夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:足立区

   1110_DSC05142_1
千住桜木の道路両側にある土手段差店舗群と階段。土手の段差に面する店並び、隙間にある階段は、建物壁表情との対比が美しい。建物と階段から土手の段差がだんだんとみえてくるエリア。

   1110_DSC05128_1

1110_DSC05136_1

1110_DSC05148_1

      1110_DSC05151_1

      1110_DSC05153_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-7近辺)

1106_DSC05132_1
千住桜木にもある段差土手にある看板建築。空き地からみるその断面形状が面白い。屋根のツギハギ具合がもしかすると何段階かの増築かも、と想像も楽しい。興味深いエリアの長屋集落。

   1106_DSC05093_1

1106_DSC05116_1

1106_DSC05106_1

      1106_DSC05134_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-3近辺)

1105_DSC05130_1
千住桜木にもある段差土手長屋。しかも看板建築でお店のデザイン。その並び建つ立ち姿がいい。街灯り、車の灯りを拾ってファサードも美しく変わる。

1105_DSC05104_1

1105_DSC05102_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-3近辺)

      DSC05228_1
珈琲モカが建つ墨堤通りの土手段差の長屋は1.5~2mほどの高低差がある。建物との隙間には階段があり、ここがなかなかいい。隣の飛び出し収納が低く、背を屈めないと通れないが、不思議なスケール、プロポーションになる。

      DSC05179_1

DSC05172_1
(住所:東京都足立区千住元町38−1近辺)

   1031_DSC05212_1
墨堤通りの土手長屋の並びに立つ珈琲モカ。リアル民家カフェといった立ち姿、並びの長屋から光が伸びる。立地と立ち姿がいい。

1031_DSC05232_1

  1031_DSC05210_1

1031_DSC05166_1
(住所:東京都足立区千住元町38−1近辺)

1025_DSC05263_1
北千住駅前通りの西側端のほうにある、階段とY字路の細建物。Y字路階段が絡み、少し段差がある。細いカド建物もなかなか魅力的な薄さ。角上にある柄は何かと思ったらポスターか何かが破れた残りだった。

  1025_DSC05272_1

1025_DSC05285_1

1025_DSC05268_1
(住所:東京都足立区千住龍田町6−3近辺)

1008_DSC05317_1
北千住のビル街でのY字路がこんなに面白くなるとは思わなかった。Y字路建物のカド面は影で黒に、左側の折れ壁が実際に色だが、右側面が街灯りの赤を拾っている。横尾さんのY字路絵画の建物の色が変化するタイプがそのまま存在していた。(住所:東京都足立区千住中居町33−4 近辺)

  1004_DSC05192_1
墨堤通りの土手段差の長屋、バス通りでもある墨堤通りから2m前後の段差がある。通りから見ると2層、裏道から見ると3層になっていて、裏側はとくに集落みたいな感じだ。

1004_DSC05162_1

  1004_DSC05205_1
(住所:東京都足立区千住元町近辺)

1003‗DSC05316_1
大正通り商店街にあるトタン看板建築。近くに千住大門商店街もあり、日曜日でも元気な千住柳町。角地にたつトタン建築の流れが美しい。錆びたトタンがいい感じの模様で、通りに流れを生んでいる。(住所:東京都足立区千住柳町1−9近辺)

     0722_DSC02771‗1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。一般道の鹿浜橋へと降りてくるガードの下。一般道ということもあって人がすぐ近く、真下に入れる。こちらにグッとむかってくる感じがいい。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

     0718_DSC02767_1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。その下をスロープ歩道橋が通る。スロープなので踊り場水平面があるが、長さのためかい直線に見える。背の高い立体交差に負けない一直線の歩道橋が伸びる。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

      0716_DSC02804_01
荒川を渡る鹿浜橋から見る水上の船着き場。土手は真っ暗なところに、幾つかある。背後に川口の高層マンションの光が伸びる。暗い水面に光、少し光る船着き場の小屋、なかなか美しい水面風景。

   0716_DSC02803_1
(住所:東京都足立区鹿浜2丁目7−15近辺)

0516_DSC00854_1
足立区柳原1、2丁目街区にある柳原千草通り。道幅が昔のままで細い通り、飲食店だけじゃなく生活用品も多い商店街。緑の照明に飾り照明で華やかだが、町に根差した生活商店街な柳原千草通り。

0516_DSC00844_1

      0516_DSC00836_1

      0516_DSC00855_1
(住所:東京都足立区柳原2丁目24−1近辺)

0507_DDSC00787_0001
北千住の飲み横、通り東側の防火建築帯ビル。4枚変形合成で約半分くらい。1点透視だとこれくらいが限界。各ビルが少し下がったところで繋がり、1階が通り抜け通路になっている。

0507_DSC00810_1
(住所:東京都足立区千住1丁目39-12近辺)

0506_DSC01441_01
いいビルの世界にも掲載した隅田川水路脇の東京交通自動車。川から見る姿もいい。ウラガワの建物、駐車スペースも構成が良くわかる。道路沿いのコンクリは少し浮いたデザインでピロティを車が潜る。

0506_DSC01450_1

0506_DSC01445_1
(住所:東京都足立区千住曙町38−6近辺)

0506_DSC00859_1
東武伊勢崎線の牛田駅、駅ホームの低いガード下。この辺りは低地平坦なのだけれども、川の土手、鉄道土手が境界をつくる。背の低いガードを潜ると世界は広がる。(住所:東京都足立区柳原1丁目35−7近辺)

0504_DSC01436_01
隅田川、荒川の隅田水門への分岐するY字路にたつ伊澤造船。そのバラッキーな感じが凄い。背後の高層ビルに中層ビル群との対比がこれまた凄い。川、Y字路と様々な境界には面白いモノが存在する。

   0504_DSC01439_01

0504_DSC01438_1
(住所:東京都足立区千住曙町38−1近辺)

0504_DSC00867_1
京成関屋駅近く京成線の土手下にある十一面観世音堂。地元に愛された祠のようだ。平坦地の足立区柳原に川や鉄道の土手で風景が切られる、その下にある風景がこのあたりの風景。(住所:東京都足立区柳原1丁目34−15近辺)

0501_DSC00879_1
川の手通りの高架からの風景。東武伊勢崎線の堀切駅のホーム、その先見える2段の首都高速6号向島線。鉄道と高速と川の動きが流れている。(住所:東京都足立区柳原1丁目36−8近辺)

      0430_DSC00831_1
上下反対の帽子型・UFO型街灯の柳原商店街。柳原千草通りにもつながる通り。街灯についている看板もオモシロイ。パーマデュポン美容室の看板もカワイイ。

0430_DSC00833_1

      0430_DSC00840_1
(住所:東京都足立区柳原2丁目10−4近辺)

↑このページのトップヘ