夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:西池袋

DSC09259_1

DSC09271_1
劇場公園として作り直された池袋西口公園。高すぎるグローバルリングがどうか・・・、その他に大型ビジョンにカフェ。面白いことに駅側からのメインアプローチ方向よりも、駅へと帰る方向のほうが街灯りが綺麗にみえる。(住所: 東京都豊島区西池袋1丁目8−26近辺)

   0309_DSC09678_1
ラブホのネオン灯りで照らされる民家。周囲はかつては簡易宿泊施設もあったエリア。妖しい灯りのラブホへの路地状通路、民家に漏れて民家も同じような感じにみえてくる。(住所:東京都豊島区西池袋2丁目29−21近辺)

DSC09287_1
池袋駅前広場の西口と東口は、東武百貨店vs西武百貨店の戦い。実際には西口に東武百貨店で、東口に西武百貨店と逆になっている。夜の霧雨が降る中、駅前広場と相まりいい雰囲気に。

DSC09319_1
(住所:東京都豊島区西池袋1丁目1−25近辺)

0305_DSC09674_1
山手線線路と歩道を潜る西池袋通り、脇には歩道。向こうには西武本社へのブリッチが見える。三層立体交差の構成ながら、隙間があり、そこに街の要素がいろいろと絡んでいる。(住所:東京都豊島区西池袋1丁目2−4近辺)

      1106_DSC02146_1
池袋には無数の商店街あり、それなりに寂れているが、いい感じの街灯や旗、風景がそこにのこっている。ここ西池袋商店街の風景もとてもいい。(住所:東京都豊島区西池袋4丁目30−2近辺)

   1101_DSC08718_1
西池袋2丁目エリアには不思議な旅館が残っている。かつて簡易宿所とかと、よばれたベットハウス。1つの階を上下使う2段の窓が特徴的な「旅館とくや荘」。道路面には白い目隠し板だ、その一部がピンク色で明かりで怪しげな感じだが、旅館なんでそんなでもない。それにしても2段窓の建物はなかなか不思議なプロポーションで街に開いている。(住所:東京都豊島区西池袋2丁目25-17近辺、消失情報あり)

      0713_DSC06428_1
池袋近くある谷端川南緑道。緑道公園としては古く、植栽や遊具も多くある緑道。夜遅くなのに近隣の人がベンチに座って本を読んでいたりと、いい利用のされ方だったりする。水飲み場のデザインも古いがいいデザインだ。2つの高さの水栓口、丸い水受けと流れの直線デザインの構成。(住所:東京都豊島区西池袋5丁目27−21近辺)

0923_DSC07088_1
池袋駅のすぐ南側、線路を潜る道路。そこに駐輪場、横断歩道橋、さらに高低差を埋めるための階段がからみあい、不思議な出会いを生んでいる。きれいに変わる池袋駅周辺だが、こんなところにかつての不具合解消案がいいカタチで残っている。(住所:東京都豊島区西池袋1丁目2−1近辺)

0331_DSC03213
知り合いのFBでみて綺麗だな~と思っていた、自由学園の桜。近くを通ったのでいってみた。こりゃすごい。

0331_DSC03229
葉桜混じでも、夜景だったらまだ見ごたえあり。(住所:東京都豊島区西池袋2丁目31−3)

↑このページのトップヘ