夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:荒川区

      0710_DSC02509_1
都電荒川線終点の三ノ輪橋駅へと向かうトンネル状の通路建物「梅沢写真会館ル(三ノ輪王電ビルヂィング)」。雨の中、こちらとトンネル、その先、SFのタイムトンネル空間みたいだ。さてどちらからどこへ。

      0710_DSC02505_1
(住所:東京都荒川区南千住1丁目15−6近辺)

DSC02418_1
千住間道の五差路のY字路部分。雨でぬれた路面が美しく、三角残地が駐車場。Y字路建物も一階と二階で色が違う不思議な立体。ちょうど自転車の動きもあっていい。(住所:東京都荒川区荒川1丁目17−15近辺)

   0706_DSC02350_1
荒川2丁目の広くない路地に面する野崎浴場。立派な玄関構え、屋根は入母屋屋根でむくり屋根。暖かな灯りが路地に漏れる。斜めからみると玄関と大屋根の破風飾りが美しい。

   0706_DSC02347_1

      0706_DSC02354_1
(住所:東京都荒川区荒川2丁目59−2近辺)

0705_DSC02402_1
夜の三河島公園は人がいなく少し物悲しく、その雰囲気がいい。人のいない遊具、既製品ではなく一品生産のモノ、微妙なラインなどとてもいい。模様も面白いがクビが細く長いキリンの滑り台。クビの部分だけ鉄骨で回りにコンクリ補強という感じのようだ。

0705_DSC02399_1

0705_DSC02403_1
(住所:東京都荒川区荒川8丁目25-2近辺)

0701_DSC02331_1
一瞬夕焼けが、雨で風が強く荒れていた本日。夕焼けバックにこの荒川中央通り、なんかとてもいい。幅広いが蛇行して住宅街を突っ切り、赤提灯店舗もポツポツ。電線の横切りも目立っていた。

0701_DSC02330_1

DSC02333_1
(住所:東京都荒川区荒川4丁目55−8近辺)

1224_DSC05023_1
路地先のアイストップになるようなカタチ。住宅では珍しいトサカのような鋭角フォルム。黒色もカタチを際立たしている。(住所:東京都荒川区町屋3丁目近辺)

DSC04982_1
町屋駅近く、京成本線のガードの脇の交差点。T字交差点の突き当りにあるる建物、看板部分から少し切妻屋根が出ている。おそらくは後からの付け足し屋根だろうけど、白地に赤い外壁が家の中に家が、入れ子構造のように見えるハウスインハウスだ。

      DSC04990_1
(住所:東京都荒川区町屋1丁目21−11近辺)

1109_DSC05047_1
江戸川堀暗渠道と脇道。木々が頭に被さり、街灯の影が不思議な立体感を生んでいる。暗渠路地と影の競演が美しい。江戸川堀暗渠道は道路との交差点、そして光と影がいい。

      1109_DSC05048_1

      1109_DSC05061_1

      1109_DSC05065_1

1109_DSC05046_1
(住所:東京都荒川区町屋4丁目25−10近辺)

      1030_DSC05035_1
そこに見慣れないカタチがあった江戸川堀暗渠道。土地所有がわからないが、暗渠道に家がはみ出ている。残余地の三角に四角い家のズレはどこかここち良ささえ感じる? 反対側からは暗渠道がくびれて見える。

      1030_DSC05040_1
(住所:東京都荒川区町屋4丁目近辺)

      1018_DSC05067_1
夜の細道、夜の暗渠道だけでも歩くのは緊張感があるのに、こういった風景に出会うとテンションは上がる。この江戸川堀の暗渠細道にたつ曲がったひょろひょろな木、左右のビルに気にしながら蛇行している。(住所:東京都荒川区町屋6丁目6−9近辺)

1016_DSC05071_1
正確には五差路だが、幅広いY字路部分でこれほど建物が負けていなのが珍しい。左右で街灯の色が違う、左が紫色、右が黄色とわずかな色の違いが立体的を綺麗にみせる。(住所:東京都荒川区町屋6丁目23−18近辺)

   1010_DSC05058_1
江戸川堀暗渠、細道エリアは面白い。まずは暗渠Y字路を。暗渠とY字路の親和性は高い。暗渠細道は緊張も相まって、歩くだけで刺激的だ。鋭角土地と暗渠で流れがみえてくる。(住所:東京都荒川区町屋4丁目34近辺)

   0930_DSC05026_01
Y字路は異界への入口という言葉にぴったりなY字路。意図しない街灯が真ん中建物だけ緑色、左右の道は明るい街灯。左右の道は先で左に曲がり先が見えない。見えないことも異界を想像させる。(住所:東京都荒川区町屋4丁目23近辺)

0602_DSC01133_1
電柱の装飾が賑やかな女子医大通り宮前商店会。途中には演歌ポスター張りのスナック。道路向うに鉄塔も見える。都電宮ノ前駅からつながるそんな通り。

0602_DSC01138_1

0602_DSC01136_1

0602_DSC01137_1
(住所:東京都荒川区西尾久2丁目6−10近辺)

      0518_DSC01117_1
東尾久三丁目北児童遊園の横、長い参道の伏見稲荷。コンクリ平板が敷き詰められて遠近法が強調されている。社の小ささからすると面白い。(住所:東京都荒川区東尾久3丁目-18-8近辺)

0515_DSC01539_001
南千住駅日比谷線のガード下。貨物鉄道を渡る跨線橋に自転車用トラックスロープ、階段、エレベータ―がぶつかっているかのような多方向な線が混在する。階段下には公衆トイレまである。まるでクロスプログラミングな世界。

0515_DSC01543_1

0515_DSC01546_1
(住所:東京都荒川区南千住4丁目3−1近辺)

0514_DSC01357_1

0514_DSC01331_1
南千住にあるベットハウス(簡易宿泊所)。それぞれあとからエアコンか空調設備の増設配管。一方は冷媒管とドレンの縦方向、一方は横ダクトなので空調か? 二つは違うが、窓と配管の規則的な並びが美しい。

0514_DSC01343_1

0514_DSC01355_1

0514_DSC01327_1

0514_DSC01337_1
(住所:東京都荒川区南千住3丁目近辺)

0513_DSC01399_1
JR貨物の隅田川駅にかつて運搬用の水路があった。その一部が少し残っている瑞光橋公園。水路はほんのちょぴりなんだけど、混在する景色がいい。公園水路先に瑞光橋、隅田川、高速道路、白鬚東アパートと層状に並ぶ。とても凄い背景。

0513_DSC01397_1
(住所:東京都荒川区南千住8丁目18−1近辺)

0513_DSC01006_1
西日暮里にある冠新道商店街。西側の西日暮里方向のほうは並木がある商店街。東側の明治通りのほうは並木がなくなり店舗が通りの雰囲気をつくる。

0513_DSC01007_1

0513_DSC01010_1
(住所:東京都荒川区西日暮里6丁目32−5近辺)

0512_DSC01406_01
荒川区南千住四丁目、汐入地区に巨大な隙間、空間として存在するJR貨物の隅田川駅。品川区八潮にある東京貨物ターミナル駅と並ぶ、東京の二大貨物駅。コンテナ置き場と長い線路で、長~い先まで空間が見える。東京でこれだけ空いている空間は珍しい。

0512_DSC01412_1

0512_DSC01414_1

0512_DSC01409_1
(住所:東京都荒川区南千住4丁目9−7近辺)

↑このページのトップヘ