夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:荒川

     0722_DSC02771‗1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。一般道の鹿浜橋へと降りてくるガードの下。一般道ということもあって人がすぐ近く、真下に入れる。こちらにグッとむかってくる感じがいい。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

      0716_DSC02804_01
荒川を渡る鹿浜橋から見る水上の船着き場。土手は真っ暗なところに、幾つかある。背後に川口の高層マンションの光が伸びる。暗い水面に光、少し光る船着き場の小屋、なかなか美しい水面風景。

   0716_DSC02803_1
(住所:東京都足立区鹿浜2丁目7−15近辺)

      DSC03736_1
三河島にある荒川仲町通り商店街、かつては小さなアメ横と言われる、狭い路地で活気ある商店街。周辺の人もでてきてお話していたり、下町の生きた商店街。

DSC03737_1

DSC03760_1

      DSC03768_1
(住所:東京都荒川区荒川3丁目13−5近辺)

      1204_DSC03714_1
荒川1丁目の街区なかの路地。曲り路地の交差するところに井戸がある、曲がってさらに物干し台もある路地。路地に生活があったころの名残、そういった空間がこの辺りにはまだある。

      1204_DSC03717_1

1204_DSC03718_1

      1204_DSC03719_1

1204_DSC03731_1
(住所:東京都荒川区荒川1丁目近辺)

1020_DSC02118_1
荒川と旧中川を結ぶ閘門(こうもん)の荒川ロックゲート。両側が階段型護岸は観客席になっていて、いい感じの公園にもなっている。しかし夜は入れず眺めるだけだった。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目2近辺)

DSC04900_1
荒川区役所前、道路を挟むがほぼ一体な荒川公園。中心にある円形池の真ん中には日本には珍しい太湖石みたい石山。円形状に凹んだところの突起。区役所玄関の高い所からみるとさらに凹んで見え、それが中心性をましている。(住所:東京都荒川区荒川2丁目2−2近辺)

0807_DSC04856_1
荒川区8丁目、L字の三河島水再生センターの荒川自然公園に囲まれたエリアがある。時が少し止まったようなところにある、研磨工業所。集落並みの多造形な繋がり。ほぼブルーのトタニズムでほぼ一色なので、造形力に惹かれる。

   0807_DSC04860_1

0807_DSC04848_1
(住所:東京都荒川区荒川8丁目18近辺)

0728_DSC05027_1
尾竹橋通りともう一つの通りのY字路。道路幅は広いY字路ながら、建物は小さく、大きさの対比がオモシロイ。2つの通りの光も違っていて対比している。(住所:東京都荒川区荒川5丁目12−9近辺)

0719_DSC05023_1
京成本線の尾竹橋通りガード、道路とガードが鋭角で交わるため、構造スパンが長く、支える柱梁構造体が不思議な4列になっている。外側の2列がコンクリートで、内側の2列が鉄骨。間が歩道になっていて、道路歩道の三層空間がいい空間だ。

0719_DSC04974_1

0719_DSC04996_1

0719_DSC05025_1

0719_DSC05038_1
(住所:東京都荒川区荒川7丁目42近辺)

0717_DSC05000_1
京成本線の尾竹橋通りガード下のY字路カッコいい。ガードを支えるコンクリートと鉄骨の2重の柱梁、右側京成本線の高架橋の出梁風景、左側は駅中心地に向って光が強くなる、この対比もいい。

0717_DSC04988_1
反対側のカットも黄色い注意鉄骨が入り面白い。(住所:東京都荒川区荒川7丁目42近辺)

0715_DSC04943_1
荒川4丁目あたりは、まだまだ狭い路地に古い民家がのこったエリア。この通りは長屋トタン二ズムがちらっとみえるが、蛇行する道に、その先の食事屋さんや飲屋さんがあるいい通り。バックに町屋駅周辺の高層ビルも借景という対比もあり、いい町並だ。

0715_DSC04957_1

  0715_DSC04966_1
(住所:東京都荒川区荒川4丁目45−6近辺)

0711_DSC04879_1
緩やかなアールで、正面玄関、その前の公園を包みこむ荒川区役所。役所建築の好例だ。玄関アプローチもスロープで半階上がっていて、階段で下がって地下駐輪場にもいける。無理なく立体的なかんじもいい。

0711_DSC04908_1

0711_DSC04903_1

0711_DSC04888_1
(住所:東京都荒川区荒川2丁目2−3近辺)

0710_DSC04925_1
大通りのビルの間に、鳥居入口は面している。進んで左に曲がった先に三峰神社と袈裟塚の耳無不動のY字路になっている。周囲は変わっても不思議なカタチで残っている。特に耳無不動・・・・、なんだそれって感じで調べたら難しかった。しかしこの配置は面白い。

0710_DSC04915_1

0710_DSC04923_1

0710_DSC04928_1
(住所:東京都荒川区荒川3-22近辺)

荒川区HP「三峰神社 袈裟塚(けさづか)の耳無不動」

DSC02150_1
荒川の新船堀橋から見る都営新宿線のトラス橋。その向こうの街灯りが美しい。蛇行して曲がっているからずっと街が続いているようにも見える。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目6ー2近辺)

0622_DSC04293_1
綾瀬川に並行な直線高速に対して二股でわかれる堀切ジャンクション。河にまたがり2重にかさなり流れている。高速道路の路面断面の重さが、全体だと感じられない、一種軽快ささえ感じる。

0622_DSC04280_1

0622_DSC04274_1
(住所:東京都葛飾区堀切2丁目8−3近辺)

0522_DSC02195_01
中川護岸から首都高速中央環状線を見る、その向こうには砂町の街並みがバックで写る。少し高く歩く人がいない護岸、見える風景は美しい。と思っていたら階段の影に、地元の若い高校生くらいの人達がこの夜景を楽しんでいた。高速道路の灯りが水辺に落ち、鉄塔や船着き場とサブキャラもあり、豊かな風景となっている。(住所:東京都江戸川区北葛西2丁目1−4近辺)

0218_DSC00927_1
東京のひがし側から、荒川の葛西橋からスカイツリーをみる。真ん中やや左の小さいのがスカイツリーだ、小さくないが。西側からみる世界と全然違う。(住所:東京都江戸川区西葛西2丁目5−5近辺)

↑このページのトップヘ