夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:足立区

1008_DSC08268_1
西新井大師と大師前駅をつなぐ通りは門前町になっている。赤い照明の通り、古いトタンの建物、少し曲がった通り。会社からの帰り道に使う人もいるいい雰囲気の門前町。

1008_DSC08266_1

1008_DSC08265_1

1008_DSC08264_1
(住所:東京都足立区西新井1丁目5−4 近辺)

1008_DSC08127_1
王子北インターから江北ジャンクションまでは、2段の首都高速道路になっている中央環状線。隅田川沿いを走り、二段になった中間部の色合いが美しい。(住所:東京都足立区宮城2丁目4-16近辺)

1007_DSC08202_1
足立区江北にある吉野石膏東京工場。道路を跨いでブリッチと輸送路がある。私道なのか公道なのかわからないけど、わりと自然に調和しているところが興味深い。途中に螺旋階段と階段があって輸送路左右にいけるようになっている。

   1007_DSC08200_1

1007_DSC08193_1

1007_DSC08206_1
(住所:東京都足立区江北1丁目3−13近辺)

1006_DSC08109_1
夕焼けの豊島橋、ワンスパンのアーチ橋で間を細い材で吊っている。調べたら上流側と下流側のアーチの大きさが違う異形アーチだと。気がつかなかったが、よく見ると不思議な歪みの形態。(住所:東京都足立区宮城2丁目5-1近辺)

1005_DSC08238_1
工事中だった西新井大師の山門、その前の一直線に伸びる参道。フレームに提灯のゲートが境界をつくる。草だんごの中田屋、建物が古くていい建物だった。軒と外壁の隅に名前看板が珍しい。

1005_DSC08242_1

1005_DSC08250_1

1005_DSC08251_1
(住所:東京都足立区西新井1丁目5−12近辺)

1003_DSC08225_1
西新井大師の門前町にある茜堂とかどや、共通するブルーのペンキ姿でセットになっている。その間の路地がなかなかいい。進むと路地が曲り、どぜう大門の裏側増築部分が綺麗に光っていてアイストップになる。

1003_DSC08226_1

1003_DSC08223_1
(住所:東京都足立区西新井1丁目7−12近辺)

1002_DSC08214_1
神領堀東堀の支流「宮城堀」の暗渠、小さな民家の姿だけでも興味深いが、暗渠道の両サイド、植栽(だけじゃなくいろいろ)と自転車の置き具合もこの暗渠を生き生きとさせて、いい通りになっている。

1002_DSC08211_1

1002_DSC08212_1

1002_DSC08213_1
(住所:東京都足立区江北1丁目29−18近辺)

0920_DSC08175_1
風が強く、ピンボケ防止とたたかっていた江北ジャンクション。三脚もって撮っていた人もいた。形は堀切ジャンクションと近いが、ガードとの距離が近く、力強い。丁度真ん中から一筋の不思議な光が斜めにおちていた。ガード下の街灯りの映り込みも美しい。

0920_DSC08180_1

   0920_DSC08170_1

   0920_DSC08153_1

0920_DSC08147_1

0920_DSC08186_1

   0920_DSC08165_1
(住所:東京都足立区江北2丁目 4-10近辺)

   0919_DSC08255_1
工事中だった、西新井大師 總持寺の三門。仮囲いを覗いたら、その立ち姿が美しかった。オモシロイことに普段の時よりも、なぜかこの工事中の江戸時代後期の建立の三門、その孤高の立ち姿に惹かれる。(住所:東京都足立区西新井1丁目9−11近辺)

0906_DSC08120_1
隅田川に架かる豊島橋から見る北区豊島方面の夕焼け街並み。昨日見た層状雲の夕焼け雲が美しい。一本のクレーンが少し傾いていて孤高に建っていた。

0906_DSC08115_1
(住所:東京都足立区宮城2丁目5-1近辺)

DSC04258_1
池や水路の上だけじゃなく、湿地直物スペースの上もブリッチが通る柳原千草園。昼間見るとそうでもないかもしれないが、夜見るブリッチは緑色手摺が緑と同化していることもあるが、美しい通路にみえる。なんとなく涼しそうだ。

   DSC04261_1
(住所:東京都足立区柳原1丁目21−26)

0730_DSC04193_1
住宅街と古い商店街が混在する足立区の柳原。住宅街内にあるY字路の右側が柳原千草通りに繋がるところがある。真ん中の住宅は新しい建物だが、街の構造があちらこちらに残る。(住所:東京都足立区柳原2丁目22−5近辺)

      0714_DSC04093_1
北千住の飲み横にいい感じの裏道がある。飲食店舗と住宅の混在する通り、路地のところにより灯りが違う。さらに先にすすむといい感じに曲がってゆく。この裏道、とてもいい。人気カフェもおしゃれなお店も多いみたいだ。

      0714_DSC04086_1

      0714_DSC04107_1

   0714_DSC04109_1
(住所:東京都足立区千住1丁目33−4 近辺)

      0705_DSC04064_1
宿場町通りと線路の間にある飲み横、元気な通りだ。その脇道たちもいい風情だ。飲み横の光から少し暗くなっていたり、看板が光っていても一ランクくらい感じが脇道の良さかも。

      0705_DSC04078_1

      0705_DSC04102_1
(住所: 東京都足立区千住2丁目62、65近辺)

  0627_DSC04210_1
足立区柳原1、2丁目街区は、荒川の跡地みたいで、崩れた半円形道で囲まれたエリアがある。柳原千草通りはその間途中を貫いた商店街で、成り立ちも面白そう。しかも道幅が昔のままで細い通りがながく、飲食店だけじゃなく生活用品も多い商店街だったようだ。シャッターで閉まったところもありそうだが、緑の照明に飾り照明と夜でも賑やかな空間となっている。
   0627_DSC04196_1

     0627_DSC04229_1

      0627_DSC04240_1

   0627_DSC04215_1


  0627_DSC04233_1

      0627_DSC04241_1
(住所:東京都足立区柳原2丁目22-2近辺)

0626_DSC04122_1
北千住の飲み横、通りの東側ビルは防火建築帯ビルになっている。途中1軒分ぬけているところもあるが約170m防火建築帯となっている。2つに分かれた駅側の方はデザインや色も同じところもある。街並みとして連続する線はカッコいい。各ビルの間は、1階だけ通り抜け通路になっている。

      0626_DSC04084_1

0626_DSC04121_1
(住所:東京都足立区千住1丁目39-9 近辺)

0621_DSC04136_1

北千住駅の南側にいったところ、東武伊勢崎線の低い「せぬしガード」。北千住駅の南側にいったところ、東武伊勢崎線の低いガード。確かに低く頭をさげて通る感じだ。低く光が綺麗に通らないため、エリア別で光っている。両入口も少し離れたところからスポットライトなので、劇的な雰囲気となっている。

0621_DSC04151_1

0621_DSC04167_1

0621_DSC04145_1

0621_DSC04172_1
(住所:東京都足立区千住東1丁目24-7近辺)

0619_DSC04125_1
踏切や架道橋から見る駅舎風景はいい。ここ北千住駅、南側の踏切、ガード下はやや広いめの空間に常磐線、日比谷線、東武線に新しいつくばエクスプレスと色んな路線が混在する。その先の駅灯りが美しい。(住所:東京都足立区千住東1丁目22−10近辺)

      0618_DSC04061_1
日曜日の夜でも元気な千住飲み横。さらに横丁がありこれが通り抜けできるが迷路みたな感じになっている。普通に女子まで通っている裏道な路地。そのあたりが千住の凄いところ。

      0618_DSC04045_1

      0618_DSC04049_1

      0618_DSC04052_1

      0618_DSC04043_1
(住所:東京都足立区千住2丁目62近辺)

      0819_DSC01352_01
北千住駅近くにあるのみ横。飲食店が長く立ち並ぶ通りにさらに横丁がある。看板門がありその先は行き止まり。いい感じの飲屋が続く。

      0819_DSC01350_01

      0819_DSC01357_01
(住所:東京都足立区千住2丁目62近辺)

↑このページのトップヘ