夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:空地

      DSC01093_1
尾久本通り商店街の空地から、倉庫についた変わった煙突が見えた。よく見たら消防署出張所の物見櫓だった。横からみる斜め一直線の階段が凄い。降りるほうは怖い。

      DSC01094_1

      DSC01092_1
(住所: 東京都荒川区東尾久3丁目5−4近辺)

0731_DSC05905_1
1977年全面返還されるまではアメリカ空軍基地だった。右横は国営昭和記念公園、左側は再開発ビル地域、真ん中に空地のような立川自衛隊駐屯基地。右には飛行機格納庫が見える。遠景には見えるのは日野市や多摩丘陵、左の先が立川市街地。街の構成やなんとなくの歴史もみえてきそうだ。(住所:東京都立川市砂川町2丁目1−1近辺)

0905_DSC07995_1
新宿三丁目の飲屋街エリアは大勢の人だ。そんな中不思議な空地駐車場。そこから並び立つ、背丈も雰囲気もバラバラなビル。裏の顔バリバリで都市の空地だ。抜けた先の横丁路地とここの隙間がこのエリアでは一番いい空間。(住所:東京都新宿区新宿3丁目11−2 近辺)

0829_DSC08487_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。ほぼ3階建てで簡易宿泊施設の特徴の2段窓が続く。1階も2段窓になっていたり、いったどういったい内部空間になっているのか? ぬけた空地の両側に建つ、二重窓建物群、とってもカッコいい。

0829_DSC08491_1

0829_DSC08490_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区日進町9−17近辺)

      0401_DSC08923_1
これこそ空間というか「間」。かつて密集地だったのが建物がなくなってできたこの場所ならでの「間」だ。住宅だと普段はこういった隙間は見えない。

      0401_DSC08926_1
(住所:東京都墨田区墨田3丁目)

↑このページのトップヘ