夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:葛飾区

      DSC04934_1
台風前に見た金町浄水場、とんがり帽子屋根の第二取水塔、ドーム型屋根の第三取水塔(第一取水塔は取り壊されてなし)。土手上から見る塔とブリッチ、背景の対岸の町々の灯りや影が美しい。

DSC04928_1

DSC04915_1

DSC04910_1
(住所:東京都葛飾区金町3丁目43−22近辺)

1020_DSC04882_1
台風前に見た金町浄水場、とんがり帽子屋根の第二取水塔、ドーム型屋根の第三取水塔(第一取水塔は取り壊されてなし)。土手下から見る青と緑のブリッチ姿はいい。背後の街灯りと工作物も面白い。

1020_DSC04897_1
(住所:東京都葛飾区金町3丁目43−22近辺)

   1007_DSC04907_01
金町浄水場の何の建物だろうか、江戸川土手から見る姿が美しい。2,3階は吹き抜けなのかどうかもわからないが、ガラス越しの鉄骨や機械の影が幻想的に重なる。

1007_DSC04905_1
(住所:東京都葛飾区葛飾区金町浄水場1-1近辺)

1002‗DSC04880_1
江戸川を渡る常磐線と上野東京ラインのトラス橋。下から見ると電車が通った時に光が漏れて美しい。この日は雨上がり、自転車通路に薄くたまった水たまりも反射して別世界に。

1002‗DSC04877_1

      1002‗DSC04874_1
(住所:東京都葛飾区東金町6丁目3−1近辺)

0925_DSC04870_1
江戸川を渡る常磐線と上野東京ラインのトラス橋。2本トラス橋で各左右のトラス構造で、合計4本になる。近づくと三角線がズレて面白い図形になってゆく。背景の町灯りも綺麗で、電車の灯りもいい。

0925_DSC04864_1

0925_DSC04867_1
(住所:東京都葛飾区東金町6丁目10−3近辺)

0924_DSC04813_1
水元公園、河川を堰き止めて作った用水池「溜井」のひとつである小合溜(こあいだめ)。湾曲した一番北側、大場川と並走するところは、人がいない。途中、森の一本道でランニングの人に「道に迷ったここから出るには?」と聞かれる。そんな、灯りが少ない対岸側見えるところが一番良かった。

0924_DSC04811_1

0924_DSC04810_1

0924_DSC04796_1
(住所:東京都葛飾区水元公園7-9近辺)

0921_DSC04836_1
水元公園の小合溜の外留を渡る水元大橋。68.5mの鋼斜張橋で水辺に伸び、湿度が高く霞んでいた。水辺が近い歩道橋はそれだけでいい景色、背後の埼玉側のオレンジライトがいい。

0921_DSC04830_1
(住所:東京都葛飾区水元公園3-4近辺)

0920_DSC04730_1
用水池「小合溜」の調節用の堰「閘門橋」。水元公園の北側にあって、1909年のレンガアーチ橋。上流は新しい葛三橋が近くにあって見づらいが、真ん中の不思議な帆先、左右のアーチ水門、左右陸地の部分まで含めて、色んなカタチが存在する。100年以上たつ素材感、デザインもいい。

   0920_DSC04756_1

     0920_DSC04742_1

0920_DSC04776_1

0920_DSC04781_1
(住所:東京都葛飾区西水元6丁目23近辺)

     0919_DSC04784_1
水元公園の閘門橋、行ってみてビックリ、見たイメージと違う。これまで閘門は幾つかみたが、橋の真ん中に上下流方向に船の帆先のようなデザイン。これが凄い、さらにその帆先に謎のオブジェ。ほとんど写真に出ないのは、近接の橋が近すぎていいカットにならないからか。

   0919_DSC04739_1

      0919_DSC04764_1

   0919_DSC04766_1
(住所:東京都葛飾区西水元6丁目23近辺)

0918_DSC04827_1
水元公園、河川を堰き止めて作った用水池「溜井」のひとつである小合溜(こあいだめ)。水辺が近く緩やかな風景の公園で広い。蛇行する南側方面はパーンと開けている。向こう側の埼玉県側はオレンジライト、こちら側はホワイトライト、違った世界が水路を挟んで同居、その対立する世界が美しい。

0918_DSC04826_1

0918_DSC04828_1

0918_DSC04856_1

0918_DSC04850_1
(住所:東京都葛飾区水元公園3近辺)

0917_DSC04698_1
大場川を渡る葛三橋、向こうに見える風景は埼玉県八潮市。八潮南公園の緑に低層の家々という風景。夕焼けと水辺のマジック、東京都23区の北側にはとんでもない水郷の風景があった。

0917_DSC04703_1
(住所:東京都葛飾区西水元6-23近辺)

0613_101_0234_1
曳舟川親水公園の横に立つ、長屋のウラガオ。表よりも裏側の微妙な線、構成がいい。連続しながら変化、クビレが意図的じゃない面白さがある。

0613_101_0236_1

0613_101_0242_1
(住所:東京都葛飾区白鳥2丁目2−20近辺)

     0611_101_0267_1
お花茶屋駅前、線路脇の面白い建物。横の路地はおそらく暗渠、そのためか1階の壁が斜め。それだけでも珍しいのに角は平面も斜めなので、壁がねじれているようにも見える。取りつく配管の姿もいい。

0611_101_0271_1

0611_101_0264_1
(住所:東京都葛飾区宝町2丁目36−9 近辺)

0608_101_0254_1
お花茶屋駅前商店会の脇にある赤く光る商店街。駅近くなのだが片側は閉じた店が多い。中華屋さんの赤い提灯の色が路地に対面店舗表面に映り込む。

      0608_101_0246_1

0608_101_0250_1

0608_101_0256_1
(住所:東京都葛飾区宝町2丁目36−14近辺)

0605_101_0336_1
京成高砂駅近くにあった、スケルトン駐輪場。構造体がきれいに透ける。本当は乳白アクリル波板なので透けない。しかし明かりの関係で透ける、意図的ようにみ見え綺麗だ。

0605_101_0334_1
(住所:東京都葛飾区高砂5丁目36−6近辺)

0523_DSC00975_1
西小菅商盛会から一本入った交差点に向き合う草津湯と高橋商店。小菅1丁目の街並みはところどこに、面白い建物、街角がある。

0523_DSC00977_1
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目17−3 近辺)

0515_DSC00979_1
いまは商店街とは呼べない感じかもしれないが、栄えていた時代が、そのまま幾つ残る。通りの看板建築、一つ入った道のお魚屋さんが元気だった。

0515_DSC00978_1
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目18−9近辺)

DSC01002_1
古隅田川遺構跡にある古隅田川緑道。遺構というよりも美しい水路緑道になっている。遺構ぽい新旧の橋の雰囲気もいいし、なによりも背景の街灯りとの融合が美しい。

DSC00998_1

DSC00999_1

DSC01003_1
(住所:東京都葛飾区小菅4丁目2-49近辺)

0508_DSC00966_1
小菅1丁目にある西小菅商盛会という商店街。かつて栄えていた時代の不思議な感じがのこっている。その一角にある5連続の長屋。その後の時代による増築か、それぞれカタチが違って繋がっている。

0508_DSC00968_1
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目16−18近辺)

   0503_DSC00982_1
綾瀬川上の小菅ジャンクション。交差する形としてはお隣の堀切ジャンクションと同じ。内側と外側から、見える姿がそれぞれ変わる。下の道路や橋との絡みもオモシロイ。

0503_DSC00917_1

0503_DSC00989_1

0503_DSC00993_1
(住所:東京都葛飾区小菅3丁目1-2近辺)

↑このページのトップヘ