夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:豊島区

0401_DSC08594_1
日本女子大学寮の敷地東側、段々擁壁の脇のある坂道。下りながら細くなり曲がる。うねり具合と擁壁がうまく出会う坂道。坂道先もわずかに窪む面白い通り。

      0401_DSC08598_1

0401_DSC08602_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目29−15近辺)

   0327_DSC00503_01
豊島清掃工場の煙突と電線が借景になる通り。少し上がってゆく直線道路は建物で遮られ、その上に道路に合うような煙突の線。手前の電線混雑ぶりが対比的に面白い。

      0327_DSC00502_1
(住所:東京都豊島区池袋4丁目12−18近辺)

DSC00531_1
見たかった地蔵尊Y字路、夕暮れ後のいい時間帯に訪れると立ち話の人達。一周回ってまだ離れないのですみませんそのままで。綺麗なY字路、分かれ道にたつ本町子育地蔵尊。祠の扉があき内部の灯り、立ち姿が美しい。分かれ道という場、狭い歩道ながら人が止まって立ち話、そんないい場所。

DSC00535_1
(住所:東京都豊島区池袋本町2丁目36−4近辺)

     0306_DSC08645_1
住宅街区の内通路にあるL字型階段。踊り場に一段出ていて、内壁にも段差があってトリック階段に。外側にはスロープがつき、角にアールで立体的にながれる。さらに階段部分が狭くなるが不思議と気にならない階段。外側の手摺の付け方も地面と壁について珍しい。

     0306_DSC08614_1

0306_DSC08655_1

     0306_DSC08637_1

   0306_DSC08643_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−3近辺)

      DSC08706_1
雑司ヶ谷の高低差がある住宅間をぬける階段。庭に行くためで玄関などには繋がらない通りながら、隣家の玄関外部階段とバルコニーがあるため豊かな空間にみえる。

      DSC08710_1

      DSC08709_01
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−16近辺)

     DSC08673_1
下からと上から見る印象がこれほど変わる階段も珍しい。くの字に曲がる階段が、擁壁の斜めで不思議なくびれ、ねじれを生んでいる。上からは擁壁塀に隠された部分が上に広がっている。時期的変化がのこる、他にない珍しいタイプ。

      DSC08688_1

   DSC08659_1

     DSC08673_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目52−1近辺)

  0131_DSC08541_01
雑司ヶ谷の高低差、段差下に建つ2軒のほぼ平家。2軒の屋根の色が同じで繋がっても見える多重屋根の家。反対側からみると1軒は段差上からの駐車場。奥の家は緑色トタンの2階部分もいい。

   0131_DSC08539_01

   0131_DSC08567_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷近辺)

0129_DSC08547_1
弦巻商店街(弦巻通り商友会)と坂の交差点にあるラーメン屋「都電テーブル雑司ヶ谷店」。角地で透明カーテン(シャッター、折れ戸)が美しい。縦線で透けて内部のカンターが見える。坂上からみる交差点と街角店舗の関係もいい。

0129_DSC08544_1

      0129_DSC08558_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷2丁目21−6近辺)

      0124_DSC08575_1

      0124_DSC08569_1

日本女子大学寮の敷地西側にある通り、対岸の家との間で狭隘道路がある。抜けた先の通りがああいい通りだと予感させる。万年塀の蛇行道、少し赤い街灯りと陰が美しい。街に面白い境界が存在する。

      0124_DSC08577_1

0124_DSC08576_1
(住所:東京都豊島区雑司が谷1丁目18−1近辺)

      0424_DSC08813_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。古い民家と光格子の門がなくなった、新大塚駅近くの抜け道の階段路地。少し濡れたバラバラな石畳がいい表情をだしている。階段があり、高さが違い、周囲の圧迫感も変わる。

      0424_DSC08806_1

      0424_DSC08805_1

      0424_DSC08803_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目52−15近辺)

0324_DSC08661_1
一般道から水窪川暗渠道に入る。少し下った入口、その先の細道が曲がる。先に行くと民家の玄関格子の灯りが細道に面する。

0324_DSC08664_1

0324_DSC08675_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目30−2近辺)

   0325_DSC09343_1
梵寿綱設計の斐醴祈・賢者の石(ルポワ平喜)の吹き抜け空間。南池袋の街からエントラスを潜るとそこは別世界。(住所:東京都豊島区南池袋2丁目近辺)

0321_DSC09323_1
池袋駅の東側にある南池袋公園。西側の池袋西口公園と対局的。カフェなどの建物はあるが真ん中は芝生の隙間。小雨で霞んだビル群のなか、だれもいない芝生がなお一層、隙間に。高層ビルから低層ビルへの変わり目が見えるようだ。

0321_DSC09326_1
(住所:東京都豊島区南池袋2丁目21近辺)

0315_DSC08710_1

   0315_DSC08705_1
東池袋5丁目エリアの水窪川暗渠の蛇行道。古い家屋が残るエリア。蛇行して町並みの雰囲気も変わる。先は商店街と交差する。

0315_DSC08702_1

   0315_DSC08713_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目27−2近辺)

   0314_DSC08694_1

  0314_DSC09198_1
東池袋5丁目周辺には小さな公園が多い。おそらくは木造密集地における防災公園的な必要だと思われるが、名前だけじゃなく不思議な公園になっている。水窪川暗渠脇にある富士山広場。ネットフェンスが富士山、蛇行する水路は富士川ぽい。近くの古家からの再利用のような扉枠、ベンチとなかなか面白い。

      0314_DSC08688_1

0314_DSC08693_1

      0314_DSC08696_1
(住所:東京都豊島区東池袋5丁目30−5近辺)

   0311_DSC09378_1
夜ならではの階段。少し高い左側の手摺が、ちょうど右側に影として映る。夜は光だけじゃなく、影が面白い。(住所:東京都豊島区高田1丁目34−15近辺)

DSC09259_1

DSC09271_1
劇場公園として作り直された池袋西口公園。高すぎるグローバルリングがどうか・・・、その他に大型ビジョンにカフェ。面白いことに駅側からのメインアプローチ方向よりも、駅へと帰る方向のほうが街灯りが綺麗にみえる。(住所: 東京都豊島区西池袋1丁目8−26近辺)

   0309_DSC09678_1
ラブホのネオン灯りで照らされる民家。周囲はかつては簡易宿泊施設もあったエリア。妖しい灯りのラブホへの路地状通路、民家に漏れて民家も同じような感じにみえてくる。(住所:東京都豊島区西池袋2丁目29−21近辺)

DSC09287_1
池袋駅前広場の西口と東口は、東武百貨店vs西武百貨店の戦い。実際には西口に東武百貨店で、東口に西武百貨店と逆になっている。夜の霧雨が降る中、駅前広場と相まりいい雰囲気に。

DSC09319_1
(住所:東京都豊島区西池袋1丁目1−25近辺)

0305_DSC09674_1
山手線線路と歩道を潜る西池袋通り、脇には歩道。向こうには西武本社へのブリッチが見える。三層立体交差の構成ながら、隙間があり、そこに街の要素がいろいろと絡んでいる。(住所:東京都豊島区西池袋1丁目2−4近辺)

↑このページのトップヘ