夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:神宮前

   1115_DSC06606_1
渋谷再開発、変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい、離れないと見えない。恵比寿側が特に面白い。東急線がクロスしていたより南の跨線橋からは、完全にウラガワで少し寂しさまである。渋谷スクランブルスクエアが渋谷ストリームに隠れて、天への光のみみえる。開発の光が漏れながら存在を表す。(住所:東京都渋谷区東2丁目26−13近辺)

1115_DSC06384_1
一方、原宿側、五輪橋近くの歩道橋からはオモテガワ、高層ビルがそろって顔を向ける。標高39mの高さ(34mプラス歩道橋分高さ約5m)。渋谷駅地面レベル=標高15.5m。恵比寿側跨線橋=標高20mの高さ(15mプラス歩道橋分高さ約5m)によるものか。(住所: 東京都渋谷区神宮前1丁目14−34近辺)

   1115_原宿渋谷恵比寿_01

      1114_DSC06617_1
渋谷再開発、変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい。渋谷スクランブルスクエアを借景に、さまざまな切り取り、フレーミング風景。桜丘町の丘から下がる坂道で切り取る風景。渋谷スクランブルスクエアのプロポーションで丘と谷がある程度、想像できる。
(住所:東京都渋谷区鶯谷町15−10近辺)

1114_DSC06396_01
原宿駅表参道口から下がる坂道、上は道路標示でフレーミング。ひと駅離れた割には大きく見える。(住所: 東京都渋谷区神宮前1丁目14−34近辺)

1114_DSC06544_1
渋谷川暗渠のキャットストリートから。下部は中層の建物で切り取られる。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目1−2近辺)

1114_DSC06596_1
渋谷川の横、東急線跡でレール部分の門型で切り取られる渋谷スクランブルスクエア。(住所:東京都渋谷区東1丁目31-19近辺)

      1114_DSC06600_1
渋谷川の氷川橋から、ここからは左右のビルに切り取られ、さらに下の川に映り込み広がる。(住所:東京都渋谷区東1丁目28−6近辺)

1108_DSC06530_1
変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい。駅近くの人が多すぎて見えないし、谷間から眺めるので上が見えずらい。駅の間ぐらいキャットストリートから見える姿は凄い、新たな地形、斜面都市が出来たように見える。そして宮下パークの渋谷横丁は新しい崖地谷になっている。

      1108_DSC06528_1

1108_DSC06516_1

      1108_DSC06506_1
(住所:東京都渋谷区神宮前5丁目29−9近辺)

      0628_DSC01573_1
雨で人が少ないキャットストリート。路面のほうが高く段差がある不思議なエリア。段差上なのに雨で歩道部分が水路になり、不思議な浮遊感がある。

      0628_DSC01564_1

      0628_DSC01570_1
(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目14−7近辺)

DSC01601_1
人込みを避けての夜散歩。人の少ない渋谷川暗渠のキャットストリート。暗渠化されるもっと前、昔の流路跡。影が似合う裏道感バリバリ、雨で濡れた路面の光も建物隙間にもれる光も。(住所:東京都渋谷区神宮前5丁目11−3 近辺)

      0613_DSC01636_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。自粛期間で光が少ないブラームスの小径。狛犬に見えるがフランス料理屋門番の獅子。暗い通りの分、一層小径が細く見え、別の何かでてきそうだ。

      0613_DSC01645_1

      0613_DSC01632_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目16−3近辺)

0429_DSC00591_1
人込みを避けての夜散歩。キャットストリートの明治通り出口、その先の景色が変わった。高くなり変なフレームの宮下公園は予想していたが、セルリアンタワーの前にある東急プラザ渋谷が山のようだ。照明の具合も含めて別の都市がそこに出現したようにみえる。(住所:東京都渋谷区神宮前5丁目29−9近辺)

1221_DSC07540_1
信号に工事用の照明が混じり原宿駅スロープの壁面へ。それだけも凄いのに人が通るとその影が2重の色を生み出す。さらに車のライトにフェンスの影と不思議な色の世界をつくる。

1221_DSC07541_1

1221_DSC07547_1

1221_DSC07549_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目18−20近辺)

0302_DSC09350_1
ヘルメットなしで公道を走れるゴーカート、危険な感じはぬぐえないが、ミニカー扱いのため、普通自動車免許で、ヘルメット、シートベルト不要で一般道を走れるようだ。ところが道路の中、小さく低く都市空間に変化を与える。道路横断したらウラガワの姿、キッチリならんだ姿、一つの塊に見えた。(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目14 -25近辺)

      0125_DSC05818_1
原宿のキャットストリート(渋谷川暗渠)のウラガワに、脇路地みたいなところがある。表側からの影響か、ここの建物たちが段々色づいてきて、いい感じの路地裏になっている。中には不思議な銀紙ハウスもある。

      0125_DSC05810_1

      0125_DSC05814_1

      0125_DSC05821_1
(住所:東京都渋谷区神宮前3丁目27-8近辺)

0228_DSC09009_1
原宿にある東郷神社、併設する東郷記念館にある池泉庭園。水辺を渡る橋がいいが、夜撮る時には何時も正面はどこか悩んでいた。建物からは側面方向になるが、ここからの眺め、正面右にライトアップされたしめ縄ありの滝組みがあり、左側の渡り橋 が伸びる感じがいい。一つの正面になる。今の時期は左手前に梅が咲き、あと一ヵ月くらいで右手前の桜が咲く。

0228_DSC09017_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目5-3近辺)

0122_DSC07987_1
寒い、風も強い、20、30分が限界だった、それでも近場で面白いの撮れた。雪でディテールが消え、ソフトを使わなくてもナチュナルなミニチュアな風景になった。神宮橋、左には明治神宮の杜、右には原宿駅がみえる。

0122_DSC07981_01
神宮橋から覗く駅工事中の原宿駅と明治神宮の杜もいい。(住所:東京都渋谷区神宮前1近辺)

(後日、2018年2月1日)
   DSC08311_1
まだ積もっていないが雪になってしまった東京。神宮橋からみる表参道。雪は綺麗に写らないが、真ん中にのっぽな街灯がひとりで頑張っていた。(住所:東京都渋谷区神宮前1-18近辺)

1209_DSC05159_1
表参道イルミは毎年ほぼ一ヵ月、光っている。近くに来て14年になるから約1年分くらいは見たことになる。そりゃ今さら普通には撮れません。いろいろ狙ったらこれ一番だった。ガラスに写る虚のイルミ、虚実の中の表参道イルミ。

1209_DSC05144_1
ショーケースにうつるイルミ。どちらが実像かわからなくなる。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目近辺)

   0707_DSC03716_1
表参道と明治通りの交差点にある、東急プラザ 表参道原宿の入口。鏡の断片で都市の断片を映し出す。(住所:東京都渋谷区神宮前4-30-3)

      0530_DSC02644_1
キャットストリートのわりとよく出てくるY字路。建物や道路もオモシロイが、やはり路面模様の交差が美しい。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目15−7近辺)

0115_DSC03835_1
原宿駅の竹下口前は、谷になっている。明治神宮の池から流れている川跡、暗渠だ。北側からみえる谷間は、周囲のビル、駅舎、杜を含めていい景色だ。(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目19−14近辺)

0110_DSC04907_01
いつも見ているのに、いつもと違う景色に見えたコープオリンピア。夕焼け夜空が綺麗だったからか、ギザギザ窓からの灯りが美しいかったからか。(住所:東京都渋谷区神宮前6-35-3)

  1125_DSC02836_1
雪の降った昨日、いつも見慣れた風景が違って見えた。さすが空気が綺麗だからかと思ったら違った。神宮橋の先が工事中だった。この工事灯りで明治神宮の杜の木が美しくライトアップされてた。街灯もすべてかくしてすべての光が間接的な位置で撮ってみる。空の美しさもあり、神宮橋の写真では今年ベストかもしれないな。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目 神宮橋近辺)

   1108_DSC02180_1
雨の日は、夜散歩写真の特売日だ。路面が美しくなる。本当は明治神宮入口の樹木の紅葉を撮りにいったのだが、振り返った神宮橋越しのコープオリンピアが美しく飛び込んできた。盛り上がった橋の床が雨に濡れて、反射が美しい。(住所:東京都渋谷区神宮前6-35-3近辺)

0918_DSC09614_1
もはや観光名所、いつ行っても外国人が写真を撮っている原宿竹下口の駅前入口。撮っている人もいれてさらに撮ってみた。

   0918_DSC09612_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目17−1近辺)

↑このページのトップヘ