夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:谷間

0610_DSC03604_1
三日月のような流れを採り込めた。てっきり逆さの曲りが由来だと思っていた三日月坂。実は坂を上に三日月茶屋があって、それが由来だった。それでも美しい流れ、そこから見える谷間の風景がいい。(住所:東京都北区赤羽西1丁目24−3 近辺)

0607_DSC01725_001
山王と南馬込の谷間、環七が通る通る池尻掘とよばれる谷筋がある。山王側から広範囲にその谷間が見える。なかなか起伏がありいい雰囲気の世界がみえる。(住所:東京都大田区山王3丁目44−16近辺)

      0604_DSC02287_1
成増の地形はオモシロイ、ここ菅原神社前の階段坂は下った先の旧百々向川の谷。そして台地の突端をかすめ、白子川の谷、その向こうの台地にそびえ立つマンションが見える。複雑な地形ながら、上からの眺めは街灯りがとても美しい谷間風景になっている。(住所:東京都板橋区成増5丁目1−9近辺)

   0413_DSC09247_1
板橋区中台で前野川跡の谷間の面白い地形にあった建物。外壁が赤く、なかなかカッコいい。それに斜面地特有の階段、さらにY字路になっている。

   0413_DSC09242_1
長崎とか佐世保とか斜面都市にも負けない、東京の斜面地景色。

      0413_DSC09238_1
階段下からの風景もいい。(住所:東京都板橋区中台1丁目近辺)

0407_DSC09153_1
面白い地形の板橋区徳丸、片側はやや高低差の立体Y字路。左側の下りの先には不動通りの谷間がみえる。これほどの広さの住宅地の谷間風景は、東京ではめずらしい、いいY字路だ。

0407_DSC09154_1


  0407_DSC09155_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目38−12近辺)

      0406_DSC09111_1
板橋区赤塚にある赤塚川の谷、地形的にも面白くそこにあるV字型の向かい合う階段風景が美しい。どちらの階段も途中で曲がるくの字型タイプ。階段を曲がると谷間風景が広がるところがいい。

      0406_DSC09117_1
(住所:東京都板橋区赤塚5丁目11−18近辺)

   0325_DSC05833_1
烏森コミュニティ道路という名の階段坂、ここからの景色はいい。谷間にあるのは蛇崩川暗渠。新しい階段なんだけどとても良い感じ。

      0325_DSC05840_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目38−1近辺)

      0219_DSC05259_1
荒木町の窪地途中に降りて上がる道、階段がある。その手前に小さな勝手口階段があり、谷間階段との対比で面白い。高低差の表現にはいろいろある。(住所:東京都新宿区荒木町6-43近辺)

0216_DSC05964_1
慈眼院の澤蔵司稲荷の駐車場、高台から西側谷間をみる。小石川台地の端から小石川(谷端川)によって削られた谷間をみている。手前にあるのは斜面途中にある善光寺。ビルが建っているラインが、河跡で今は東京都道436号小石川西巣鴨線。何となくではあるが展望が広がり、地形がみえる。

   0211_DSC05953_1
慈眼院の澤蔵司稲荷は、階段を上がった先のモダンな門が美しい。

   0211_DSC05954_1
本堂前にあるお地蔵さん(?)、逆光のマジックで地蔵さんは後ろからの光で見えない、ちょうどお花だけ、その影から逃れて、輝いてみえた 。(住所:東京都文京区小石川3丁目17−12)

   0213_DSC06031_1
樋口一葉の旧居跡、奥にある木造3階建て民家の階段上から。夜に何度目からのチャレンジでやっと上がれた。冬は民家内部から生活の音は聞こえるが、内部はいろんな音があるからかわりと気がつかれない。木戸と両サイド3階建て民家、階段で囲まれた世界には、箱庭的な世界が広がっている。

      0213_DSC06012_1
カッコいい階段、木造3階建て民家の風景だ。夜写真は時間帯によるが難しい。(住所:東京文京区本郷4-31-10近辺)

(ブログ投稿、ナンバーが1000になりました。まあ同じところが2度、3度とダブったりしていますが。まだまだ続けられそうです。とりあえず次は東京だけで1000ですね。)

  1115_DSC09999_1
稲付川跡の稲付谷は上から見れるところが幾つかある。その中でもここからの風景は一番だ。駐車場から覗く、窪んだ地形がわかる。クランク階段に手摺が綺麗なバルコニー空間が美しい。(住所:東京都北区西が丘2丁目25−3近辺)

   1109_DSC09819_1
稲付谷周辺の地形は、蛇行する川跡谷間、それに支流谷間といろいろ複雑だ。その分、上からの眺めは素晴らしい。階段越しに見える谷間、向こうの台地、さらにもっと向こうに赤羽の高層建物がみえる。

  0210_DSC09807_1
下から上を眺める。地形にあった道路と建物の関係もいい。(住所:東京都北区十条仲原4丁目14−12近辺)

      1107_DSC09968_1
北区上十条、西が丘に位置する稲付谷。かつては稲付川が流れていた谷間の地形は面白い。いろんな要素があるが、まずは斜面途中の階段路地。車が通れない生活道路だが、擁壁や階段、それに少しコケが生えたら路地がなかなかいい。玄関格子から漏れる光も綺麗だ。(住所:東京都北区上十条5丁目17−6近辺)

      1107_DSC09916_1
少しいったところにある斜面途中の路地もなかなかいい。右側は擁壁で、階段の段差があるため上からのぞいた感じになる。(住所:東東京都北区上十条5丁目42−2近辺)

   0913_DSC09435_1
S字道路は全部は見えないが、高低差があり向こうが下がって谷間になっているので、なんとなくS字を感じられる道路。住宅にはいる右の階段もいい(住所:東京都中野区中野2丁目13−2近辺)

0503_DSC06915_1
六本木ミッドタウンにあるひ檜町公園、丘の上から、池に向かって高低差でさがってうる。その向こうはビル群が囲み、地形と人工物との間にゆるやかないい感じのスリバチ空間がうまれている。一つの世界感も現れている。(住所:東京都港区赤坂9丁目7-9)

   0301_DSC05593_1
新宿区若葉、須賀神社階段からの鮫河橋の谷町風景。新宿通りを境に荒木町の窪地の反対にある谷町。赤坂川跡の通りが美しく、高い所から谷間をかんじられる。反対側の東福院坂とセットでいい風景を作りだす。

      0301_DSC05606_1
反対側の東福院坂から須賀神社の階段をみる。こちらからの風景も素晴らしい。(住所:東京都新宿区若葉2丁目5−16 近辺)

   0116_DSC07589_01
新しい階段もできていて、台地にあがり谷間を少し感じられる、空川暗渠。上か見る風景はバックのビル群が切り絵のように美しい。下におりるとこの暗渠道はいい、いきどまりの通りだが緑の背の高いフェンスに囲まれた、すこし異常な状態、夜歩くと不思議な緊張感があるところ。

      0116_DSC07602_1

0116_DSC07610_1
(住所:東京都目黒区駒場1丁目12近辺)

   1216_DSC01364_1
若葉町の谷間を眺める高台にある須賀神社。2つある階段はどちらも谷間を眺める風景がいい。本殿に近いほうの階段はクランクしていて、擁壁の構えや石の手摺などがここだけ重厚な感じだ。提灯フレームも空間をわけ面白い、いい階段と風景だ。

   1216_DSC01371_1
(住所:東京都新宿区須賀町5−6近辺)

      0926_DSC04239_1
小日向の台地をあがる鼠坂。ゆるやかだが高低差約16mだからマンションで5階分以上あがる。休む平な面もない、だから階段を作ったのだろう。雨の夜はこの階段部分が濃い影となり、グラフィカルにとても美しい、まるで模様のようだ。雨は違った見せ方を気づかせてくれる。


      0926_DSC04243_1
階段上部途中から眺める谷間の風景もとてもいい。幹線道路には中高層のビルが立ち並びその間の谷間を不思議に強調する。(住所:東京都文京区音羽1丁目10−10近辺)

      0731_DSC01844_1
五反田駅から桜田通りを北東に少しいったところに、小さなイイ谷があり、景色もいい。向こうに見える台地には畠山記念館が建っている。階段の上もややプライベート的な空間のため人も少ない。写真を撮っている隣の建物からの人と顔が合う。意外と東京では少ないがそれくらい外に開かれた場所ともいえる。(住所:東京都品川区東五反田4丁目6−13近辺)

↑このページのトップヘ