夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:路地

      DSC08706_1
雑司ヶ谷の高低差がある住宅間をぬける階段。庭に行くためで玄関などには繋がらない通りながら、隣家の玄関外部階段とバルコニーがあるため豊かな空間にみえる。

      DSC08710_1

      DSC08709_01
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−16近辺)

0220_DSC09811_1

0220_DSC09820_1
東日暮里の住宅と店舗が混じる七五三通りに面する脇路地。入口角に八百屋があり、奥には路地上にバルコニーがあって、公と私が入り混じった感じがいい。抜けた先の建物シャッターが空くと町空間が重層化する。電柱がある路地から見る七五三通りもいい。

0220_DSC09818_1

      0220_DSC09833_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目23−5近辺)

      0217_DSC09648_1
人形町にのこる酒屋、脇の路地におかれたビールケースが豊かな路地と変わる。20時前でお店が閉まる、街が閉じ始めた時間帯。

0217_DSC09649_1

      0217_DSC09651_1

     0217_DSC09645_01
(住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目7−11近辺)

      0205_DSC08208_1
高低差ある地形で暗渠道と平行で高い道路があり、そこを結ぶ路地。高い道路を彫り込む階段。路地から少し曲がっている、さらに斜め影が落ちて、路地越しにみるとより斜めの階段にみえる。

      0205_DSC08235_1
(住所:東京都板橋区赤塚1丁目31近辺)

     0204_DSC09746_1
神田駅周辺、緊急事態下の20時過ぎは、24時近くや休日の街とも違う明暗が入り混じり。建物が、路地が、いい表情になる。たこ焼き飲食店のタコ壁画とコーナー入口の古いビルが向い合い、間の路地の明暗に惹かれる。

      0204_DSC09741_1

      0204_DSC09747_1
(住所:東京都千代田区内神田3丁目18−7近辺)

      DSC05706_1
鋭角三角長屋の脇路地。両側に古い民家でタイムスリップしたような京島路地。ちょうど夕焼け空から暗くなる時間帯、光がつよい街路灯で壁面が綺麗だった。

      DSC05679_1

      DSC05707_01
(住所:東京都墨田区京島3丁目近辺)

1212_DSC05826_1
向山4丁目街区内にあるL字路地。赤い建物と曲がり道がいい。隣の家のポスト上オブジェ、風見鶏もいい。

1212_DSC05827_1
(住所:東京都練馬区向山4丁目近辺)

      1123_DSC05449_1
赤羽台の斜面地にある、細くなる路地前の階段。トタン建物は緑色から青色とサビ色でカラフル。階段と細くなる路地の関係がいい。

      1123_DSC05451_1

      1123_DSC05450_1

1123_DSC05448_1
(住所:東京都北区赤羽台3丁目近辺)

      1119_DSC05875_1
石神井川の向山ケ谷戸支流暗渠、脇に建つ斜塔ならず斜家。5,6年前の昼間にみて再訪。やはり変わらない傾き、こういっては不謹慎かもしれなが、どこか美しい。ピサの斜塔ならず暗渠脇の斜家。

      1119_DSC05873_1

      1119_DSC05879_1
(住所:東京都練馬区向山2丁目近辺)

      1116_DSC05272_1
変わりゆく月島。それでもんじゃストリート周辺にまだまだリアル路地と民家は残っている。少しずつ変わりながら電柱に植栽の細路地。

      1116_DSC05295_1

      1116_DSC05296_1

      1116_DSC05302_1
(住所:東京都中央区月島1、3近辺)

      DSC05702_1
京島の電柱とスカイツリー。京島の町並みでは変化する灯りのスカイツリーよりも電柱が勝っている。

      DSC05704_1
(住所:東京都墨田区京島3丁目27−3近辺)

      DSC04534_1
亀有駅南口からつづく亀有ゆうろーど(亀有銀座商店街)の脇路地。亀有食品市場の脇出口の横のこの路地に惹かれる。いい路地だ、その先のシャッターの締まったタイルのペットショップ建物も。

DSC04500_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目20−5近辺)

      1102_DSC04899_1
三茶三角地帯の一角にある三茶小路飲食店街。その脇、裏道はもっと細い路地があり抜けられる。看板、室外機、配管、街灯、色んな要素が詰まった路地。その先に開ける空やビル群もみえるいい通り。

      1102_DSC04886_1

      1102_DSC04910_1

      1102_DSC04901_1

      DSC04893_1

      DSC04886_1
年々店舗が綺麗になってゆく三茶小路飲食店街。手をいれお店もだんだん復活している感じだ。

   DSC04888_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−7近辺)



1008_DSC04033_1
中央本町4丁目の暗渠緑道、歩いていて楽しい。どこの支流かわからないが、色んな要素がつまっている。途中に曲がり角があり、わずかな段差にブロック階段。他にもパーゴラもあったりと、南側の出口は隣に給水塔まである姿は珍しい。

1008_DSC04034_1


1008_DSC04036_1

1008_DSC04042_1

1008_DSC04043_1

      1008_DSC04046_1
(住所:東京都足立区中央本町4丁目12-12近辺)

      1008_DSC04822_1
都市の要素にはオモテだけじゃなくて、ウラガワやスキマが必要だ。渋谷のんべい横丁、宮下パークへのアプローチ整備で、ウラガワは植栽で隠される。でもウラガワやスキマは光が変わり、変容してなお一層美しく。

      1008_DSC04823_1

1008_DSC04815_1

1008_DSC04818_1
(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

      DSC04301_1
最近のなかではピカイチ、枝川1丁目の路地たち。歴史的にも興味深いが所だが、路地にバルコニーが出ていたり、生活路地の多様な姿を見せる。新しい材料の路地風景ながり、多様な街灯りが混じり美しい。

      DSC04302_1

DSC04309_1

      DSC04315_1

      DSC04317_1
(住所:東京都江東区枝川1丁目近辺)

0919_DSC04305_1
江東区の枝川島の1丁目の一角に面白いエリアがある。トタン建物や路地に物干し場路地など、パワフルなエリア。向こうの駐車場の光るトタン、マンションの灯りと対比して美しい路地に。

0919_DSC04304_1

0919_DSC04303_1

0919_DSC04310_1
(住所:東京都江東区枝川1丁目近辺)

   DSC02341_1
荒川密集地の空地隙間。路地をぬけて裏庭感ばりばりの空地。空地になったことで路地もよくみえる。

DSC02358_1

      DSC02344_1
(住所:東京都荒川区荒川近辺)

      DSC02432_01
荒川1丁目の通りから入った街区なかの路地。この街区には古い路地と建物が残っている。路地に上のパーゴラのようなフレームに、路地に面して物干し場があったりと。路地に生活の一部があったころの街区。

DSC02428_1

DSC02424_1

      DSC02423_1
(住所:東京都荒川区荒川1丁目近辺)

      DSC02367_1
荒川2丁目のリアル路地、これ凄い。路地の飛び石がマンホールをよけで蛇行している。リアル路地、つくられた道ではなく、生活が街やデザインにでてくる感じだ。周辺の路地もいいのが多いエリア。

      DSC02361_1

      DSC02364_1
(住所:東京都荒川区荒川2丁目近辺)

↑このページのトップヘ