夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:第二体育館

0713_DSC05072_1
風景が変わりつつある、渋谷駅周辺再開発。少し離れたところのほうがその凄さがわかる。ここ代々木公園のNHK脇の道、公園通りをみる。その先の渋谷駅とは高低差約18mくらいだが、イメージできないくらい埋まりつつある。(住所:東京都渋谷区神南2丁目2−1近辺)

0716_DSC05069_1
耐震工事で所々仮設で囲まれている国立代々木競技場、フットサルコートやスポーツカフェはやっている。そのスポーツカフェは地中に埋め込まれて屋根は芝が惹かれている。それがそのまま第二体育館の円盤の基壇になっている。このころの丹下さんは、ランドスケープ型建築は面白い。(住所:東京都渋谷区神南2丁目1−1近辺)

0129_DSC07672_1
吊構造は見る所によって、まった見え方が変わる。国立代々木競技場とくに第二体育館はそうだ。NHK側のほうからみると円盤にみえる。街燈の具合で樹木の影が建物かかる。これまた不思議な感じだ。

0124_DSC04921_1
後日のカット。フットサル場の光を拾ってかっこよい。

0202_DSC08170_1
さらに後日のカット(2018年1月)。(住所:東京都渋谷区神南二丁目1-1)

0612_1
国立代々木競技場第二体育館、昼夜とわずイイデザインだが、夜は光りが漏れる姿が素晴らしい。

1021_DSC07044_1

0612_2
形も凄いがチラッと見れる光りと天井に惹かれる。吊り構造の曲面天井の流れるような光りだ。

0612_3
大学のバスケットゲームをやっていて無料で入れた。一本の構造体から吊構造の屋根が広がる、巻貝のような空間。
見る所で天井の形が変わる。写真左側からのカットの方が天井全体がみえる。

0612_4
なんといっても、真ん中に構造体、右に入口、左に競技スペース観客席のカットがカッコイイ。やっぱり凄い。(住所:東京都渋谷区神南2−1−1)

      0107_DSCN3849
本日、夜の雲は少し赤かった。かなりめずらしい天気である。そしたら代々木国立第二体育館の曲面がとても綺麗にみれた。ちょっとキターという感じの写真になった。これだから夜散歩はやめらない。変質者で捕まらないように、いい人オーラを出す訓練中。(住所:東京都渋谷区神南2丁目1−1)

↑このページのトップヘ