夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:街角

1122_DSC05192_1
月島3丁目の街角で、他と一段階低くなっている八百屋さん。すまなさそうに背が低いトタニズム建物。テントやケースがはみ出る感じは逆で面白い。(住所:東京都中央区月島3丁目23−4近辺)

DSC06316_1
神田川に向かう北斜面の街角、隅切り擁壁がカッコよく、その上の多角形トタン倉庫が、ちょっと独立的な立ち姿がいい。手前のカードミラーに3つの交通標識、掲示板の乱立もいい。(住所:東京都中野区弥生町4丁目30−1近辺)

DSC03790_1
白山通りから街区内に入ると街灯の色が変わる。千代田区はオレンジ街灯が多く、夜の雰囲気はいい。喫茶店の表情もいい、そんな街区中の通りと街角。

DSC03791_1

DSC03788_1

DSC03792_1
(住所:東京都千代田区神田神保町1丁目32−3近辺)

0930_DSC04274_1
西荻一番街の街角にある増築看板建築。時期の違いや店舗改装で多様だが、繋がっているようだ。2階部分の白壁がズレながらベースのようでもあり。角のフランス料理屋の1層も気になる。

0930_DSC04279_1

0930_DSC04277_1
(住所:東京都杉並区西荻北3丁目14−6近辺)

0928_DSC04596_1
足立区中川3丁目住宅街のラーメン屋さん。アルミフレームの赤いアクリルテントと目立つ。角地で両側入口で街角照明のようになっている。(住所:東京都足立区中川3丁目1-13近辺)

0925_DSC04590_1
そんなに多くはないが、たまにとても惹かれる交差点がある。何がいいのか?この微妙なズレ、歩道白線の流れるような線、街角建物の看板ライト。住宅地と店舗が混じる街角、なぜこのようなズレか惑わされる。(住所:東京都足立区中川3丁目1−14近辺)

0919_DSC03757_1
水道橋駅の南側商店街の一角、綺麗な六差路がある。十字路に向こう側左右が45度の道に分かれ、一つの通りが5つに分かれる。(住所:東京都千代田区神田三崎町2丁目16−7 近辺)

  0913_DSC02476_1
南千住6丁目にのこる、街角トタニズム建物。少し壊れはじめているが、通りから見るその表情が凄い。

0913_DSC02481_1
(住所:東京都荒川区南千住6丁目近辺)

0720_DSC02895_1
地下鉄成増駅の南側エリア、住宅街に変わる一角にある飲屋建物群。時それぞれに手を入れてた飲み屋街の表情、角地に建つ姿がいい。上から見ると四軒の建物が一つの群団になっている。(住所:東京都練馬区旭町3丁目28−13近辺)

     0329_DSC09902_001
ほぼ新宿のれん街と代々木駅の間、空き地の角にあるサクラ。ライトアップなしでひっそりと咲きながら、バックにNTTタワーを背負い、対比的に輝いている。ひっそりなのに、華やかな街角サクラ。(住所:東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目18−2近辺)

DSC04694_1
沼袋駅周辺の商店街、少し脇道、路地裏ぽい商店街の街角。街角の隅切り建物の立ち姿がいい。すこし様式ぽい装飾なんだど、隅切り部分の庇デザインがいい。街角から通りにも影響する。(住所:東京都中野区沼袋1丁目39−3近辺)

0929_DSC01527_1
山谷地区の角地に建つ、簡易宿泊所の正徳館。両側にある穴あきブロック塀の上に屋根がつき、倉庫なのか、はたまた内部からの収納か。わからないけど道路と建物間にうまく収まり、柄もおもしろくカッコいい建物に。(住所:東京都台東区清川2丁目16−1近辺)

DSC04041_1
旧東海道と目黒川の交差点、品川橋の脇、街角に立つ旧交番。今は使わていない感じの様式デザイン交番。街角のへた地にひっそりだが、旧街道と川の交差点に面する位置的には重要な位置。

DSC04022_1
(住所:東京都品川区南品川1丁目3−3近辺)

DSC01675_1
南小岩にあったクリーニング&美容室。木製サッシ壁が美しい。増築ぽい建て方だが、しっかりとした作りの木製は珍しいし、腰壁も綺麗だ。街角の立ち姿もいい。

DSC01670_1

DSC01676_1

DSC01672_1
(住所:東京都江戸川区南小岩3丁目16−13近辺)

0422_DSC10025_1
江古田駅、線路からも見える3面の看板建築の八百喜商店。高さも違うが、その角の面が一番目立つ。縦書きの文字が綺麗にはまる。どの面が生きるかは時代によって違うのかもしれない。(住所:東京都練馬区栄町30−4近辺)

DSC09521_1
墨田区のこの辺りは道も広く、東西と南北に道が綺麗に走り、四角い街区が多い。その街角の隅切り部分の残地の植栽。建物のためよりも街角、交差点、街に対してがいい。(住所:東京都墨田区横川2丁目7-9近辺)

DSC08367_1
六本木の和食「志る角」の黒塀、その角の風景がいい。この飲食店の看板のカタチも面白い。いわゆる今の六本木の姿とは違う、旧龍土町の姿に変わる黒塀角。

DSC08379_1
(住所:東京都港区六本木7丁目13 -10近辺)

0215_DSC08571_01
西荻窪飲屋街の元気な柳小路。入口の角建物、両方に面しながら、同じような顔で面しながら、通りに引き込む感じがとてもいい。

0215_DSC08564_1
(住所:東京都杉並区西荻南3丁目11−9近辺)

1203_DSC03694_1
南千住6丁目、周囲は住宅街なんだけど、うまく商店が組み込まれた通り、街角がある。道も比較的広く整備されたエリア、街角店舗が生きている。近くに角打ちの酒屋もあった、そんな町はいい町だ。

1203_DSC03697_1

1203_DSC03690_1
(住所:東京都荒川区南千住6丁目15−1 近辺)

DSC02627_1
八王子の繁華街、中町、三崎町で気になった3つの街角建物。それぞれ時代もエリアも改装具合も違うが、街角という特異ポイントで目立ち方も違っていた。

DSC02747_1

DSC02770_1
(住所:東京都八王子市中町9−5、中町7−4、三崎町2−13 近辺)

↑このページのトップヘ