夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:蓋暗渠

      DSC05623_1
阿佐ヶ谷駅近くに支流で4本並んでいるところの少し下流。塀に囲まれた蓋暗渠細道。暗い中に灯りもあり、蛇行しながらどこまでも続く感じが迷宮を作り出す。

阿佐ヶ谷北_支流3_1

      DSC05624_1

      DSC05625_1

      DSC05626_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目21−10近辺)

      0927_DSC05615_1
阿佐ヶ谷駅近くに支流で4本並んでいるところがあり、夜は迷うのでなお面白い。2本目の蓋暗渠細道の緑のトンネル。下流側から入ると途中で躊躇、どこか庭先的な雰囲気。面白いことに反対側の上流からだと進めた、どこか入り口に違いが。

0927_阿佐ヶ谷北_支流2_1

      0927_DSC05619_1

      0927_DSC05620_1

      0927_DSC05621_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目39−9近辺)

0924_DSC05612_1
東京「暗渠」散歩で吉村生さんが「桃園川歩きの楽しみは、むしろこういった脇道探索に」と語っている。阿佐ヶ谷駅近くに支流で4本並んでいるところがあり、夜は迷いながらでなお面白い。田んぼなどでもっと多くあったのかもしれないが、跡道が面白いカタチで残っている。蓋暗渠道でまっすぐ伸びて曲がっているところ。この曲がり風景がとてもいい。

     0924_DSC05607_01

      0924_DSC05611_1

0924_DSC05613_1

0924_阿佐ヶ谷北暗渠_支流1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目39−9近辺)

     0711_DSC03695_1
堀切菖蒲園駅近く、川の手通りに面する商店長屋群。北側の平和橋通りの方も面白い。脇道には地面に橋跡と手摺、使われていないスペースもあり、最北は西井堀の蓋暗渠と進入禁止ポールとなる。

0711_DSC03690_1

      0711_DSC03688_1

0711_DSC03705_1

0711_DSC03696_1

      0711_DSC03708_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目5−1近辺)

      DSC01114_1
神田川の釜寺支流、この辺りは段差擁壁もあり、奥まったいい路地、蓋暗渠道がある。妙にあう背の高い進入禁止ポールが似合う。環七で行き止りになるが、緑に囲まれた、いい雰囲気の蓋暗渠路地、

      DSC01108_1

      DSC01109_1

      DSC01124_1
(住所:東京都杉並区和泉4丁目42−3近辺)

↑このページのトップヘ