夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:長屋

0915_DSC06228_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。連続長屋のウラガオと思っていたら、一軒長屋のヨコガオだった。集落のような要素の形態、多種多様な色トタンで凄い。

   0915_DSC06241_1

0915_DSC06246_1

  0915_DSC06225_1
(住所:東京都港区東麻布2丁目近辺)

DSC03603_1
堀切菖蒲園駅近く、川の手通りに面する商店長屋群。表は連なる感じ、裏側は西井堀暗渠も絡み、橋の入り口、脇道とバラック感あふれ、路地としてもいい。途中で裏通りは行き止まりになる。

DSC03682_1

DSC03663_1

DSC03660_1

      DSC03657_1

      DSC03656_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目4−1近辺)

0610_DSC01799_1
神保町の看板建築から長屋までと良い感じ続く脇路地。いい感じにお店になって、どこからがどの店かわからない感じで、うまく繋がっている。

   0610_DSC01803_1

   0610_DSC01797_1
(住所:東京都千代田区神田神保町1丁目18−7近辺)

DSC01414_1
三茶三角地帯の商店街の長屋、周辺ながら駐車場からみえる建物ウラガワはなかなかスゴイパワー。密集建物がなくなり雨が吹き込むようだ。表にはない面白い表情がある(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目近辺)

  1216_DSC05740_1
文花にのこる長屋、角のトタニズムが小さい。小さいのだけど角でしっかりと建っていた。立ち姿がどこかいい。

1216_DSC05732_1

      1216_DSC05733_1
(住所:東京都墨田区文花3丁目近辺)

1214_DSC05692_1
前後を緩い屋根で増築した感じの小さな家。小さな公園越しに長屋だったようなダンメンが見える。シンメトリなのが不思議な感じ。

1214_DSC05695_1

1214_DSC05691_1

1214_DSC05697_1
(住所:東京都墨田区京島3丁目近辺)

  DSC05331_1
再開発が多く、周囲も駐車場や空地が多い中央区湊。空地からみる長屋建物の入隅風景。増築の色んな要素がグッと詰まったような造形群。

      DSC05333_1
(住所:東京都中央区湊1丁目11近辺)

      DSC05643_1
四ツ目通りとのY字路に建つ看板長屋、右の暗渠ぽい道の先にスカイツリー。建物角に重なる3つの看板構成がいい。残地の自販機は色でスカイツリーに対抗。

DSC05639_1

DSC05637_1
(住所:東京都墨田区押上3丁目3−5近辺)

DSC05710_1
スタイリッシュな建物という表現に惹かれて夜に。角から見る上に伸びる鋭角三角ボリュームが美しい。道沿いを見てゆくと流れる道に沿って立つ、4連長屋みたいで、一つは駐車場みたいな空きに。長屋姿としてもいい。

DSC05709_1

DSC05660_1

DSC05711_1

DSC05707_1
(住所:東京都墨田区京島3丁目近辺)

DSC05721_01
京島の曳舟たから通りは文化の香りがする通り。長屋看板建築が両側に向かいあって残っている。どちらもカド、コーナーのデザインもいい。両側あるところ珍しく、通り町並みをつくっている。

DSC05726_1

DSC05724_1

DSC05723_1
(住所:東京都墨田区京島2丁目20−10近辺)

DSC05657_1
京島の古民家、横のトタンにアートが。まだまだ平家古民家がのこる京島。鮮やかな色のアートで町並みや通りが変わる。調べたら「Spiid」というアートギャラリーだった。(住所:東京都墨田区京島3丁目30−6近辺)

1004_DSC04647_1
亀有駅の北口から少し行ったところ、駅からだと横丁みたいな長屋店舗群。途中で道が狭くなり少し変わるが、東西方向どちらかでもいい雰囲気の看板風景。表側の長屋店舗も同じような建物。このエリア面白い。

1004_DSC04638_1

1004_DSC04655_1

1004_DSC04657_1

1004_DSC04642_1
(住所:東京都葛飾区亀有5丁目28−2近辺)

0925_DSC04023_1
中央本町、都営団地前の2連の商店長屋。かなり古い感じでやっているかどうかわからないが。少し漏れる灯りと夜の暗さでいい雰囲気。

0925_DSC04022_1

0925_DSC04021_1
(住所:東京都足立区中央本町4丁目14−15近辺)

  0825_DSC02493_1
千住間道から入った脇路地。隣はバーミヤンの建物だけど、間に長細い緑地体が残る。大通りから長屋路地へ灯りの雰囲気もかわる。(住所:東京都荒川区南千住1丁目44−3近辺)

0211_DSC08481_1
長屋の端がなくなり、見事なダンメン。駐車場越しに見える。しかもブルーのトタニズム。ダンメンの形態も長屋の内部を表す。(住所:東京都墨田区向島1丁目近辺)

DSC07682_1
中目黒にもあった長屋、ウラガオが素敵だ。増築、増殖的形態がどこか違いながら同じ法則で作られたようなトタニズム集落だ。なかなか楽しい形態、表より裏側のほうが断然いい。

DSC07684_1

DSC07685_1
(住所:東京都目黒区中目黒3丁目近辺)

DSC07792_1

DSC07791_1
三崎坂上の通りに面する「初音六地蔵」。イルミ時期だが光方、灯り具合が負けてないくらい美しい。通り少し横に面する建物も綺麗にライトアップ。下がりかける三崎坂までのところ。

DSC07795_1

DSC07805_1

(住所:東京都台東区谷中5丁目2−5近辺)

1225_DSC07127_1
築地6丁目、通りをとおして板張りの民家が続く。ある時代の要素がそのまま残る通りとしてはここが一番かもしれない。木製のそれぞれの風化、色合いが違いながら調和する姿がいい。

  1225_DSC07119_1

1225_DSC07133_1
(住所:東京都中央区築地6丁目7−7近辺)

   DSC07080_1
日本の街にはヨーロッパの街のような都市広場があまりない。と思っていたらこういった空間もある。古い長屋が立ち並ぶ一部が駐車場の空き地になり、取り囲む建物とセットで都市広場、広場街並みになっている。

     DSC07088_1

DSC07108_1

DSC07085_1

1215_DSC07076_1
反対側は、頭が綺麗に並ぶ看板建築の街角。(住所:東京都中央区築地6丁目3近辺)

   1213_DSC07138_1
場外エリアからはずれるが、築地6丁目にもいろいろ凄いのが残っている。この銅板葺きの外壁が有名な看板建築だが、続く長屋建物も含めて「いい壁」として街に存在している。

   1213_DSC07139_01
(住所:東京都中央区築地6丁目12−8近辺)

↑このページのトップヘ