夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:路地

      1214_DSC07036_1
中野駅南口の西側エリア、ビルの裏に古い路地がのこされている。その行き止まり通りからの風景。行き止まりで込み入る電線の先に赤い屋根の建物「桃園会館」。遠景には白い中野サンプラザが見える。遠景中景近景と世界がそれぞれ違う。(住所:東京都中野区中野3丁目34−18近辺)

      1205_DSC06224_1
質と買取「山﨑商店」の脇の路地。見事なブロック塀にこれまた見事な忍び返し。痛そうで好きではない忍び返し金物だけど、路地に連続、雨光りで美しい。
1205_DSC06217_1

1205_DSC06226_1

      1205_DSC06220_1
(住所:東京都墨田区八広2丁目3−2近辺)

      1125_DSC03378_1
銀座金春通りの昌栄ビルと松屋ビルの間から入る金春小路。工事が終わってもあまり変わらない配管のパワー。路地はバックヤード的でもあり、ひっきりなしに業者の荷物運び、それに裏から入る一般人が混じる、不思議なビル隙間の金春小路。

      1125_DSC03757_1

      1125_DSC03384_1

      1125_DSC03761_1

      1125_DSC03383_1

      1125_DSC03767_1
(住所:東京都中央区銀座8丁目7−6近辺)

      1113_DSC05778_1
坂道から分かれる裏道にある曲がる階段。裏道的生活感がある通り、この階段のところで緑でクビレて、少し曲がる。大きな木と植栽を潜り世界が変わる。

      1113_DSC05775_1

      1113_DSC05776_1
(住所:東京都渋谷区上原2丁目8−18近辺)

      1108_DSC03353_01
ここは知らなかった銀座6丁目4の配管路地。グーグルで確かめるとお店の看板が路地に増えた感じだが、それだけで印象が変わり、裏なのにちゃんとした路地に見えてくる。銀座パワーはさすがですね。(住所:東京都中央区銀座6丁目4−15近辺)

      1030_DSC05035_1
そこに見慣れないカタチがあった江戸川堀暗渠道。土地所有がわからないが、暗渠道に家がはみ出ている。残余地の三角に四角い家のズレはどこかここち良ささえ感じる? 反対側からは暗渠道がくびれて見える。

      1030_DSC05040_1
(住所:東京都荒川区町屋4丁目近辺)

DSC04686_1
沼袋駅前にある背が低い不思議な角建物。どうやら材木店だったような感じだ、文字が見えなくなった看板もある。脇の植栽路地もここだけ時代が違う感じ。

DSC04692_1
(住所:東京都中野区沼袋1丁目36−10近辺)

0915_DSC04662_1
沼袋駅前の沼袋親交会商店街、駅へと向かう道は高低差があり下がってゆく感じがいい。東側に一本入った路地にもいい感じの飲み屋路地がある。

0915_DSC04682_1

0915_DSC04684_1
(住所:東京都中野区沼袋1丁目45−4近辺)

      0911_DSC04099_1
旧東海道、夜行く時間帯は店は閉まっている両側のお店。シャッター締まった先の扉があいている。この先に段差のあるいい感じの階段路地がある。少し覗くと生活の音が聞こえる、いつもここまで。そしてやっとピンボケせず撮れたところ。

      0911_DSC04098_1

      0911_DSC04096_1
(住所:東京都品川区北品川1丁目近辺)

      0827_DSC04044_01
旧東海道の脇路地、割烹神戸家の路地。神戸家はもうやってないみたいだが、看板と石畳路地。その近辺の海側の脇道は段差地形も残っていて面白い。

      0827_DSC04057_1

      0827_DSC04060_1
(住所:東京都品川区北品川2丁目28−18近辺)

      0821_DSC03814_1
旧蛇崩川の削った谷間を見る階段。住宅地の通り抜け路地階段。2段階にわかれ、さらにスロープがあり、通路先の谷間の見え方も変わる。

      0821_DSC03815_1

      0821_DSC03770_1

      0821_DSC03818_1

      0821_DSC03819_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目35−7近辺)

      0817_DSC02150_1
池上線のガード下、五反田桜小路。蛇行道で見通せないガード下横丁。新しい黒い金属の外壁店舗ながら、界隈空間を生み出しそうな予感もする通り。

      0817_DSC02140_1

      0817_DSC02141_1
(住所:東京都品川区西五反田1丁目12-1近辺) 

      0816_DSC02278_1
東上野の下谷神社、東側に南北をぬける抜け道がある。裏側からみる路地の雰囲気が少し濡れた石といい、いい感じだ。

      0816_DSC02279_1
(住所:東京都台東区東上野3丁目29−8近辺) 

      0814_DSC03505_1
代々木3丁目の路地から見えるNTTタワー。色が目立つが、路地の軸線上にあり、電線と重なって面白い風景に。(住所:東京都渋谷区代々木3丁目5−3近辺)

      0806_DSC03024_1
駅から少し離れたところにある弥生町三丁目の川島商店街。いい感じの商店街通りだが通り遠方に都庁が見える。近くではそうでもないが、遠方からみえるこの色はちょっと異様だ。この通り、空き地から見える商店街のヨコガオも幾つかいい感じのものがあった。

     0806_DSC03026_1

0806_DSC03030_1
(住所:東京都中野区弥生町3丁目7―5近辺)

      0729_DSC02932_1
自由が丘駅のガードサイト、よりみち横丁の裏路地。看板もある、少し生活感が見える通りぬけできる路地裏。街の裏側のような通りが華やかな自由が丘駅の横にある。

      0729_DSC02928_1

      0729_DSC02927_1

      0729_DSC02930_1

      0729_DSC02933_1
(住所:東京都目黒区自由が丘1丁目31近辺)

      0724_DSC01948_01
豊島区上池袋の木造密集市地、谷端側支流の暗渠道でもあるこの路地はいい。一本道で曲がるところ。向こうは見えないが曲がると世界が変わる。

      0724_DSC01949_01

      0724_DSC01945_1

      0724_DSC01946_01
(住所:東京都豊島区上池袋1丁目11−1近辺)

      0724_DSC01951_1
豊島区上池袋の木造密集市地、谷端側支流の暗渠道でもあるこの路地はいい。幅半間の路地が曲がり一本道で続く。両側に住宅が面していて、夜中でも普通に人が通る。この細さですれ違うとさすがに挨拶をする。

0724_DSC01954_1

      0724_DSC01942_1

      0724_DSC01955_1
(住所:東京豊島区上池袋1丁目13−7近辺)

      DSC02310_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。建物間にある路地に直行する形の真ん中路地がある。お店のような入口、交差して、振り返ると建物と屋根テントと路地の関係が見える。
DSC02326_1

      DSC02301_1

      DSC02311_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15-4近辺)

      0710_DSC02321_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。この間の火事が気になったが隣も含めて綺麗に直されていた。しかも中路地は健在、店舗路地とサービススペースの融合で、街路地の雰囲気がいい。

      0710_DSC02316_1

      0710_DSC02322_1

      0710_DSC02295_1

      0710_DSC02287_1

  DSC02337_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15−3近辺)

↑このページのトップヘ