02093_1

0529_DSC02082_1
(住所:東京都江戸川区小松川1丁目1近辺)

※閘門(こうもん):水位の異なる河川や運河、水路の間で船を上下させるための装置である。

↑このページのトップヘ