夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:谷間景

   0116_DSC07589_01
新しい階段もできていて、台地にあがり谷間を少し感じられる、空川暗渠。上か見る風景はバックのビル群が切り絵のように美しい。下におりるとこの暗渠道はいい、いきどまりの通りだが緑の背の高いフェンスに囲まれた、すこし異常な状態、夜歩くと不思議な緊張感があるところ。

      0116_DSC07602_1

0116_DSC07610_1
(住所:東京都目黒区駒場1丁目12近辺)

   1216_DSC01364_1
若葉町の谷間を眺める高台にある須賀神社。2つある階段はどちらも谷間を眺める風景がいい。本殿に近いほうの階段はクランクしていて、擁壁の構えや石の手摺などがここだけ重厚な感じだ。提灯フレームも空間をわけ面白い、いい階段と風景だ。

   1216_DSC01371_1
(住所:東京都新宿区須賀町5−6近辺)

      1006_DSC04885_1
大田区の山王、東馬込で見つけた、階段・谷間の向こうの台地にある不思議な形の建物影を3つ。影のシルエットが面白いランドマークになる。おそらくは建物屋上のペントハウスだろうが、形が面白い。(住所:東京都大田区山王4丁目2−24近辺)


      1006_DSC04880_1
お寺なのか入母屋屋根のシルエットがランドマークになっている。(住所:東京都大田区山王4丁目6−6近辺)


      1006_DSC04813_1
不思議なギザギザ屋根の建物、何の建物だろうか。珍しい形の建物だ。(住所:東京都大田区東馬込1丁目36−12近辺)


0903_DSC03647_01

こういった写し方もあった・・・・。主客逆転、真ん中の神楽殿は暗くてほとんど見えない。でも後ろの光が綺麗で、だんだんみえてくる感じだ。しかも左側は緑が光っていて、右側はそれにビルの明かりが入る。右と左のバックの世界の違いも面白いなり。


      0904_DSC03645_1
参道は真西を少しづれるが道路とつながり、谷間が良く見える。谷間はかつての蟹川がつくった地形。今は高層のビルが定規になり谷の雰囲気がよくわかる(住所:東京都新宿区新宿6丁目21−1)

      0731_DSC01844_1
五反田駅から桜田通りを北東に少しいったところに、小さなイイ谷があり、景色もいい。向こうに見える台地には畠山記念館が建っている。階段の上もややプライベート的な空間のため人も少ない。写真を撮っている隣の建物からの人と顔が合う。意外と東京では少ないがそれくらい外に開かれた場所ともいえる。(住所:東京都品川区東五反田4丁目6−13近辺)

  0727_DSC01747_1
もう廃業だが、三田一丁目にある小山湯。その夜の表情がとてもいい。その脇にある三田の高台に上がる階段がある。脇がせまく、写真では大した段差に見えないが、なかなかの高低差がある。階段の中央踊り場からみえる景色もなかなか。この上かあだけは昔の街のカタチがみえる。


      0727_DSC01757_1
(住所:東京都港区三田1丁目11近辺)

   0619_DSC00032_1
建物の囲まれてわからないが、赤城神社の立地は牛込台地の端。ここ西参道階段からの風景は、神田川のつくった谷間が右側に方向にあるのを少し感じられる。なかなかここからみる夜景はいい。(住所:東京都新宿区赤城元町1−10

0315_DSC00853_1

東武練馬駅から少し行ったところ。
左のなだらかなスロープを下って、ここで道が曲がる。
さらに7段くらいの単位の階段で曲がりながら落ちてゆく。

道と階段もとてもいいが、真ん中の家の立ち姿もいい。
さらに右にひろがる「不動通りの谷」にみえる家々も美しい。
手前のマンフォールまでいい感じに見えてくる。
ここの風景は素晴らしい。
多要素なそれぞれいい感じにみえる、ここはなかなかお目にかけれない。
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目33−18近辺)

0130_DSC03739_1

左は水稲荷神社、右は北埜神社に行く参道の二股階段。
二股階段の踏面とスロープ部分がさらに複雑さを生んでいて、カッコイイ。


0130_DSC03733_1

上から見ると実は三叉路のようになっていて、真ん中に独立分離帯がある。
今は、入れないようにフェンスがあり、単なる取り残されたスペースだ。
でも階段通路の流れの間として確かに存在しているし、なんかとても美しい。
(住所:東京都新宿区西早稲田3丁目5−43近辺)

0108_DSC00818_01
東武練馬駅に近い「不動通りの谷」と呼んでいるエリアの地形は実に面白い。東京スリバチ学会の皆川会長が「不動通り横のスリバチ3連星」と呼んでいるところの2つ目の窪地、実にいい。地図でみても階段だらけ、スケールも小さく凹みが見える。

   0108_DSC00835_1
すこし荒木町の窪地風景に似るが大きさはさらに小さい。その大きさが実に心地よく世界観をつくっている。階段もなかなか凄いところが多い。(住所:東京都板橋区徳丸1丁目27−6 近辺)

0107_DSC02561
東中野駅近くの通り裏にある細道、いい感じの美しいブロック塀がある。高さの低い開口のある市松模様のブロック塀。塀の向こうのブロック壁もいいし、その先の建物姿もいい。でももっと凄いのはその先だった。

      0107_DSC02573
なんじゃこれ、そんな梯子のような鉄骨階段がおいてある。段階的になっていて、下は梯子のような鉄骨階段。いちおう固定されているが、すごい仮設な感じだ。

      0107_DSC02577
その上には土に踏み石置いただけの階段だ。よく見ると土に鉄筋を打ち込んで踏み石がズレないようにしている。置いただけの階段なのだ。

      0107_DSC02578
こりゃ凄い、東京23区の駅近くにこんな階段が残されているとは。階段上がって上から眺める。こりゃ暗渠だな、段差のある所から流れていたのだな。それが暗渠になって階段つけて生活道路になったのだろう。(住所:東京都中野区東中野1丁目45−10近辺)

   1214_1
水窪川暗渠の斜面にある大塚坂下公園。どういう経緯でできた公園かわからないが、斜面の公園。夜は下の方から入れるが上の方は扉がしまっていて通り抜けできない。とどまる場所が少なくただ歩くだけの、ぐるぐる道。但し景色は綺麗、谷間が見える。向こうの高い建物が建っているのが春日通り。(住所:東京都文京区大塚6丁目14−1近辺)

   1206_01
都内の23区だとなかなか地形が遠景でみえるところが少なく、またその中で探す楽しみもある。ここからみえる谷間はなかなか遠方がみえる。しかもマンションの通路道路と既存の道が一直線に繋がっている、スカッとぬけた感じでみえる。

   1206_02
階段、下に続く道もなかなか良い通りだ。風景とセットで通りmかなりおすすめな場所だ。(住所:東京都文京区千石3丁目10−13近辺)

   1118_DSC00057_1
マンションの敷地からみる、上からみるといい感じ。うっ、目の前に階段が・・・・。すみません少し上がらしてもらいました。上から眺める菊坂は、これまたいい感じで本郷台地にある谷間の地形がみえる。谷間がみえるいいポイントはなかなか少ない。とても美しい地形、街並だ。(住所:東京都文京区本郷4丁目21−2 近辺)

      1011_DSC09549_1
表参道を一本入ったところ、表参道ヒルズの裏坂。この道の前方のアイストップにH&Mが入った「ジ アイス キューブス」が建つ。坂道を下った先に渋谷川の暗渠があり、その先の明治通りにたっているビル。隠れた三分の一の下が谷底をちょっと上がったところ。(住所:東京都渋谷区神宮前4丁目13−16近辺)

0821_DSC07399_1
駒込駅から少しいったところにある、緩やかで公園のような階段だが、公園ではない。階段幅が広いだけじゃなくて、周囲の家の緑が多かったり、隣接のヨウ壁がりっぱだったりするからか。緩やかな空間で途中の踊り場からも視線が広がる。(住所:東京都豊島区駒込1丁目21−17近辺)

0819_DSC07331_1

駒込駅から近く、本郷通りから入った道にあるクランク階段。

古い階段で擁壁や家々に囲まれる。
その分、階段曲がりの先に谷間の風景が広がる。

 

0819_DSC07343_1

それぞれ曲がりの先に見える建物、風景が変わるのもオモシロイ。

 

0819_DSC07346_1

階段下から上を見上げる。向こうの白いマンションとの対比もいい。
(住所:東京都豊島区駒込2丁目6−9近辺)

0818_DSC07369_1
駒込駅に近くにある台地にあるスロープ&階段。上に建つ日枝神社がらみか、駒込山王会館があるが、これがほとんど擁壁と一体化していてオモシロイ。

      0818_DSC07370_1
始めはスロープでその先が階段になっている。スロープ&階段もオモシロイ。

   0818_DSC07377_1
上から見る風景も緑のせいもあるが、山の手の内側とは思えない、街並だったりする。(住所:東京都豊島区1丁目30 −12近辺)

   0814_DSC07656_1
以前、週何日か通っていた王子。なんとなく知っている所だった。親水公園的に整備された音無川があまり好きではなかった。ところが夜に王子神社の南側階段から音無川の川底をみると、樹々に囲まれた川の谷が美しい。ココが景勝地だったというのを感じさせる。手前の階段の曲面擁壁が囲み、一つの世界を作くるのに一役かっている。(住所:東京都北区王子本町1-1-12近辺)


   0715_DSC05096_1
この坂は古い、床も補修跡だらけの路面。この坂が行き止まりで数件のための坂だからか。だいたい斜面は土むき出しだし、都心では珍しい坂。そしてそこから見える街の風景もよい、1番低いところに神田川が流れている。(住所:東京都渋谷区本町3丁目24−14近辺)

↑このページのトップヘ