夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:進入禁止ポール

      DSC01348_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。烏山川の若林支流暗渠に降りる階段。擁壁の斜めもあり上りながら広がる階段、電柱位置も不思議で、進入禁止ポールと対になる。

      DSC01354_1

DSC01350_1

      DSC01352_1
(住所:東京都世田谷区若林3丁目3−8近辺)

DSC03584_1
堀切4丁目綾瀬川から堀切菖蒲園駅方面にある水路跡道。自然な蛇行が残る通り。その先に進入禁止ポールがあり、お寺と学校の間の細道へ。ぬけた先にも魅力的なとトタン倉庫が。

DSC03585_1

DSC03589_1
(住所:東京都葛飾区堀切4丁目61−21近辺)

      DSC02985_1
学校脇道の行き止まり井草川暗渠。その入り口がいい、建物のモノ置場が面していて賑やかになる。行き止まり道ということもあり使い方も面白くなる。

      DSC02983_1

      DSC02986_1

      DSC02988_1
(住所:東京都杉並区上井草4丁目1−11近辺)

      DSC01114_1
神田川の釜寺支流、この辺りは段差擁壁もあり、奥まったいい路地、蓋暗渠道がある。妙にあう背の高い進入禁止ポールが似合う。環七で行き止りになるが、緑に囲まれた、いい雰囲気の蓋暗渠路地、

      DSC01108_1

      DSC01109_1

      DSC01124_1
(住所:東京都杉並区和泉4丁目42−3近辺)

      0403_DSC01179_1
中野区本町2丁目の住宅街にある階段。スロープ付きでやや曲がる階段でツギハギだらけ。痕跡がのこる階段で、中でも中間に進入禁止ポールが6本あるのが珍しい。

      0403_DSC01187_1

      0403_DSC01181_1

      0403_DSC01186_1
(住所:東京都中野区本町2丁目20-6近辺)

0319_DSC00913_1
柴又街道の変形五差路のY字路部分。白い建物の前に町内会の倉庫みたいな建物、その前に進入禁止ポール。三段階の高さの鋭角カド。(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目54−8近辺)

DSC08118_1
多摩川土手脇の不思議なΨ字路、その右側のY字路部分建物。土手脇で不思議な街区、細い建物が並ぶエリア。電柱に倉庫のような看板建物、手前の進入禁止ポールが曲がって捻じれ絡まっている。3道路の高低差も面白い。(住所:東京都大田区田園調布4丁目42-13近辺)

DSC08825_1
進入禁止のポールが、マンフォールを避けて立つ。まるでマンフォールをガードしているかのようだ。進入禁止のポールの高さが3つとも違うのも謎。

DSC08827_1
(住所:東京都目黒区祐天寺2丁目15−17近辺)

↑このページのトップヘ