夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:螺旋階段

DSC05788_1
どこからの光の影響かわからないまま、倉庫の壁面に螺旋階段の影。美しく壁面にうつる、影のタトゥーだ。あとからグーグルで確認すると一つおいた倉庫壁面の駐車場へのスポットライトのようだ。高くない位置から少し上を照らしているようだ。

DSC05787_1
(住所: 東京都墨田区文花2丁目14−9近辺)

0824_DSC04072_1
綾瀬川沿いの首都高速6号、ガード下で吊られている空中通路と階段。螺旋階段であがり両サイドへ通路ががあり、直線階段で高速へ。吊り構造部材が揺れ防止で様々な斜め材もある。一般人は立ち入り禁止だが、いつか登りたい。

0824_DSC04074_1

0824_DSC04079_1

0824_DSC04078_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目13−26近辺)

      DSC00304_1
淡島通りのスロープで隣地との間に高低差にできたところの4階建てのビル。スロープ道路からだと地上2階、地下2階、段差にうまい具合にあ螺旋階段が収まっている。地下は影で見えない感じがいい。

   DSC00304_01
(住所:東京都目黒区大橋2丁目5−2近辺)

DSC03072_1

DSC03054_1
世田谷通りの立体Y字路、日大商学部の交差点にたつ横断歩道橋。もともと世田谷通り側のスロープ付き横断歩道橋があり、それより高くもう一つ側に歩道橋を増設した感じ。斜面地でのスロープに螺旋階段、増設と不思議な形態に変化している。

DSC03087_1

DSC03101_1

   DSC03079_1

DSC03114_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

      0323_DSC09200_1
暗渠脇にあるアパートへの裏口階段。表入口へ通り抜けできる階段。無理をして蛇行して、途中から螺旋階段ぽくなる。なかなか珍しい形態となる。

      0323_DSC08743_1
(住所:東京都文京区大塚6丁目15−6近辺)

      0503_DSC01386_01
東京ガスエネルギー 東部支社のガスタンク、隅田川土手から。夕焼け背景で影になり気がついた、ガスタンク並び、間のブリッチ&螺旋階段の存在、美しい。

0503_DSC01384_1
(住所:東京都荒川区南千住3丁目28−58近辺)

DSC02350_1
門前仲町の永代通りに面する佐藤光彦設計の「おか田ビル」。1、2階店舗で3階から住居という感じなのか。街並みに対しての解決案として、前面に階段を持ってきている。直階段から螺旋階段と変わる。なかなかいい外部空間をつくる。

      DSC02354_1
(住所:東京都江東区富岡2丁目1−10近辺)

  0308_DSC07607_1
見次公園の池を上がったところにある立体Y字路。細い鋭角敷地に建つ建物。先端には螺旋階段があり、真ん中正面、右降りる道路側、左上がる通路側とどちからから見ても、道路の流れと立体の対比がカッコいい。

0308_DSC07608_1


0308_DSC07609_1
(住所:東京都板橋区前野町4丁目62−14 近辺)

      0227_DSC00833_1
この坂はいい、しかし名無しの坂だ。電車で恵比寿駅から目黒方面へ、ガーデンプレイス前に坂がある、その反対側、山の向こうの坂だ。

 

      0227_DSC00833_2
狭くて車は通れない真っ直ぐでない路地がいい、谷町との関係や景観もいい。さらにV字で折り返すところに崖を上る建物のらせん階段がある。なんだかいろいろな要素が面白いことになっている。


0227_DSC00844
反対側のV字路にたつ建物も塀をふくめてカッコいいことになっている。



   0226_04
螺旋階段を少し登った所からみる。崖や坂、建物の構成がわかり安いポイントだ。(住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目7−8近辺)



↑このページのトップヘ