夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:羽田

      1228_DSC04282_1
大田区羽田3丁目、6丁目にのこる路地。漁港町のなごりか、それぞれおおしろい。道なのか通路なのか、私道なのか、通れるか悩みながら。

      1228_DSC04289_1

      1228_DSC04304_1

      1228_DSC04313_1
(住所:東京都大田区羽田3丁目、6丁目近辺)

1227_DSC04208_1
内側の高さが下がる、堤防高さが段々と上がっているのかもしれない。段差、高低差がある風景はオモシロイ。そのなかでも鉄骨階段がならぶ堤防風景はとてもいい。

1227_DSC04200_1
その先の高低差風景もいい。

1227_DSC04202_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目12−8近辺)

1227_DSC04209_1
もうなくなったと思っていたが、多摩川の船泊建物。船がある風景だけじゃなくて、増殖していく船泊建物のバラックぶりがカッコいい。後ろの風景とのギャップもある。

1227_DSC04211_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目33−6近辺)

      1223_DSC04234_1
羽田3、6丁目に残る旧レンガ堤のある通り。階段がついていたり、さまざまな痕跡がオモシロイ。うねる堤の曲線が昔の海岸線、壁があるこで不思議な領域や使い方を生んでいる。

1223_DSC04239_1

1223_DSC04227_1

      1223_DSC04268_1

1223_DSC04215_1
(住所:東京都大田区羽田3丁目35−4近辺)

     1220_DSC04191_1
多摩川と海老取川の合流地突端から川に飛び出る「五十間鼻無縁仏堂」。高さある護岸を上がって下がり、一直線のブリッチのアプローチ。

1220_DSC04180_1

1220_DSC04188_1

1220_DSC04194_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目11−5近辺)


1220_DSC04185_1
その反対側の堤防風景、鳥居もある。

1219_DSC04176_1
羽田の海老取川護岸の階段痕跡。取ったあとが綺麗に残っている。それだけじゃなくて、工事用フェンスに自転車、その手前のパイロン、右側の鉄骨撤去跡の黄色い丸と、いろんな要素が護岸壁前で出会っている。(住所:東京都大田区羽田5丁目30-7近辺)

↑このページのトップヘ