夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:脇路地

      DSC04534_1
亀有駅南口からつづく亀有ゆうろーど(亀有銀座商店街)の脇路地。亀有食品市場の脇出口の横のこの路地に惹かれる。いい路地だ、その先のシャッターの締まったタイルのペットショップ建物も。

DSC04500_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目20−5近辺)

      1102_DSC04899_1
三茶三角地帯の一角にある三茶小路飲食店街。その脇、裏道はもっと細い路地があり抜けられる。看板、室外機、配管、街灯、色んな要素が詰まった路地。その先に開ける空やビル群もみえるいい通り。

      1102_DSC04886_1

      1102_DSC04910_1

      1102_DSC04901_1

      DSC04893_1

      DSC04886_1
年々店舗が綺麗になってゆく三茶小路飲食店街。手をいれお店もだんだん復活している感じだ。

   DSC04888_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−7近辺)



      DSC04515_1
亀有ゆうろーど(亀有銀座商店街)から脇路地先の鍼灸院。自販機とテントの向こう行き止まり、木製建具の玄関と看板の立ち姿がいい。

DSC04517_1

      DSC04514_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目33−2近辺)

0529_DSC01768_1
人込みを避けての夜散歩。高円寺庚申通り商店街の脇路地。店舗側面の配管壁。空調配管のエアコン・ダクト、給排水配管と給湯器、電気配管とメーター・照明、配線配管と機器が整理され、赤壁に。(住所:東京都杉並区高円寺北2丁目22−11近辺)

0206_DSC07810_1
緩やかな勾配で、幾つか曲がり建物がそれぞれ魅力的にみえてくる三崎坂。面する店舗の脇路地、バックヤードみたいな感じだが生活感あふれていい路地だった。

      0206_DSC07809_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目2−3近辺)

      0109_DSC06881_1
看板はあるが寂れている、L字のスバル飲食街。ぽつぽつ店舗もぬけて空き地があり、建物のヨコガオも凄い。脇路地も通りなのか駐輪置き場なのわからないが、凄い雰囲気を保っている。

   0109_DSC06874_1
(住所:東京都葛飾区新小岩2丁目7−12近辺)

1221_DSC06271_1
曳舟たから通りには看板建築が多い。かつての繁栄がみえる通りでもある。この中華料理屋「燕京亭」さんの壁面はとりわけ美しい。生活感あふれる脇路地とすました顔の看板建築。表と裏が見え隠れする。(住所:東京都墨田区京島2丁目27−9近辺)

      0827_DSC04044_01
旧東海道の脇路地、割烹神戸家の路地。神戸家はもうやってないみたいだが、看板と石畳路地。その近辺の海側の脇道は段差地形も残っていて面白い。

      0827_DSC04057_1

      0827_DSC04060_1
(住所:東京都品川区北品川2丁目28−18近辺)

0708_DSC01731_1
十条銀座商店街の脇道にある、いい大衆酒場「斎藤酒場」。店と路地の雰囲気もいい。その先にもある脇道、ここも店舗群の並び、配管もうねって面白い。いい商店街は脇道も面白い。

      0708_DSC01759_1
(住所:東京都北区上十条2丁目30−13近辺)

      0125_DSC05818_1
原宿のキャットストリート(渋谷川暗渠)のウラガワに、脇路地みたいなところがある。表側からの影響か、ここの建物たちが段々色づいてきて、いい感じの路地裏になっている。中には不思議な銀紙ハウスもある。

      0125_DSC05810_1

      0125_DSC05814_1

      0125_DSC05821_1
(住所:東京都渋谷区神宮前3丁目27-8近辺)

1120_DSC00952_1
上板橋駅の南側、一本いった脇細道路地。トタン二ズム壁に惹かれて、反対側のお店の照明もいい感じに路地だ。反対側からは三角店舗の角の窓影が美しい。

      1120_DSC00939_1

      1120_DSC00950_1
(住所:東京都板橋区上板橋1丁目26−9近辺)

      1023_DSC01393_1
新小岩駅前からのびるアーケード街「ルミエール」。終わりのほうは江戸川区にある。アーケード末端と路地、ちょうどここから雰囲気が変わるところでもある。こちら側の路地は丁度、区の境界でもある。エッジや境界はそうみるとオモシロイ。

1023_DSC01407_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目40−1近辺)

      0203_DSC05326_1
町ぐるみで路地をできるだけ石畳にしている荒木町。たまにいくと新しく石畳になっているところもある。通り名がない脇路地、つなぐ路地もまたいい。ここ「たまる」前の路地は細い石畳だ。それがなんだか、飛石みたいで実にいい。(住所:東京都新宿区荒木町2−3近辺)

      0206_DSC05313_1
夜は石畳が光の具合で濡れたように見えて魅力的。手前に自転車にあったカラフル風車を入れてみた。手間と路地向うの世界がイロっぽく見えてくる。(住所:東京都新宿区荒木町7−1近辺)

↑このページのトップヘ