夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:街並み

1031_DSC00872_1
渋谷の桜ヶ丘の地形は面白い、崖と坂、さらに建物がいい感じにマッチすると、いい街並みになる。夜限定ではあるが黄色い建物セットで、少しヨーロッパのような雰囲気をみせる。(住所:東京都渋谷区桜丘町15−3近辺)

0611_DSC06146_1
放射状道路がある、国立駅前の街。おのずといい感じのY字路ができる。この店舗の建物の何もないコーナーもいいが、左と右で道路の雰囲気が違うのもいい。(住所:東京都国立市中1丁目18−17 近辺)

     0128_DSC03880_1
芝浦北運河と新芝運河の交差点を芝浦アイランド方向をみる。水路の交差点は水辺が広く、高層ビル光の映り込みが美しい。右を通ってゆく東京モノレールのV字柱脚もなんだかカッコいいし、手間工事中の鉄鋼の山留板もだんだん庭園の水辺にも見えてくる。(住所:東京都港区芝浦3丁目2−29近辺)

   0115_DSC03359_1
JR西荻窪駅の南側にある飲屋街通り、駅側から2本目の通り「柳小路」。さらに無国籍な通りがある。多国籍料理屋がならび雰囲気も変わる。長屋の隙間に共同トイレがあったり面白い通りである。

      0115_DSC03364_1
店前に招き猫もいた。

   0115_DSC03345_1


      0115_DSC03355_1
反対側だが、共同トイレがある。

  0115_DSC03348_1
何件分の共同トイレかわからないが、右側から来てここでぐるっと回る。洗面器の位置もなんかとてもいい。(住所:東京都杉並区西荻南3-11-5 近辺)

   0114_DSC03370_1
JR西荻窪駅の南側にある、飲屋街通り、焼き鳥屋「戎(えびす)」が両側に5店舗くらいある。まるで集落みたいに浸食してる。しかも1月だと言うのに路上で飲んでいる。台湾料理という看板もいいし、左側の外壁もよく、無国籍ないい感じの通りでもある。

   0114_DSC03367_1


  0114_DSC03371_1
(住所:東京都杉並区西荻南3-11-6 近辺)

1211_DSC01641_1
雨に濡れて、街がとっても綺麗だったので・・・・と言い訳をしてから撮る。しまった、いい感じに美しくなってしまった。以前からもはや表参道のイルミはないほうが美しい、なんて言っていたのに。特にこのあたり、左右の建物が悪いので、なおさら通りが綺麗にみえる。横断歩道は警備員に止まるなと言われるので、ちょいといけないところで。(住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12−10近辺)

      1127_DSC00568_1
わずかな曲りだが、街並み商店街的には魅力が倍増する蒲田駅西口にあるバーボンロード。片側は東急池上線高架下の飲屋、日曜日で閉まっていた店が多かったが、街の光がクの字に曲がった先の表情をうまく引き出す。

      1127_DSC00587_1
(住所:東京都大田区西蒲田7丁目70−1近辺)

   1125_DSC05341_01
古戸越川跡にできた長い商店街の戸越銀座。その下流にある三ツ木通り商店街。横須賀線と東海道新幹線のガードから戸越銀座まで上がってみる。緩やかに上がっている道、蛇行しながらなかなかいい景色だ。商店は少ないものの、街並みの形に商店街が見える。やがて戸越銀座の看板がみえる。その先から世界は変わる。

   1125_DSC05344_1

   1125_DSC05348_1
(住所:東京都品川区西品川2丁目4−8近辺)

1103_DSC09094_1
隅田川リバーサイドは夜散歩には最適、なかなか素晴らしい風景に出会える。丁度東側は工事中で入れず、照明も消えて真っ暗、尚更対岸の光が綺麗に水に溶け込む。川も曲がり角で、ちょうど清洲橋と新大橋が対比的に見える。見えずらいが真ん中手前に写るのは工事船。(住所:東京都江東区常盤1丁目4−10近辺)

   1029_DSC05774_1
高架等などで車道から立体的に分離 された歩行者専用通路「ペデストリアンデッキ」。代官山のイメージはこのヒルサイドテラス第一期工事部分から生まれたような気がする。その上の共用通路、さらにその上の突き出た部屋と3つのレベルで、街を構成しはじめている。ガラス一枚で街に接するスタイルと比べると、その豊かさがよくわかる。(住所:東京都渋谷区猿楽町29−18近辺)

1021_DSC07656_01
裏の顔にすべてあり、といった感じが凄い、荻窪北口駅前通商店街アーケードの裏側。ここを一番はじめに撮ったのは2年半前、夜の街いがいといけるぞ思い始めたころ。リベンジカットだが、随分と撮り方は変わったが、建物群はほとんどそのまま。表の顔をみると皆びっくりするくらい。しかも駅前の商店街一本入ったところ、そこも荻窪の凄いところかも。

     1021_DSC07760_1
(住所:東京都杉並区上荻1丁目6−14近辺)

   0807_DSC01732_1
麻布十番4丁目にある高速道路下公園。水面の近くまで降りる階段がある。ここから見える古川と高速道路それに左の街並みの水面に写る姿もいい。おそらく再開発でみられなくなる風景の一つだろう。(住所:東京都港区麻布十番4丁目5近辺)

0706_DSC01180_1
新宿御苑の北側道路、ここは夜歩いて気持ちがいい。片側が御苑の緑、それに向かって飲食店がポツポツあり、バルコニー席ありと広い通りでありながら、車の少なくてとても良い。この通りにある御苑の緑に開いお店がいい。「カフェ ラ・ボエム 新宿御苑」大きなガラスで御苑の緑を取り込む。(住所:東京都新宿区新宿1丁目1−7)


0706_DSC01182_1
「中国料理 礼華」バルコニー席が気持ちいい。(住所:東京都新宿区新宿1丁目3−12)


0706_DSC01183_1
「オリオール (AUREOLE)」 カフェのバルコニー席がいい。(住所:東京都新宿区新宿1丁目3−12)



   0627_DSC00045_1
左手前の建物が新しく建って、路地が引き締まり、その先のS字階段が綺麗にみえる。ここからだとS字というか曲面のアールに見えるが。もっとも松本さんの「東京の階段」を読むと、周囲の高層ビルもなく、この通りじたいももっと美しかったみたいだ。周囲が変わりながら魅力を持ち続けるのはなかなか難しい。

      1127_DSC01205_1
近づいてみても、この階段のまわり具合はたいへん美しい。

      1127_DSC01197_1
(住所:東京都新宿区神楽坂5丁目43近辺)

0624_DSC00340_1
虎ノ門ヒルズの影響か、周辺を森ビルに囲まれている場所がらか、この一角の建物はなくなりそうだった。そのトタンの継ぎ方もめちゃめちゃだ。まるでブラックジャックの顔のようなトタン繋ぎ。なくなった玄関庇とともになんかいい。(住所:東京都港区虎ノ門3丁目2−5近辺)

      0621_DSC00082_1
神楽坂のかくれんぼ横丁、石畳に黒塀などが並ぶ路地。暮れて夜になりかけた時間帯に、2人・3人連れの人が歩く。これがまた、別に隠れていないが、いい感じに秘めた路地にみえるから面白い。


      0621_DSC00092_1



      0621_DSC00084_1



      0621_DSC00094_1
(住所:東京都新宿区神楽坂3−1近辺)

   1118_DSC00057_1
マンションの敷地からみる、上からみるといい感じ。うっ、目の前に階段が・・・・。すみません少し上がらしてもらいました。上から眺める菊坂は、これまたいい感じで本郷台地にある谷間の地形がみえる。谷間がみえるいいポイントはなかなか少ない。とても美しい地形、街並だ。(住所:東京都文京区本郷4丁目21−2 近辺)

1113_DSC00597_1
今年の始めに歩道橋が撤去された、原宿駅前の表参道神宮橋。歩道橋がないおかげで広くてわかりずらい神宮橋の存在もわかるし、参道の下り道もよく見える。なくなって景観的に綺麗に、その分信号で待たされることが多くなり、
こういった写真を撮っている。(住所:東京都渋谷区神宮前6−35−3近辺)


0319_DSC02787_1
以前にFBで見た、緑に埋もれた住宅を百人町で見つけた。やはり凄い、街並みとの関係も面白い。夜見ると窓の明かりが見えて内部が少しわかり、カーテンも見える。

      0319_DSC02790_1
時間がたつと3階部分の窓も光り、窓の形がわかる。ちなみ百人町の3丁目には、綺麗に細かく区画整理されている街並みがある。一つの土地がほぼ正方形で、ほとんどの家が塀がないくらい小さい。さらにところどころポケットパークが乱立している不思議な街エリアである。(住所:東京都新宿区百人町3エリア)

0304_DSC01900_1
間口2m足らずの店先、通称「ちょんの間」。戦後の混乱期から、全国の歓楽街にできた風俗店で、「ちょっとの間で事を済ます」という意味が有力らしい。

 0304_DSC01900_2
建物の外見は飲屋や小料理屋に装っているが、間口の具合でわかってしまう。我々建築家的には「ちょっとの間口」という意味にしてもいい具合だ。現在は一掃されてその後に、バーなどの飲屋やスナックになっているが、空家も多い。

  0304_DSC01900_3
全盛期をしらない私だか、大岡川と道路に面する所など、こんなオープンな所で営業していたのかと、かつての凄さがわかる。(住所:神奈川県横浜市中区黄金町1、2丁目近辺)

↑このページのトップヘ