夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:看板建築

     0112_DSC07178_1
築地6丁目に残る看板建築の酒屋と民家。並び建つ立ち姿がいい。このエリアの特徴でビルで高いところと低層の建物が混在、そのためか上の空がとても広く見える。(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

0110_DSC06706_1
斜めに走る今井街道、中川近くのほうに六差路がある。ここに残された建物がなかなかユニーク。昭和5年建設の洋館造りの今井医院、看板建築の宮万商店、花屋たちばなや、古民家の花屋たちばなや。それぞれの文化が香る幅広な交差点。

0110_DSC06689_1

0110_DSC06699_1

0110_DSC06704_1

0110_DSC06701_1
(住所:東京都江戸川区西小松川町26−1近辺)

1221_DSC06271_1
曳舟たから通りには看板建築が多い。かつての繁栄がみえる通りでもある。この中華料理屋「燕京亭」さんの壁面はとりわけ美しい。生活感あふれる脇路地とすました顔の看板建築。表と裏が見え隠れする。(住所:東京都墨田区京島2丁目27−9近辺)

   1213_DSC07138_1
場外エリアからはずれるが、築地6丁目にもいろいろ凄いのが残っている。この銅板葺きの外壁が有名な看板建築だが、続く長屋建物も含めて「いい壁」として街に存在している。

   1213_DSC07139_01
(住所:東京都中央区築地6丁目12−8近辺)

1106_DSC05132_1
千住桜木にもある段差土手にある看板建築。空き地からみるその断面形状が面白い。屋根のツギハギ具合がもしかすると何段階かの増築かも、と想像も楽しい。興味深いエリアの長屋集落。

   1106_DSC05093_1

1106_DSC05116_1

1106_DSC05106_1

      1106_DSC05134_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-3近辺)

1105_DSC05130_1
千住桜木にもある段差土手長屋。しかも看板建築でお店のデザイン。その並び建つ立ち姿がいい。街灯り、車の灯りを拾ってファサードも美しく変わる。

1105_DSC05104_1

1105_DSC05102_1
(住所:東京都足立区千住桜木2丁目8-3近辺)

1104_DSC04004_1
鮫洲駅前の商店街に建つ、トタン看板建築。1階は店舗改築だが、看板部分のトタン、その下の水平連続サッシが美しく、なぜか惹かれる建物。

   1104_DSC03998_1
(住所:東京都品川区東大井1丁目20−4近辺)

1003‗DSC05316_1
大正通り商店街にあるトタン看板建築。近くに千住大門商店街もあり、日曜日でも元気な千住柳町。角地にたつトタン建築の流れが美しい。錆びたトタンがいい感じの模様で、通りに流れを生んでいる。(住所:東京都足立区千住柳町1−9近辺)

0908_DSC03936_1
もうすぐ無くなるよと聞いたイエスランプの表側のファサード。工場の看板建築で段状タイプ。大きな木で少し隠れ、また門がシンメトリーの面とズレるがなかなかの形態。工場右側に続く工場構成もいい。

0908_DSC03921_1

0908_DSC03938_1
(住所:東京都品川区南大井4丁目6−11近辺)

DSC02276_1
六角形と菱形の模様の看板建築。昼間見ると少し柄が勝ちすぎた感じだったが、夜は街灯の色もあるが怪しい感じの面白い見え方、お勧めになる。(住所:東京都台東区東上野3丁目2−6近辺)

0527_DSC01688_01
東小岩の国道14号を歩いていて出くわした、コーナーの木製出窓。木製の細さが美しい、中の展示も、酒屋さんだった。離れてみると街角の看板建築での木製出窓。店構えも素晴らしい酒屋さんだ。

0527_DSC01690_1

0527_DSC01689_1
(住所:東京都江戸川区東小岩5丁目26−1近辺)

0515_DSC00979_1
いまは商店街とは呼べない感じかもしれないが、栄えていた時代が、そのまま幾つ残る。通りの看板建築、一つ入った道のお魚屋さんが元気だった。

0515_DSC00978_1
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目18−9近辺)

0422_DSC10025_1
江古田駅、線路からも見える3面の看板建築の八百喜商店。高さも違うが、その角の面が一番目立つ。縦書きの文字が綺麗にはまる。どの面が生きるかは時代によって違うのかもしれない。(住所:東京都練馬区栄町30−4近辺)

0420_DSC09445_1
カーテンウォールのような窓の福地写真館。南向きの写真館なので、ガラスの向うにスクリーンがある。上から見ると切り妻屋根で手前は看板建築。一面窓の看板建築といえる。

0420_DSC09444_1

0420_DSC09447_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目45−15近辺)

0418_DSC00376_1
角地に建ち、2方向の看板建築「パーマアミー」。謎なのがバッテンレリーフと、黒い渦マーク、パーマアミ―の文字。後からのようだけど面白い生かし方。

0418_DSC00374_1

      0418_DSC00381_1
(住所:東京都大田区東糀谷4丁目10-20近辺)

   0409_DSC00356_1
糀谷のおいで通りに面する理容ハセ川。1階の壁が円弧がある看板建築で、少し下がって2階部分がたっている。文字も消え始めて日々もある看板部分がなんとも言えない質感になっている。

0409_DSC00361_1
(住所:東京都大田区西糀谷4丁目4-24近辺)

0317_DSC09498_01
装飾テントおそるべし。いろんな形がある、徳利型の装テンだった。オレンジと黄色の色構成もいい。人が下を通れないくらい高さが低い。看板建築よりも看板としてつかているようだ。

0317_DSC09497_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目23-6近辺)

0120_DSC07718_1
福生ベースサイドストリート(国道16号)沿いの神戸ステーキハウス。実は2方向のよる看板建築。厚めに看板壁のため、なかなか立体的に面白い。壁と軒天のアール角、白地に模様もいい。

0120_DSC07721_1

0120_DSC07720_1
(住所:東京都福生市熊川1115近辺)

1222_DSC04936_1
青梅駅近くの青梅街道沿いの看板建築、時代も方向も違うがある繁栄期のカタチを残す。街道沿いのいい町並み。

1222_DSC04937_1

1222_DSC04941_1

1222_DSC04942_1
(住所:東京都青梅市仲町303近辺)


   1213_DSC03905_1
昼はラーメン屋だけどあんみつがセット、夜は飲屋という二葉屋。看板建築の看板部分、扉の模様デザインが美しい。何よりも内部からの漏れる光が美しい。(住所:東京都荒川区東日暮里5丁目23-9近辺)

↑このページのトップヘ