夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:荒川区

DSC04907_1
面白い場所の作り方、点在する印刷工場の建物をトタン壁で繋げて駐車場を作っている。コートハウスの中庭のような、コート駐車場。地と図が反転して駐車場のための青いトタン壁がある。

DSC04909_1

DSC04912_1

DSC04908_1
壁の向こう側の構成も面白い。(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目3−13近辺)

0626_DSC04990_1
日暮里公園の山にあるローラー滑り台。カラフルな色で足の形状からムカデみたい。やはり楽しいみたいで夜なのに子供が滑っていた。

      0626_DSC04989_1

      0626_DSC04986_1

0626_DSC04992_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目11-3近辺)

DSC04943_1
カバ公園(東日暮里二丁目児童遊園)のカバ滑り台。背中階段から上がって頭をぬけて口から滑る。カバの口をあけた間抜けな顔、死んだような目の丸がなんといえない表情まで出ている。

DSC04959_1

DSC04935_1

DSC04939_1
(住所:東京都荒川区東日暮里2丁目17-11近辺)

0611_DSC04914_1
東日暮里3丁目のY字路にある駐車場&倉庫。綺麗なブロック積み壁。道にそって少し曲がり、鉄骨材らしき柱で分割。形態も面白い。

0611_DSC04923_1

0611_DSC04919_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目5−2近辺)

0609_DSC04970_1
カンカン森通りという名前に惹かれた。途中に神々森猿田彦太神があり、もともとは江戸時代「第六天社」と称した当地を「カンカン森」と呼び、竹藪の寂しいところだった。確かに面白い通りで東方向は両側のサクラの緑でトンネルに。西方向は古い建物の凸凹が美しい。

0609_DSC04975_1

0609_DSC04973_1

0609_DSC04978_1

0609_DSC04980_1

0609_DSC04969_1
(住所:東京都荒川区東日暮里2丁目47−4近辺)

DSC01693_1
道路向こうは谷中の花見寺前児童遊園、色んな要素の組み合わせの遊具。穴の開いた二枚の壁に雲梯、飛び石のような高さの違う円柱となかなか楽しい。

      DSC01688_1

DSC01689_1

DSC01695_1
(住所:東京都荒川区西日暮里3丁目18−7近辺)

0514_DSC01642_1
カタチが面白い千歳湯。おそらくは斜面地利用もあり、1階が柱で2階が出ていて、銭湯玄関に唐破風屋根をつけた。でもなんだか銭湯の上に増築したように見える、そこが面白い。

0514_DSC01643_1

0514_DSC01645_1

0514_DSC01640_1
(住所:東京都荒川区西日暮里4丁目8−4近辺)

0502_DSC09841_1
東日暮里6丁目の住宅街のY字路。私道へ分かれるようなY字路。建物は倉庫ぽい住宅のようだがシャッターが空いたら何が出てくるか。

      0502_DSC09843_1

0502_DSC09842_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目24近辺)

0423_DSC01673_1
日暮里崖線の段差から見える風景。4つの流れが見える。左から崖上の道、分かれる名無し坂、山の手線と京浜東北線、高架の新幹線。さらに右側は低地の街並みが広がる。ちょうど2つの電車が通り、不思議な色の写真になった。(住所:東京都荒川区西日暮里5丁目38-5近辺)

0420_DSC09999_1
東尾久一丁目児童遊園にある階段つき山型滑り台。奥まった住宅に囲まれたところに位置していて、逆行ライトアップで主役感バリバリ。囲む住宅のボヤッと光感じが面白い、まるで舞台のようだ。

   0420_DSC09990_1

0420_DSC09997_1

0420_DSC09983_1
(住所:東京都荒川区東尾久1丁目24−21近辺)

0416_DSC09950_1
荒川五丁目東児童遊園にあるカメ型水飲み場、なかなか良く出来ている。甲羅上が水栓水受けで、しっぽの方に流れる溝、背が低い人のために、足や顔のところが踏台。それでも届かぬ人のために円形甲羅が一部削れている。光と陰でいい表情になっている。
0416_DSC09945_1

0416_DSC09953_1

0416_DSC09946_1
(住所:東京都荒川区荒川5丁目7−1近辺)

      0414_DSC09927_1

      0414_DSC09928_1
三河島駅北側で広い尾竹橋通りの面し、中通路と繋がる三河島コリアンマーケット。1950年から営業している小さな市場。ウラガワ横の連続するバルコニー通路空間が凄い。中通路もところどころ吹き抜けで空と繋がり、空間体験も豊かに。

0414_DSC09926_1

      0414_DSC09929_1

      0414_DSC09935_1

      0414_DSC09936_1
(住所:東京都荒川区西日暮里1丁目4近辺)

0405_DSC09908_1
荒川区には立派な銭湯が比較的残っている。住宅街にある帝国湯は立派で大きい。前面の道路も狭く、横から見ると大きな空間がわかる。高窓デザインもよく、灯りの漏れ方も街の灯りでいい。シャッター奥の脇に洗濯スペースがあり、豊かな空間構成だ。

     0405_DSC09906_1

0405_DSC09911_1

      0405_DSC09910_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目22−3近辺)

     0402_DSC01656_1
江戸時代初期は秋田藩主佐竹氏の抱屋敷内に、その後町の鎮守になり、1926年に現在地に移転の向陵稲荷神社。斜面地にあり奥まった感じのアプローチが面白い。北側上の通りからだと下がった位置に参道があり階段で降りてまっすぐ、その先直角に曲がり上がる。ショートカットもできるが、地形をうまくつかった参道がいい。桜の季節はどこか上を向いたカットが似合う。

      0402_DSC01657_1

      0402_DSC01662_1

     0402_DSC01651_1
(住所:東京都荒川区西日暮里4丁目7−34近辺)

DSC09978_1
荒川五丁目児童遊園にある三角滑り台。2枚の折れ三角壁の間に階滑り台がある。内壁にも赤い梯子階段があるのが面白い。斜め線効果で見る所により形態に動きがでてくる。

DSC09981_1

DSC09974_1
(住所:東京都荒川区荒川5−24−7近辺)

DSC09922_1
大通りの尾竹橋通りから入ったところにある荒川仲町通りの分岐道。蛇行しながらさらに分かれるところがいい。

DSC09919_1
(住所:東京都荒川区荒川3丁目64−8近辺)

0311_DSC09861_1
東日暮里3丁目の町並み道路、直交する道路には商店が混じる。夜は飲み屋から漏れる光で町をつくる。住宅から漏れる光でも町並みができる。

0311_DSC09893_1

0311_DSC09884_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目17−8近辺)

0304_DSC09862_1
東日暮里3丁目の34~37の4街区で、1つは途中から公園だが4つの路地がある。そしてそれぞれの出口に3、4段の階段がある。なぜこのエリアだけ地面のが上がっている。高さの上りも街区もなぜできたのか謎なところ。

0304_DSC09868_1

0304_DSC09871_1

0304_DSC09873_1

4階段地形_1
(住所:東京都荒川区東日暮里3丁目34~36近辺)

0220_DSC09811_1

0220_DSC09820_1
東日暮里の住宅と店舗が混じる七五三通りに面する脇路地。入口角に八百屋があり、奥には路地上にバルコニーがあって、公と私が入り混じった感じがいい。抜けた先の建物シャッターが空くと町空間が重層化する。電柱がある路地から見る七五三通りもいい。

0220_DSC09818_1

      0220_DSC09833_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目23−5近辺)

0212_DSC09802_1
調べると休業中とでてくる玉の湯。手前のランドリーの灯りはついている。ランドリーの片流れ屋根と銭湯前のピンクの斜め壁もあり、空間がこちらに広がってくるようだ。

      0212_DSC09803_1
(住所:東京都荒川区東日暮里6丁目40−20近辺)

↑このページのトップヘ