夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:西新宿

0922‗DSC03157_1
新宿駅西口広場、車道の立体交差で穴が開いていて地下から地上へ繋がる。車道スロープで分断され地下からは二つの穴になる。穴から見える地上のビル群、そして地下への広がる空間は、4枚変形写真でいい感じ入る。歩道スペース広場の関係も見えてくる。

DSC03157_01
(住所:東京都新宿区西新宿1丁目近辺)

0116_DSC06770_1
新宿駅西口の繁華街エリア、ヨドバシガメラ村街。店が閉まると看板ネオンの色が街を覆い尽くす。このビルは昔は高速バスの発着場たった。今はその名残の自販機、そして変な広告。ネオン色が似合う新宿駅西口。(住所:東京都新宿区西新宿1丁目10−1近辺)

      1110_DSC09329_1
新宿思い出横丁は時間帯にもよるがプラス海外観光客で賑わっている。路地も店幅も狭く、いろいろ詰まっている感じだ。こういった横丁で難しくなるのが電線の引き方、電柱が建てるスペースがない。ここは足を広げた鉄骨フレームが横丁を連続して受けている。バックのビル灯りでフレームが際立ちカッコいい。

      1110_DSC09315_1
(住所:東京都新宿区西新宿1丁目2−14近辺)

   0918_DSC09293_01
新宿駅西口広場の立体交差を小田急百貨店のガラス越しにみる。夜の暗さによって見え方はかわるが、立体交差のスロープが美しい。右と左で外側の円弧の違いが上からみて初めて分かる。(住所:東京都新宿区西新宿1-1-3近辺)

      0717_DSC07856_1
新宿区西新宿4丁目、2010年に営業を終えたホテルニュー寿。この近辺に十二社池があったときの花街の雰囲気をわずかに残す。この痕跡階段はとてもいい。それぞれにアプローチできる枝分れの階段。

   0715_DSC07851_1
。(住所:東京都新宿区西新宿4丁目13−3近辺)

      0310_DSC07767_1
隣接する成子天神社の参道の区画変更により、もともとは右側に何かたっていたのか。そんな考えがめぐるくらい、この看板の位置や大きさはとても不思議だ。右側に建物がたっていたとしても、こんな道路の真ん中までもってくる看板も珍しい。

   0310_DSC07759_1
(住所:東京都新宿区西新宿8丁目12−7)

0309_DSC07791_1

何のためかわからないが、都市空間的に気になる西新宿超高層街の輪。信号、照明、サインなどはついてはいるが、輪を空中に飛ばす必要はまったくない。周辺はいい時代の超高層群、各建物間の隙間も広く、超高層の天に向かう垂直線が目立つ。そんな中での水平線、しかも円で一つの線になる。この対比はとても生きている。(住所:東京都新宿区西新宿6丁目5−3近辺)

0901_DSC05177_1
近くに暗渠があったので、川跡ではないだろうが、とてもいい感じの曲り道だ。3枚合成写真だが少し離れられたので、一枚の写真に取り込めた。道路白線の流れも綺麗だが、一緒にながれる建物もオモシロイ。(住所:東京都新宿区西新宿5丁目11−7近辺)

   0210_DSC03073_1
新宿超高層の足回りは面白い。えっ、こんなところでという感じだが、なんだかうまくなじんでいる。しかし高い超高層と路面近くの野宿者ハウスの傘、ものすごい高さの対比だ。(住所:東東京都新宿区西新宿1丁目25−1近辺)


  0120_DSC03090_1
新宿の京王プラザホテル四号街路空間の雑木の庭は、深谷光軌のランドスケープのデザイン。その下の地下通路にある床面のデザイン、これがなかなかいい。流れている。こういった柄のデザインって失敗することが多いが、植栽との関係や店との関係の間がとてもいい。右側奥にある滝は深谷光軌さんのよるものだから、ここもそうかなのか。床面のひび割れさえ、デザインにみえてくる。

      0120_DSC03081_1
(住所:東京都新宿区西新宿2丁目2−1)

   1230_DSC02470_01
西新宿の古い商店街、蛇行する道の先に店舗が並ぶ。入口テントの形は似ているが、それぞれ色が違い、色的にぎやかさを演じている。よく見ると右側の美容室の看板は珍しい位置にある。(住所:東京都新宿区西新宿5丁目23−3近辺)

      0907_DSC03421_1
いつの間にか高層ビルも建つ新宿南口。どんどんキレイになってゆく。昔の新宿には駅周辺にもどこか猥雑さが残っていた。夏の雨のせいか、街の電飾看板が路上の水たまりに反射して、どこか昔の新宿が顔をだす。(住所:東京都新宿区西新宿1丁目1−6近辺)

0214_DSC04067_1

境内に高層の分譲・賃貸マンションに神社施設とある成子天神社。
残された富士塚はマンションに囲まれて、
ここだけ不思議な雰囲気を漂わせている。


0214_DSC04074_1

夜の富士塚頂上からみえる景色もさすが新宿という風景だ。
とっても不思議な感じの風景が広がるオモシロイところだ。
(住所:東京都新宿区西新宿8丁目14−10)

     0121_DSC02460_1
新宿中央公園の新宿白糸の滝からみる、新宿駅西口の軸。周辺より高い所のさらに植栽に上がって撮る。

もう少し滝の壁が低ければ、軸が綺麗にみえるのだが。それでも軸は超高層ビル群の不在でわかる。実は駅までずっと真っすぐだと思っていた軸は、地図でみると少し曲がっていた。


   1011_DSC03094_1
後日、2016年1月9日のカット。(住所:東京都新宿区西新宿2丁目11エリア)


   0621_DSC05167_1
夜に綺麗な庚申堂は間違いなく、いい庚申堂だ。光りがあり間違いなく誰かがちゃんと手入れをしているからだ。以前適当に歩いてここを通ったの思い出した、それくらい綺麗だ。わかれ道に位置して、その隅に立つ木も実にいい感じだ。

   0506_DSC02467_1
(住所:東京都新宿区西新宿5丁目10−22の対面)


0620_DSC05064
大江戸線の西新宿五丁目駅の所に神田川笹塚支流、和泉川の暗渠緑道がある。

0620_DSC05073
そこから北側に少し行くと神田川に繋がる。このエリアの暗渠緑道は、橋の親柱を残して欄干部分をぶった切って、そこにカラフルな車止めを設置している。

0620_DSC05075
このパターンが幾つも続き、これが歩いていくと街並みが変わってゆくのとセットで楽しい。(住所:東京都新宿区西新宿5丁目25エリアから)

      0619_DSC05036
新宿区西新宿4丁目にはかつての花街の風景が少しだが残っている。旅館や料理屋が多く、そこに坂があるととてもいい風景になる。樹々が道にかぶさり、その向こうに雨で濡れた坂、さらに超高層が見えたりと豊かな風景が広がっている。塀のデザインも面白い。(住所: 東京都新宿区西新宿4丁目13−11)

      0616_DSC05021_1
新宿区西新宿4丁目、2010年に営業を終えたホテルニュー寿。周囲は開発されるなか、この近辺に十二社池があったときの花街の雰囲気をわずかに残す。今からだと最盛期の雰囲気はわからないが、この階段はとてもいい感じ、そして地形の一部を物語る。(住所:東京都新宿区西新宿4丁目13−3)

   0615_DSC04993_1
新宿にある熊野神社、そこに弁天池がある。神社と池と弁財天、それぞれの配置関係に少し疑問を持ち地図をみる。すると本殿は北北西方向に建ち、南南東方向に向く、本殿の東にある弁天池の橋は北西に向かってかかり、弁財天は南西にむかって建っている。方向はともかく、この弁天池、あたらしくされているのだろうが、手摺や柵などで囲むのではなく、植栽でうまく囲っている感じがいい。(住所:東京都新宿区西新宿2丁目11−2)

   0610_DSC05041_1
西新宿4丁目エリアを散歩中にみつけた、紫陽花。路地足下に見事にはみ出る、その姿が美しい。様々な色の紫陽花、それだけで路地は輝いてみえる、そんな雨の季節。(住所:東京都新宿区西新宿4丁目11エリア)

↑このページのトップヘ