夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

タグ:路地

      0618_DSC04061_1
日曜日の夜でも元気な千住飲み横。さらに横丁がありこれが通り抜けできるが迷路みたな感じになっている。普通に女子まで通っている裏道な路地。そのあたりが千住の凄いところ。

      0618_DSC04045_1

      0618_DSC04049_1

      0618_DSC04052_1

      0618_DSC04043_1
(住所:東京都足立区千住2丁目62近辺)

      0612_DSC03377_1
3年前よりも照明、看板が光っていて、生き生きしていた北町楽天地。もともとの営業の店舗に、新しい立ち飲みも増えた感じだ。光って見えるのが路地入口近くのフレームに電線。何とも言えない間の抜けた感じがまたいい。(住所:東京都練馬区北町2丁目40-1近辺)

   0611_DSC03514_1
西荻窪駅から南に少しいったところにある、民家を改築した店舗「KURA松庵」。表側も美しいのだが、裏路地と建物の関係がとても美しい。細い路地に様々な民家エレメント、改築した壁の切り替わりも、看板デザインも素晴らしいセンス。表側よりもいいかも。

   0611_DSC03515_1
(住所:東京都杉並区松庵3丁目38近辺)

   0608_DSC02982_1
駅周辺の商店街に面する仲見世飲食店街、狭い入口に狭い路地。飲食店の入口が面して、色々なモノが置いてあってさらに狭い。それでもなんだか違和感を感じないのが凄いが。その先に道のズレた交差点が広く感じられる。

      0608_DSC03078_01

   0608_DSC03005_1

      0608_DSC02964_1
(住所:東京都町田市原町田4丁目3−7近辺)

     0607_DSC03015_01
町田駅周辺の商店街にある仲見世飲食店街。町田仲見世商店街の裏道的な平行通り。そこの通りズレで生まれる少し広い所の配管路地がカッコいい。思いっきり邪魔するダクト、路地店舗のカッコイイ存在に。

   0607_DSC02960_1

   0607_DSC03008_1
(住所:東京都町田市原町田4丁目5−19近辺)

      0505_DSC00814_1
石畳、石垣と東京のイメージを変える細い階段路地、歩いていて楽しい。石の擁壁、石の階段、それにブロック塀。絶妙なテクスチャーでまとめられた空間がいい。東京では珍しい路地が高輪にある。

      0505_DSC00843_1

      0505_DSC00830_1

      0505_DSC00801_1
(住所:東京都港区高輪1丁目26−22近辺)

      0504_DSC00134_1
久しぶりに見た府中駅周辺は、大型店舗で埋め尽くされて、うまく共存していた古い建物や通りは一変していた。一つだけ柳通りがギリギリ残っていた。ほんとギリギリで途中から斜めに道路歩道になっているという感じだった。古い建物を利用した駄駄羅亭みたいな建物もあるが、この通りの看板や路地構造は残っていた。

      0504_DSC00137_1

0504_DSC00140_1
(住所:東京都府中市宮町1丁目11−8近辺)

      0425_DSC01156_1
中野駅北口ロータリーに面する路地。オープンスペースから一変して世界がかわる狭い路地の世界。ところがここ、路地とその先の横通り、さらに上部にはビル屋上お看板と3つの世界が同居している。狭い路地世界ながら広がっている。(住所:東京都中野区中野5丁目63−2近辺)

      0415_DSC06696_1
恵比寿3丁目にある暗渠の谷に向って、わずかに下がってゆく路地。微妙な傾斜だが、反対側が良く見える。そして左に上がってゆく個人邸の階段、建物の立ち姿に植栽路地が美しい町並みをつくる路地だ。(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目25−6近辺)

      0409_DSC06685_1
恵比寿3丁目にある、階段のある路地風景。7段の階段で生まれる段差風景は、これほど効果あるのかという感じ。色々な要素が詰まっている世界でもあるところ。

      0409_DSC06693_1

      0409_DSC06689_1
(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目24−4近辺)

      0321_DSC08647_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区に2本の裏路地が隠されていて、さらにそこをつなぐ脇道がある。2階は斜めで張り出して、まるでトンネル空間に近くなる。ここの空間体験はぜひ勧めたい。

      0321_DSC08648_01


      0321_DSC08638_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0321_DSC08636_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の内側に、2本の裏路が通り幾つかのアプローチ路地がある。その1つの通りは路地裏という店の所で蛇行する。

      0321_DSC08643_1

      0321_DSC08635_1

      0321_DSC08634_1
もう一つはほぼ直線だが建物がでていて、蛇行道に見える。

      0321_DSC08652_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

       0321_DSC08655_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の中に路地があり、その中に入る入口がエグイ。知らないと入れないところもあるし、いい感じに入れるところもある。

      0321_DSC08658_1

      0321_DSC08653_1

0321_
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0320_DSC00871_1
23区のいい路地はある程度見たと思っていた、港区高輪のこの一角にこんなすごい建物と路地があるとは思わなかった。大谷石の擁壁に板張りの跳ね出しそれを支える斜めの方杖、建物も路地も見事だった。まだまだ都心も探りがいがあるね。

      0320_DSC00875_1
(住所:東京都港区高輪1丁目19−1近辺)

      0313_DSC04787_1
大宮駅東口の少し南方面にいったところに、いい感じの路地が交差してある。一方の方は看板が真ん中まで出ているところみると、中華街、コリアン街のエリアようだ。もう一方は細い路地にお店が並びいい感じの雰囲気だ。

      0313_DSC04793_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区仲町1丁目62近辺)

   0310_DSC07580_01
大山駅近く、アーケードから入る、大山すずらん通り商店街。入口は2つで1つなり、通路がだんだん狭まる、パースペクティブな商店街。広い方からだと奥の建物がくっついるように見える。とてもぬけられる通りがあるように見えない。

0310_DSC07569_1

     0310_DSC07560_1

      0310_DSC07578_1

      0310_DSC07575_1

   0304_DSC08648_1
(住所:東京都板橋区大山町32−1近辺)

0226_DSC09283_1
再開発で駅前が面白くなくなった武蔵小山駅。少し路地を入った先に、昔何処かで見た風景が。今ではあまり見かけなくなった医院の赤い照明、少し怖いのを覚えている。その左の細い路地、伸びた先に赤い店舗の照明が。(住所:東京都目黒区目黒本町3丁目5−11近辺)

      0126_DSC04867_1
昨年末に火事でニュースになった、大宮駅の北側、ソープランドなどの店舗型風俗店が集まる店舗型風俗店、大宮北銀座。通称「キタギン」という。火事になる前の写真だが、建っている建物がなかなかだ、城があったり、連続ヴォールト形態があったり造形も凄い。ネオンや看板、そして建物路地風景もいい感じだ。

0126_DSC04873_1

0126_DSC04866_1

      0126_DSC04870_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目25エリア)

0105_DSC01076_1
溝口駅近くにある溝の口駅西口商店街。焼失で短くなってかなりたつが、残ったところだけでも雰囲気を保っている。Y字路のカタチになっていて一つが暗渠道になっている。Y字路と屋根の重なりに暗渠、それに立ち飲みや焼き鳥屋。さらに新しい店もポツポツできている。

0105_DSC01109_1

0105_DSC01082_1

0105_DSC01100_1

0105_DSC01120_1
(住所:神奈川県川崎市高津区溝口2丁目4−5近辺)

      DSC03519_1
鎌倉の坂の下、御霊神社への裏参道的な路地。敷石と排水溝の2重ラインが美しい。なかなか並ぶことは少ない、とても美しい。

      DSC03518
(住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下3-25近辺)

↑このページのトップヘ