夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:綾瀬

0831_DSC04084_1
路地先の公園、クルドサックのような植栽スペース。どこか間がいい配置。高速道路と左右の家のフレーミングのなかでとても美しい。幾つかの空間と街灯りの色がある。

0831_DSC04082_1

0831_DSC04083_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目2−1近辺)

0824_DSC04072_1
綾瀬川沿いの首都高速6号、ガード下で吊られている空中通路と階段。螺旋階段であがり両サイドへ通路ががあり、直線階段で高速へ。吊り構造部材が揺れ防止で様々な斜め材もある。一般人は立ち入り禁止だが、いつか登りたい。

0824_DSC04074_1

0824_DSC04079_1

0824_DSC04078_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目13−26近辺)

DSC04088_1

0818_DSC04093_1
綾瀬駅から少しいったところにある美しい塀の通り。とても長い、どうやら個人所有の建物ようだが、漆喰の建物と蔵の建物もいい。長さだけではなく高さも低い塀で、街並みをつくる。

0818_DSC04089_1

0818_DSC04096_1

0818_DSC04085_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目5-4近辺)

DSC07205_1
雲海山人というコンセプトにあう、東京郷武道館の正面からガタガタ、山が重なってみえる。光が少し漏れ、金属パネルの光具合も連なる山の風景のようだ。

DSC07215_1

DSC07225_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目20−1方面)

合成に手間取ったが、この日は1月12日、大学時代に非常勤講師だった六角鬼丈さんのお亡くなりになった日だった。半期の授業が終わったあと六角工房にバイトに行くようになり、2年くらいお世話になった。バイト一日目がコンペで勝ったこの東京武道館の基本設計が始まったころで、建物周辺の建物階数調べで1日この周辺を回ったのを憶えている。授業でもバイトでも色んな影響を受けました。お世話になりました合掌。

0131_DSC07562_01
綾瀬駅ガード下の駅前木村青果店、通りもあり角になっている。そこの看板とテントの感じがとてもいい。街角風景としてもいい。

0131_DSC07564_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目1 -27近辺)

0126_DSC07581_1
綾瀬駅のガード下、二つガード間が、いい感じのガードサイド通りになっている。店舗やスーパーもある。ガードの隙間に対応するように真ん中の排水溝がある。

      0126_DSC07588_1

      0126_DSC07599_1

0126_DSC07582_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目6−7近辺)

      0819_1652_1
綾瀬駅ガード下からみえる夕焼け。なんともない、けっして古くないガード下なのだけれでも、普通に昭和の香りがあるところが、足立区綾瀬って感じだ。間から見える線路の鉄骨群が美しい。(住所;東京都足立区綾瀬3丁目1−1近辺)

↑このページのトップヘ