夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:窓

   0618_DSC01281_1
エンガ堀の大谷口支流脇に立つこの家、立ち姿がいい。白いパネルがところどころ、窓や雨戸にはめ込まれている。暗渠脇の斜面にはなかなか面白い家がある。(住所:東京都板橋区大谷口2丁目40 -11近辺)

0420_DSC09445_1
カーテンウォールのような窓の福地写真館。南向きの写真館なので、ガラスの向うにスクリーンがある。上から見ると切り妻屋根で手前は看板建築。一面窓の看板建築といえる。

0420_DSC09444_1

0420_DSC09447_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目45−15近辺)

0422_DSC09906_1
大山顕さんが「カワイイビル」の表紙で取りあげていたビル。やはり窓やタイルがカワイイ。旧甲州街道にめんしてるビル。旧街道にはいい感じの、いいデザインのビルが残っている。

      0422_DSC09912_1

      0422_DSC09924_1
(住所:東京都世田谷区南烏山4丁目12-14近辺)

1107_DSC04117_1

浅草の山谷掘、その脇に建つ亀屋銘木店。
堀の脇だったので、材木業は多かったのだろう。

3軒長屋なのか、もともとこういった形態なのか、それにしては一階の扉や庇の造り方がバラついている。

それにしても真ん中の窓と左上の窓の配置が気になるくらい、いいバランスだ。
真ん中は出窓のように出ているが、雨戸入れの出が深いだけ。
内部の使われ方ににも興味がわく。

夜の光に鈍く光り、名建築にみえてくる。
(住所:東京都台東区浅草6丁目46-4)

↑このページのトップヘ