夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:街灯り

0508_DSC00609_1
人込みを避けての夜散歩。渋谷駅から青山通りへ上がる宮益坂。少し街灯りが暗いこともあって、なんかとてもいい雰囲気に見えた宮益坂。木々がこんなに坂を覆っていた。街の姿は街灯りで見え方も変わる。この坂調べると昔は富士見坂、確かに下がる方向は富士山方向だった。

0508_DSC00610_1
(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目12−9近辺)


DSC00217_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。NHKと代々木体育館側からみる、いつもと違う公園通りの下り。建物の灯りがなく、路上の街灯から下側から照らされるビルの姿はなかなかいい。(住所:東京都渋谷区神南2丁目1−35近辺)

0408_DSC00150_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。先日の雨あがり、東川の新しい護岸の側面がかなり濡れていた。遠方は旧商店街の高層ビル群、対比的な東川にその灯りが映り込み美しい。(住所:埼玉県所沢市西新井町19−26近辺)

DSC09259_1

DSC09271_1
劇場公園として作り直された池袋西口公園。高すぎるグローバルリングがどうか・・・、その他に大型ビジョンにカフェ。面白いことに駅側からのメインアプローチ方向よりも、駅へと帰る方向のほうが街灯りが綺麗にみえる。(住所: 東京都豊島区西池袋1丁目8−26近辺)

0203_DSC07924_1
東村山野口の出世弁財天女宮、二連鉄骨太鼓橋の参道。池があるとことで、緩やかな低地。南側は少し上がった先に街灯りと高層ビル、北側は少しあがった先に狭山丘陵を背負う。弁天池は背景とともにある。

0203_DSC07919_1
(住所:東京都東村山市野口町4丁目14近辺)

   1203_DSC06316_1
東武練馬駅に近い不動通り沿いに幾つも谷間があり、段差がある地域。行き止まりに見えて隙間の道から抜けられる。段階にわかれた階段の構成もいい。珍しい紫色の街灯りの重なりで色っぽく見える。

      1203_DSC06324_1

      1203_DSC06320_1

      1203_DSC06319_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目9−19近辺)

     DSC05594_1
第1有楽橋高架橋のアーチ、横の架道橋が狭いため、こちらが有楽町コンコースという飲み屋街で通路に。街灯りを拾う反射の金属外壁が、アーチ金属天井の反射光と違って対比が美しい。日比谷側と銀座側で、外壁反射光も違う色に。

DSC05600_1

DSC05566_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目4−1近辺)

   0930_DSC05026_01
Y字路は異界への入口という言葉にぴったりなY字路。意図しない街灯が真ん中建物だけ緑色、左右の道は明るい街灯。左右の道は先で左に曲がり先が見えない。見えないことも異界を想像させる。(住所:東京都荒川区町屋4丁目23近辺)

DSC01002_1
古隅田川遺構跡にある古隅田川緑道。遺構というよりも美しい水路緑道になっている。遺構ぽい新旧の橋の雰囲気もいいし、なによりも背景の街灯りとの融合が美しい。

DSC00998_1

DSC00999_1

DSC01003_1
(住所:東京都葛飾区小菅4丁目2-49近辺)

DSC07471_1
雨が降ってきて、雷もなっていた。台地の高いところの雷は怖い。台地からの段差で、向こうの街並みが借景となっている。桜の間から見える世界は美しい。(住所:東京都多摩市桜ケ丘1丁目53−20近辺)

0917_DSC07447_1
アニメ「耳をすませば」のラストシーンの場所で、ファンが「耳丘」とよんでいたら、グーグル地図にも「耳丘」という表示があるところ。フェンスで入れなくなったとブログ記事もあるが、横からの多摩丘陵のヘリ、緑斜面が美しい。左に広がる聖蹟桜ヶ丘の街やその先の遠景風景もいい。(住所:東京都多摩市桜ケ丘4丁目33近辺)

   0101_DSC07057_01
あけましておめでとうございます。今年も仕事、夜散歩のススメ、その他もろもろとよろしくお願いします。写真はさきほど撮った写真を一生懸命加工。どうにか今日中に間に合った。所沢航空公園の池、メタセコイヤ、その先の常緑樹、そして道路と街の灯り。夜の公園ながら何層にも写真に収めらている。(住所:埼玉県所沢市東新井町256-1近辺)

      1222_DSC03673_01
江の島の奥、江島神社奥津宮に向かう途中に、島のくびれたところがある。その谷間になったところ階段路地から、お店の街並みがみえて、その上に海、海岸線の街灯りが見えるところがある。この景色はなかなか貴重だ。(住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目4−3近辺)

      1121_DSC01750_1
横浜中華街の路地裏探索、少し入ると民家が多くなり、普通の生活路地が多い。その脇道から見える通りの灯り、町の隙間が美しい。

      1121_DSC01751_1

      1121_DSC01755_1

      1121_DSC01764_1
(住所:神奈川県横浜市中区山下町190と148近辺)

0614_DSC03656_01
本当は赤羽台のマンションから、自然観察公園の窪地を撮りたかった。11階からだともっと遠くの世界、下がった5階からでも広大な景色だった。手前の窪地谷間よりも遠くに日暮里崖線が写った。美しい街灯りと左から崖を削り、右にながれてゆく道が動脈のようにも見えた。(住所:東京都北区赤羽台2丁目近辺)

   0128_DSC05229_1
営団麹町駅の上にある善国寺坂。名前は昔、坂上に鎮護山善国寺があったことによる。新宿通りの向うに下がる善国寺坂、向こうに上がる坂。街灯りが都市的に美しく見える都心の高低差。(住所:東京都千代田区麹町4丁目2−2近辺)

2016-0813_DSC09138_1
大山駅近く、線路脇の石田敏明さんの設計「SAK」。細長いへたちにできた金属板に囲まれた倉庫のような建物。夜は街灯りをひろって美しく輝く。(住所:東京都板橋区大山東町60−15近辺)

   0629_DSC08986_1
夜の大横川水門は美しい。少しい空いた下からみえる、水面に反射する街明かりが美しい。(住所:東京都江東区永代1丁目7−13 近辺)

0626_DSC08996_1
日本橋川にかかる豊海橋、震災復興橋として1927年に架設。フレームの内側が光り、ここ周辺の橋で光り方は一番美しい。背景のビル街の色々もきれい。水辺の風景はいろいろなことを気づかせる(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19-1近辺)

   0929_DSC02479_1
新宿区7丁目にある梯子坂、階段と夜景ビルの景観が素晴らしくみえる。ついでに写真の真ん中のある擁壁に、梯子坂の階段と逆向きに階段がある。よく見ると折り返し部分がはねだし構造になっていてカッコイイ。ここからみえる谷間の風景もいい。(住所:東京都新宿区新宿7丁目11−14近辺)

↑このページのトップヘ