夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:連雀町

1106_DSC05630_1
川越の蔵造り一番街商店街の駅からの手前に位置する川越名店街。色々な時代の商店街ある川越の昭和商店街通り。古いアーケードがところどころ撤去だが、残された部分、狭い歩道、店の看板サインなど、いい時代のモノが残っていて好きな通り。

1106_DSC05636_1

      1106_DSC05647_1

1106_DSC05638_1
(住所:埼玉県川越市連雀町9−2近辺)

0305_DSC06904_01
川越の商店街の面白さは、年代別の商店街としてのこっているところ。この立門前商栄会の商店街は昭和時代の自然な感じで残っている。大正ロマン通りと交差することもあり、少し大正ぽい建物が混在するところもいい感じだ。照明がなんと難しい緑色だが、通りのさきの蓮馨寺(れんけいじ)本堂のオレンジ色の照明がいい対比になっている。(住所:埼玉県川越市連雀町15−1 近辺)

0224_DSC06911_1
蔵造りの川越だが、周辺にも色々な時代の建物が残っている。この旧鶴川座は、明治後期の芝居小屋(築100年以上の木造建築)。内部には、芝居小屋の遺構で「木製車輪のまわり舞台、奈落から花道方向へ続くレンガ通路」などが残っているとある。一番上の様式調、真ん中横に伸びる金属部分、一階の凹みスペースの三層構成の建物。手前のオープンスペースの増築部分とのかかわりもオモシロイ。

0224_DSC06915_1
(住所:埼玉県川越市連雀町8-3近辺)

   jpgDSC04166_0
川越蔵造り町の番外編。鯉のぼりが通りに飾ってあった、川越の大正浪漫夢通り。夕暮れの雲を鯉が昇ってゆくようだ、美しい。この「大正浪漫夢通り」は公式HPにあるように、昭和平成と通の姿がフレーム、アーケード、それを撤去、今は大正時代を特徴に売り出している。変わりながら、がんばっている、商店街って本来そういものかもしれない。(住所:埼玉県川越市連雀町11−3近辺)

↑このページのトップヘ