夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:谷間

   DSC07723_001
迷い込んだ西台3丁目、京徳観音堂の南東側の崖上の坂道。ここからみる地形景色もよかった。緑の崖、家の屋根の向こうに前谷津川跡の谷間の地形が見える。

      DSC07715_1

DSC07721_001

西台3_1
(住所:東京都板橋区西台3丁目53−18近辺)

1103_DSC07770_1
西台の台地上から環八通りで分断された若木の地形を見る。大通りのしかも高さある分断で景色の見え方が変わる面白い新風景。大通りで切り取られ斜面都市の借景となっている。真ん中遠くに頭だけ見えるのがかなり離れたところにある18階建ての常盤台ガーデンソサエティ。

1103_西台から若木_1
(住所:東京都板橋区西台1丁目14−13近辺)

1031_DSC07678_01
徳丸高山公園からみる広大な景色。前谷津川跡の谷間が左右に広がる。真ん中黒いところが川跡の谷間。向こうの台地には東武練馬駅前のイオン板橋の看板も見える。

1031_DSC07681_1

1031_DSC07683_1

1031_徳丸_1
(住所:東京都板橋区徳丸6丁目11−14近辺)

DSC07142_1
大倉山駅の西側、大倉山・大曾根台の丘陵をずっと上がってゆく坂。約34m(ビル11階分)上がった所から、今度は11m(ビル3.5階分)下がる4住居にアプローチする3つの階段。背後に丘陵地形の谷間と低地の絶景を背負う。

DSC07136_1

DSC07143_1

大倉山から02_01
(住所:神奈川県横浜市港北区大曽根台1近辺)

1004_DSC07017_01
複雑な下末吉台地、師岡町の丘陵から南谷戸の谷間を見る。対岸も師岡町で一番高い所だけが獅子ケ谷市民の森。緑の斜面にマンションの明るい灯り、手前の住宅群の屋根で埋め尽くされ、地形で囲まれた世界が見える。

1004_DSC07020_1

1004_地形_1
(住所:神奈川県横浜市港北区師岡町361−6近辺)

     0928_DSC06668_1
城山通りから下る抜け道階段。上から景色は谷間と首都高速5号池袋線灯りが美しい。かなり急な階段とスロープ。下のほうは踊り場から先、上のほうは階段勾配が変わり、スロープから飛び出る不思議な階段。階段途中のトタン小屋の古い家屋の立ち姿もいい。

      0928_DSC06654_1

      0928_DSC06681_1

      0928_DSC06676_1

      0928_DSC06686_1

      0928_DSC06651_1
(住所:東京都板橋区志村1丁目28−15近辺)

      0814_DSC06038_1
下末吉台地丘陵地の綱島台にくびれたような地形で谷がある。中世山城のような竪堀のような谷。階段はどうも降りた右側のマンションの裏道のよう、ちゃんと灯もある。左からのマンションが出りだした先に低地が続き、日吉本町の丘陵も見える美しい風景。

      0814_DSC06021_1

      0814_DSC06036_1

      0814_綱島台の谷階段_1
(住所:神奈川県横浜市港北区綱島台5-28近辺)

0607_DSC03113_1
荏原台の突端に位置する小山八幡神社。横に広がる立会川の谷間。緩やかな高低差ながら広がる低地世界が境内から見える。

0607_DSC03112_1

0607_DSC03114_1

0607_DSC03111_1
(住所:東京都品川区荏原7丁目5−14近辺)

      0426_DSC01562_1
日暮里崖線の内側、谷田川の谷側にある与楽寺坂。古い擁壁がのこり蛇行道の曲線が美しい。上から眺める古い擁壁の蛇行姿も、その先の低地風景もいい。

0426_DSC01571_1

      0426_DSC01563_1
(住所:東京都北区田端1丁目25−12近辺)

      0324_DSC00154_1
第二京浜と地形の谷間が絡む、古い直線階段。前方に対比する鋭角敷地のビルの立ち姿、その間の古い豪快な擁壁。大通り脇で、3つの大きいスケールバランスが面白い。

      0324_DSC00155_1

     0324_DSC00161_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目7−5近辺)

0320_DSC09111_1
旧百々向川の谷、西側の住宅街。通りからみると住宅が並び建ち、わからないが、緑地斜面からみる擁壁、高低差が以外と凄い。鋭角でそびえ立つコンクリ擁壁をみると谷間の地形、高低差がわかる。(住所:東京都板橋区成増3丁目22−14近辺)

      1226_DSC08061_1
国分寺崖線の台地上、世田谷区立ぽかぽか広場の階段からみる籠谷戸(ろうやと)の窪地。玉川浄水場の跡地のぽかぽか広場は、この辺で一番高く、そこから覗く谷間がいい。

1226_DSC08060_1
(住所:東京都世田谷区尾山台1丁目13-19近辺)

1224_DSC05427_1
台地上にある赤羽八幡神社への裏参道、そこから見える師団坂と赤羽台3丁目谷間。平坦な台地から下がった谷間が見える。台地は緑のラインをおってゆくと見えてくる。(住所:東京都北区赤羽台4丁目1-6近辺)

   1224_DSC07923_1
呑川暗渠緑道の谷へ下る坂道。高低差はそんなにないが、道路が先まで通り、街並みが綺麗。そんな住宅街の坂道。

      1224_DSC07924_1
(住所:東京都目黒区大岡山1丁目29−9近辺)

1211_DSC05557_1
ここからの稲付谷の風景もいい。谷間の上流方向、谷頭方向をみる。対岸が近く横にのびる谷間風景。(住所:東京都北区赤羽西3丁目23−1近辺)

      1107_DSC05597_1
この坂道から風景はいい。游鯉園の坂のある谷間がみえる。よく見ると向こう岸の建物間に細い階段がみえる。有名になった細く長い階段、凄い高低差だ。谷間対岸風景はみえない部分もふくめて面白い。

      1107_DSC05595_1

      1107_DSC01830_1

      1107_DSC01829_1
(住所:東京都北区上十条5丁目31−10近辺)

      DSC03437_1
若木2丁目の階段。旧蓮根川の谷間を走る環八通りを望む階段。中景を通る環八の街灯がオレンジ色のなので、緑と緑色街灯との補色対比が美しい。その先に谷間を感じられる階段。

DSC03438_1

DSC03439_1
(住所:東京都板橋区若木2丁目24−10近辺)

1011_DSC03430_1
若木3丁目に大きな空地のような駐車場があり、そこから斜面都市が見える。また環八通りの旧蓮根川の谷間が木々の間から綺麗にみえる。いろいろな色の街灯りがいい。

1011_DSC03432_1
(住所:東京都板橋区若木3丁目7−12近辺)

   1001_DSC03653_1
黒鶴稲荷神社脇、汐見坂谷間への階段。2つの階段が合体したかのように上の方だけ僅かくの字に曲がる。下の方は一直線になる。僅かだけど囲むような方向空間がいい。

1001_DSC03650_1

   1001_DSC03651_1

      1001_DSC03656_1

      1001_DSC03649_1
(住所:東京都大田区中央5丁目4−2近辺)

   DSC03313_1
板橋区中台で前野川跡の谷間、面白い地形。以前はこのY字路階段の真ん中に赤い面白い家があった。消失して左右の先が良く見えるようになり、階段Y字路の構成が良く見える。斜面地特有の階段とY字路。

     DSC03308_01

      DSC03302_1
(住所:東京都板橋区中台1丁目近辺)

↑このページのトップヘ