夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:立体Y字路

0102_DSC09740_1
汐入町3丁目の谷間の立体Y字路。実際はもう一つ細かい路地があるのでψ字路。象徴的に建つ、三方向から見え方が変わる一階ピロティの建物。手前の電柱と信号が妙に猥雑さも生んでいる。

0102_DSC09734_1

0102_DSC09732_1

0102_DSC09741_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目26−13近辺)

1102_DSC07014_1
大豆戸町と大倉山の丘陵上にある大豆戸堀上公園のY字路。真ん中に大きな木があり、右は階段、左は坂道で下ってゆく立体Y字路。背後の低地が左右で繋がる、豪快な借景Y字路。(住所:神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目32−3近辺)

0909_DSC09074_1
階段坂道と側溝道路のY字路。階段坂道の路面も3種類に分かれ、どっちが側溝だかわからないくらい豊かな路面。

      0909_DSC08889_1

0909_DSC09075_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目40−21近辺)

  DSC08867_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。白子蛇行階段の途中にある立体Y字路階段。真ん中建物へのアプローチ階段の段々腰壁に色がついて衝立のようだ。左へ上がる階段も鋭角部に新たな階段がくっついたよう。左右に上下に分かれる風景もいい。

     DSC08870_1

     DSC08872_1

      DSC08957_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−10近辺)

0805_DSC01585_1
日暮里崖線に位置する地蔵坂階段とのY字路。左は高低差がある地蔵坂とその先、真中にはセレモニーホール、右は崖線上を流れてゆく。(住所:東京都北区東田端1丁目23-10近辺)

DSC04726_1
西品川1丁目の住宅街の片側が階段の立体Y字路。右側の道は2段階段があり、暗渠か水路跡道ぽい通り。両側も下がっている道で、真中残地に街灯と手摺があり鉢植え植栽が面白い。

DSC04782_1

DSC04724_1

DSC04723_1

      DSC04725_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目18−2近辺)

0612_DSC02869_1
西武線新宿線の電車からも見える立体Y字路。地形の高低差がそのままウネりになり、歩道の白線の曲がり具合が美しい。三角地はお庭なのか残地なのかわからない。

0612_DSC02874_1

0612_DSC02868_1
(住所:東京都練馬区関町北4丁目17−14近辺)

DSC03100_1
中馬込2丁目の旧内川(旧沢尻川)の谷間に降りる立体Y字路。明るい一本道の左道から暗い右道へ落ちてゆく感じがいい。よく見るとY字残地があり小さな階段4段残ってる。(住所:東京都大田区中馬込2丁目21−5近辺)

0409_DSC01176_1
本町の住宅街にある立体Y字路、右道は階段で下がり、左道は上がりながら曲がる、うねっている。真ん中建物の残地に街灯がたち、角の樹木もいい。(住所:東京都中野区本町2丁目20近辺)

   0308_DSC00139_1

DSC00097_1
地形的高低差があるところの東馬込の立体Y字路階段。Y字路建物も立体的にも面白く、どうも足ものとに2階への階段跡が小さくある。下った先の風景もいい。上りは崖地建物の並びも凄い、2つの建物が絶壁のようで、その間を通ってゆく。先のカラフルな建物が世界を変える。

     0308_DSC00104_1

0308_DSC00129_1

      0308_DSC00130_1

      0308_DSC00133_1

      0308_DSC00111_1

   0308_DSC00146_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目5−1近辺)

1225_DSC08079_1
国分寺崖線で約30mの高低差で急勾配の急坂。坂手前の立体Y字路の角地にある大木も凄い。右側に一挙に下る急坂先に広がる多摩川低地の風景も凄い。

1225_DSC08081_1
(住所:東京都大田区田園調布5丁目5−12近辺)

DSC05592_1
上十条の游鯉園の坂の下にある立体Y字路。この辺りは地形的にも面白いところ。左は登り坂で右は下り坂。左も右も連続する壁の表情がいいY字路。(住所: 東京都北区上十条5丁目29−7近辺)

1004_DSC03389_1
斜面地の公園、中台さとやま公園。角地が立体Y字路で北に落ちてゆく蛇行道、豪快な流れがいい道。斜面地と地形で多様な要素が出来ている。

1004_DSC03392_1
(住所:東京都板橋区中台3丁目16近辺)

0922_DSC03386_1
中台3丁目の立体Y字路、先端に白いボックスがある建物で、その上に展示物のように植栽ボックスが置かれている。背板の緑トタンもいい感じなY字路建物。。(住所:東京都板橋区中台3丁目17近辺)

0903_DSC02869_1
天王様の坂の下り、左側の道は白子川の削った台地に上がってゆく。どちらも違ったうねりの曲がり道。先が見通せない不思議な気持ちになるY字路。(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−64近辺)

DSC03072_1

DSC03054_1
世田谷通りの立体Y字路、日大商学部の交差点にたつ横断歩道橋。もともと世田谷通り側のスロープ付き横断歩道橋があり、それより高くもう一つ側に歩道橋を増設した感じ。斜面地でのスロープに螺旋階段、増設と不思議な形態に変化している。

DSC03087_1

DSC03101_1

   DSC03079_1

DSC03114_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

  0617_DSC01436_1
人込みを避けての夜散歩。斜面地にある参宮橋公園、しっかり公園として整備されて、擁壁も植栽も美しい。地形の段差や道のカタチにのこる不定形さがいろんな形で現れる。(住所:東京都渋谷区代々木4丁目12−5近辺)

0507_DSC00487_1
人込みを避けての夜散歩。商店街近くで同じ二つ目街灯が真ん中にある住宅地の立体Y字路。左右の道は両方と手前に下がり勾配で角にパースが強調されて象徴的。住宅敷地の角は植栽で埋まっていて、残地がステージのように街灯と交通標識ポール。(住所:東京都目黒区駒場1丁目22−16近辺)

  0420_DSC00291_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。駒場住宅街の立体Y字路。左右の道の高低差のうねりがいい。電柱の影で見ずらいが、角は残地的で階段。壇上に植栽が置かれている。(住所:東京都目黒区駒場3丁目6−6近辺)

1025_DSC05263_1
北千住駅前通りの西側端のほうにある、階段とY字路の細建物。Y字路階段が絡み、少し段差がある。細いカド建物もなかなか魅力的な薄さ。角上にある柄は何かと思ったらポスターか何かが破れた残りだった。

  1025_DSC05272_1

1025_DSC05285_1

1025_DSC05268_1
(住所:東京都足立区千住龍田町6−3近辺)

↑このページのトップヘ