夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:道玄坂

      1113_DSC06403_1
渋谷駅周辺の谷間を高層ビルで埋める渋谷再開発。変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい。渋谷駅ビルの渋谷スクランブルスクエアは色んなカタチで見える隠れして、虚像の姿で街も変わる。ビルガラスに反射する虚像の渋谷スクランブルスクエア。(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目17−11近辺)

      1113_DSC06551_1
反射して、虚と実の渋谷スクランブルスクエア。真ん中に浮かぶ階段は外壁と空が同化している。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目3−3近辺)

      1113_DSC06623_1
反射して、虚と実の渋谷スクランブルスクエア。坂道でくだる谷間の街区もいい。(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目15−14近辺)

      1113_DSC06514_1
明治通りからの立ち姿、ある意味ここからが正面のようだ。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目16−14近辺)

   DSC01105_1
人込みを避けての夜散歩。百軒店前のストリップ劇場「道頓堀劇場」がある通り。いつもは人がいてあまりカメラを向けられない。ちょうど自粛週間で人がいない時、灯りも消えて、かえって渋谷のビル街影が美しい通りに。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目28−7近辺)

      0721_DSC02415_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、名曲喫茶ライオンのダクト。地下へか、地下を経由して厨房へか、吸気ダクトか。曲がりながら形を変えて、しっかりと吸気口を向ける姿がカワイイ。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13近辺)

      1008_DSC00752_1
道玄坂、風俗街にあるこの階段、オモシロイ階段と階段風景。階段の左右の段々状がとても面白い。3層にわかれバラバラな感じが街の猥雑さととてもあっている。

     1008_DSC00738_1

   1008_DSC00742_1
(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目27-2近辺)

0501_DSC00725_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、名曲喫茶ライオン前の路地。建物のエレメントもいいが、百軒点商店街の路地もいい感じに濡れて、渋谷の街灯りを拾っている。

   DSC00727_1
(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13近辺)

1110_DSC04679_1
右に行く道は道玄坂小路、台湾料理麗郷の左側から坂道が始まり、街の雰囲気も変わる。この道も興味深いY字路だ。真ん中の麗郷のこちらを眺めているような立ち姿もいい。。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目25−18)

      0925_DSC04748_1
渋谷道玄坂は内側に入ると地形的にも段差があり、細道もある。その細道から道頓堀劇場、斜め前の交差点をみる。静かなビルの隙間が美しく光り、そこから盛り場の雑踏が美しくみえる 。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目17−6近辺)

      0804_DSC07800
渋谷の道玄坂を入ったところ、マークシティの裏側の道。ココはおそらく道玄坂の昔の勾配を残すところ。今の道玄坂は崖地をけずって段々と緩い勾配になっている。それにしても写真のゆがみがあるが、ヒカリエのプロポーションが分かる人ならばどの辺が谷底位置か、どれだけ下がっているかわかる坂である。(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目14−1近辺)

0127_DSC08534_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街にある、コーナーデザイ ンの建物。写真後ろに千代田稲荷神社が位置するところ。どうも色の取り合わせが悪い、ブルーをやめたほうがカタチが生きる。コーナーデザインの建物は貴重だ、よく見ると面白いデザイ ンももったいない。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁 目19近辺)

   0725_DSC09419_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、このエリアだけ渋谷に見えない。時間がとまったようだ。名曲喫茶ライオンは、3階部分は増築でショボイ。奥のB.Y.Gもいい感じ、次は入ってみたいお店だ。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19−13)

  0724_DSC09442_1
渋谷の道玄坂近くに、人があまり通らない路地がある、一本さきは百軒店商店街で賑やかだが。段差5mの崖上の道になっている。写真では、崖下に建物が建ち見えないが、手摺の存在でわかる。左建物向こうが道玄坂。

 

      0724_DSC09442_2
隙間を覗くとこういった世界になる。左の建物は、3階からの階段が避難路になっている不思議な通り、風景も不思議。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目16-1近辺)

0214_DSC00523_1
円山町で見つけた中華料理「月世界」。いや~おどろいた、バックヤードが外に出てファサードになっている、冷蔵庫もある。裏にガラスがあり、その中が客席となっている、内装もしっかりしているし、何よりもネットでしらべると、全国各地から取り寄せた珍しい野菜がずらり!『旬野菜の自然派本格中華』。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目26−5)

↑このページのトップヘ