夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:赤羽

  1028_DSC00196_1
店が閉まっている日曜日だったのに、この賑やかさは赤羽1丁目のなせるところ、赤羽中央街。ここは小学校が隣接している。万国旗や街灯の効果もあるが、町全体がいい感じの夜の街なんだよな。(住所:東京都北区赤羽1丁目38-2近辺)

1019_DSC00167_1
駅近くの飲屋街が凄い赤羽1丁目。少し離れたところも街は元気、日曜日でこれだけのところは少ない。街区も綺麗な道路だが五差路があったり、街角・Y字路がいい。駅からは離れたところがが、思月園の1階開口部、光が美しい。(住所:東京都北区赤羽1丁目33-6近郊)

1019_DSC00163_1

真ん中にお菓子の種屋、右の赤羽中央街と左の灯りの差も面白い。(住所:東京都北区赤羽1丁目29-10近郊)

1019_DSC00181_1

街角に建つ隅切り建物。右側の通りは駐車場で抜けているが、左側の通りは建物がバラバラながら連なる。(住所:東京都北区赤羽1丁目35−8近辺)

      0807_DSC03404_1
東口広場から道路越しに見える、赤羽の自由の女神。男性専用のカプセルホテル「サウナ&カプセル 錦城」の看板で、自由の女神像から「ニューヨーク=入浴」を想像となるらしい。サウナ自体は2016年いっぱいで閉店だが、なんとか残っている。(住所:東京都北区赤羽1丁目3−7近辺)

0705_DSC01357_1
赤羽一番街の飲屋街、OK横丁の先にあるのが明店街。無造作な提灯が通路の上にある。カドの飲屋さんがとても元気。夕暮れ時はいい感じの飲屋街通りだ。

      0705_DSC03511_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目20-3近辺)

      0629_DSC03573_1
赤羽駅から少し離れた、赤羽飲屋街と少し雰囲気が違った路地がある。この路地はとても看板が綺麗にみえる。東側の方からだと看板が綺麗にズレてほぼすべてみえる。

      0629_DSC03579_1

      0629_DSC03563_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目63-1近辺)

0628_DSC03588_01
赤羽駅から少し離れたところにある「焼豚米山」。中も人が一杯、路上で飲んでいる感じがとてもいい。調べると結構な有名店。赤羽エリアの奥の深さは凄いなと感じつつ。建物と路地、それに使い方がとてもいい。

      0628_DSC03586_1
(住所:東京都北区赤羽1-64-7近辺)

0626_DSC03484_01
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁といろいろな通りがある。そのOK横丁の脇道で、東口のロータリーにつながるT字路地がある。駅方面の路地は2階が繋がって、下を潜ることができる路地。いい体験ができる。

      0630_DSC03493_1
建物が2階で繋がり、下をくぐるところ。その先が駅前空間につながる。(住所:東京都北区赤羽1丁目16−4近辺)

   0622_DSC03444_1
赤羽の一番街シルクロードのアーケードには脇道がある。脇道なのだけれども天井がアーケードよりも高く、それが不思議なプロポーションで、どこか市場的なワイルドさがある。出口は街にあいた穴みたいだ。

   0622_DSC03450_01

   0621_DSC03430_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目22−4近辺)

   0621_DSC03413_1
18時前後になると活気あるアーケード街、赤羽の一番街シルクロード。昼間から飲んでいる人もいるくらいだが、この時間帯の少し煙った感じで、アーケードの細い骨組みとテントがカッコいい。

      0621_DSC03521_1

   0621_DSC03422_1

0621_DSC03426_1





(住所:東京都北区赤羽1丁目23−3 近辺)

      1126_DSC01068_1
赤羽飲み屋街の三件目にいったお店「赤羽トロ函」。魚を入れるトロ箱を分解して内装に使っていた。これがなかなか良かった。わざとズラしたり、天井にもつかっていたりと。

      1126_DSC01075_1

1126_DSC01059_1
(住所:東京都北区赤羽1−17-7の向かい側のほうのお店)

2月22日におこなわれた夜散歩のススメ会05フィールドワークの模様です。
王子から、崖や細い行き止まり道などを通って、
台地を上がったり下ったりしながら、赤羽へ行きました。


0222_01n

01,北区岸町の行き止まり通路
岸町にはこういった行き止まりの路地や魅力的な坂道階段が多い。
(住所:東京都北区岸町2丁目5-11近辺)

 

0222_02n

02.北区岸町の行き止まり通路
おそらくは昔は十条台小学校の校庭につながっていた路地、
いまは行き止まりに。
崖からの風景は建物の屋根がずれてみえて美しい。
(住所:東京都北区岸町2丁目5−3近辺)


0222_03n

03.北区岸町の擁壁から飛び出る民家
行き止まりの通路には不思議な風景が存在する。
この建物は擁壁から飛び出て建っている。
階段の取り付け方も悩ましい。
(住所:東京都北区岸町2丁目5−11近辺)


0222_04n

04.抜けられる通路
崖の道は行き止まりが多いが、幾つかそのまま抜けられる生活道路がある。
この路地も人の家の通路のようだが抜けられる。
(住所:東京都北区岸町2丁目10−12近辺)

 


0222_05n

05.重なる階段路地
抜けられる路地であるが、右の先に門扉があったりする。

おそらく私道だが、生活道路として使っている路地。
(住所:東京都北区岸町2丁目10−17近辺)



0222_06n


06シルクロードでおでんの立ち飲み 丸健水産

念願だった丸健水産で、皆でまずはいっぱい、寒い季節のおでんはいい。
ビールは少しつめたすぎるか。
(住所:東京都北区赤羽1-22-8)

   1022_DSC03242_1
赤羽駅から少し離れた所、周囲は中高層の建物だが、ここだけ一つの路地が残されている。幾つか閉めた店もあるが、大半はやっているいい通りだ。日曜日の23時過ぎだったが光の具合もいいし、「おふくろ」と「純子の店」の看板もらしいところだ。(住所:東京都北区赤羽1丁目63−2近辺)

   1018_DSC03171_1
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁と各通りがある。その中で唯一アーケードがある「シルクロード」。前に見た時は天井のテントが黄色だったような気がしたが・・・。飲屋は昔よりも増えて日曜日だったがそれでも活気がある通りになっている。(住所: 東京都北区赤羽1丁目22−10近辺)

  1017_DSC03263_1
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁といろいろな通りがある。その中の「OK横丁」、さらにその脇の脇通りが凄い。2階でつながっていて、一階は通りで通り抜けられる。

   1017_2
しかもこの通り先に行くと駅の東口のロータリーにでる。こんな通りが普通に駅前に隠されている赤羽飲屋街おそるべし。(住所:東京都北区赤羽1丁目16−4近辺)

↑このページのトップヘ