夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:細路地

      1116_DSC05272_1
変わりゆく月島。それでもんじゃストリート周辺にまだまだリアル路地と民家は残っている。少しずつ変わりながら電柱に植栽の細路地。

      1116_DSC05295_1

      1116_DSC05296_1

      1116_DSC05302_1
(住所:東京都中央区月島1、3近辺)

      1027_DSC03408_1
中台3丁目24の小さな窪地に、入り組んだ迷宮細路地がのこっている。坂道路地、曲がりあり、その先に見える2段階階段も美しい。

      1027_DSC03406_1

      1027_DSC03414_1
(住所:東京都板橋区中台3丁目24-4近辺)

      0704_DSC02037_1
周囲は大型再開発でどんどん変わる西新宿5丁目。地形と古い街区が残るここにいい感じの路地が残っている。塀と家の間で狭く、いい雰囲気な抜け道。

      0704_DSC02045_1

      0704_DSC02047_1

      0704_DSC02041_1
(住所:東京都新宿区西新宿5丁目12−14近辺)

      0618_DSC00979_1
人込みを避けての夜散歩。いもり川暗渠脇にある低地に住宅密集地がのこされいる。広尾では珍しいエリアで細い路地、生活路地が、いい感じの風情で幾つも残っている。

0618_DSC00974_1

      0618_DSC00980_01

      0618_DSC00981_1

0618_DSC00972_1

      0618_DSC00988_1
(住所:東京都渋谷区広尾2丁目近辺)

DSC07690_1
中目黒にある旅荘の建物の間にある路地。住宅へのアプローチか、細く長くのびる路地。京都の町屋のようでもあり、ここを通る人の物語もみえてきそうだ。

DSC07687_1
(住所: 東京都目黒区中目黒3丁目近辺)

      0416_DSC09177_1

      0416_DSC09182_1
月島の路地も狭いが、幅が一層狭くなるのが佃島の路地。それでも通り抜けられる。途中に路地空間に生活空間が混じるような感じがする佃島の路地。

      0416_DSC09206_1

      0416_DSC09214_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

      0305_DSC09052_1
中野駅北口のアーケード横の路地がいい。いきなり細い路地、提灯の灯りの先の横路地があり、上にはビル屋上にある看板。ロータリーから狭くなり、そこから広がる世界。

      0305_DSC09046_1

      0305_DSC09126_1
(住所:東京都中野区中野5丁目63−2近辺)

      0306_DSC09178_1

      0306_DSC09180_1
(2020年2月の写真)

      1212_DSC04911_1
青梅駅近くにある「猫町にゃにゃまがり」。おそらく後からつけた名前で路地を猫で差別化。路地沿いに幾つか古い建物。周囲はポツポツ空地で見え方も変わりつつ、細道体験は面白い。

1212_DSC04917_1

      1212_DSC04924_1

1212_DSC04926_1

      1212_DSC04929_1
(住所:東京都青梅市仲町252近辺)

1120_DSC00952_1
上板橋駅の南側、一本いった脇細道路地。トタン二ズム壁に惹かれて、反対側のお店の照明もいい感じに路地だ。反対側からは三角店舗の角の窓影が美しい。

      1120_DSC00939_1

      1120_DSC00950_1
(住所:東京都板橋区上板橋1丁目26−9近辺)

0226_DSC09283_1
再開発で駅前が面白くなくなった武蔵小山駅。少し路地を入った先に、昔何処かで見た風景が。今ではあまり見かけなくなった医院の赤い照明、少し怖いのを覚えている。その左の細い路地、伸びた先に赤い店舗の照明が。(住所:東京都目黒区目黒本町3丁目5−11近辺)

↑このページのトップヘ