夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:谷

0615_DSC03621_1
佐伯山緑地に面する坂、その先の谷と遠方も美しい。そして坂途中の古民家玄関の姿、向かい方が坂と対等していて、いい景観になっている。(住所:東京都大田区中央5丁目17−12近辺)

   1029_DSC00039_1
本郷4丁目、ここの地形は菊坂の谷と清水橋下の谷が合流して、さらに今はなき小石川に繋がる複雑なところ。台地が岬状にありその下を菊坂の暗渠がとおる。

1029_DSC00044_1
微妙に上がっていく湾曲道路と暗渠、2つの関係がよく見える。(住所:東京都文京区本郷4丁目21−9 近辺)

      0926_DSC08124_1
神田明神の裏に本郷台地をきる樹木谷(地獄谷)がある。昔はそういったところだが、今はそう感じさせるのは地形のみ。向こうに見えるのが神田明神の裏参道の蛇行階段。ライトに照らされてとても綺麗だ。(住所:東京都文京区湯島3丁目1−1近辺)

      0804_DSC07800
渋谷の道玄坂を入ったところ、マークシティの裏側の道。ココはおそらく道玄坂の昔の勾配を残すところ。今の道玄坂は崖地をけずって段々と緩い勾配になっている。それにしても写真のゆがみがあるが、ヒカリエのプロポーションが分かる人ならばどの辺が谷底位置か、どれだけ下がっているかわかる坂である。(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目14−1近辺)

0423_DSC02495_1
国分寺崖線の地形図をみて、気になっていた崖線と直交する入間公園の谷間だ。この谷の前後には川の合流の地形はあるが、河跡がそのまま谷間でのこるのはココぐらい。左側(北側)にNTT中央研修センター森があり、右側の高台になっている。公園で目線がぬけるので、谷間であることがよくわかる。国分寺崖線を歩いて、この谷間にはいると面白さが倍増する。(住所:東京都調布市入間町3丁目7−32近辺)

↑このページのトップヘ