夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:看板建築

      1104_DSC07223_1
志茂旧道にめんする街角の理容室。看板建築で左の旧道に向いているけど、1階の理容室だけ交差点中心に向いている。角の白と黄色のいけず石もカワイイ。

   1104_DSC07220_1
(住所:東京都北区志茂4丁目21−4近辺)

0827_DSC05652_01
阿佐ヶ谷駅近くの阿佐ヶ谷新進会商店街、真中にある看板建築。看板部分がボロボロで閉じた扉には選挙ポスターの羅列。ボロボロながらどこか華やかな看板建築。(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目3−9近辺)

0715_DSC02648_1

0715_DSC02643_1
足立区には商店街が多い感じがする。団地や集合住宅が多くできた名残か。タイプも様々。ここは蛇行する本木新道にある興野銀座会。やや広い道路も蛇行していて面白い看板建築も並びもいい通り。

0715_DSC02635_1

0715_DSC02636_1

DSC02653_1
(住所:東京都足立区興野2丁目21-1近辺)

0610_DSC01799_1
神保町の看板建築から長屋までと良い感じ続く脇路地。いい感じにお店になって、どこからがどの店かわからない感じで、うまく繋がっている。

   0610_DSC01803_1

   0610_DSC01797_1
(住所:東京都千代田区神田神保町1丁目18−7近辺)

0516_DSC01825_1
看板建築の横が駐車場になり、トタンダンメンがあらわになる。暗さもあるが看板建築の看板部分が妙に薄い、いやよく見るとエッジが白くなっていだけ、壁の厚みはある。この白いエッジを境に表と横の世界がかわる。

0516_DSC01832_1

0516_DSC01838_1
(住所:東京都千代田区神田小川町2丁目6−11近辺)

DSC00912_1
柴又街道に残る建物、街角のスナックだったような飲食店。テントに看板がある看板建築群や長屋店舗がポツポツと、かつて繁栄していた街道筋の雰囲気がのこる。

DSC00952_1

DSC00956_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目48−7近辺)

0414_DSC00948_1
柴又街道の脇道から看板建築をみる。街道街並みのアイストップになっている。柴又街道は今は閉まっているところ多いシャッター商店街のようだが、いい雰囲気をもった街道筋。

0414_DSC00949_1

0414_DSC00953_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目54−10近辺)

DSC00841_1
京成小岩駅北口、階段降りた駅前道、少し行くと二つに分かれる。角にはずされた看板跡がある看板建築が目立つ。左右に繋がりながら広がる店舗街並み、奥に行くとだんだん高さが高くなる。一番低く古い角の看板建築が古い駅前の姿を残す。

DSC00852_1

DSC00853_1
(住所: 東京都江戸川区北小岩6丁目16−1近辺)

DSC00266_1
あらビックリ、一瞬デ・ステイルの建築に見えた。色の効果がデカい、赤のテント、黄色いモルタル壁の未塗装、看板部分縁どりのグレー、トタンの淡いブルー。よく見るとデザインもいい、看板部分上部縁どりのカタチ、全体的構成も。

   DSC00277_1

DSC00264_1
(住所:東京都大田区西馬込2丁目3−11近辺)

DSC09430_1
高速道路にも面する看板建築。横の駐車場スペースから見える長屋のような構成、多様な屋根の姿。敷地真ん中の折れ屋根、手前の看板部分と切妻屋根との構成。奥は町屋のような別棟屋根のようだ。

DSC09445_1

DSC09471_1

DSC09429_1
(住所:東京都中央区日本橋蛎殻町近辺)

0215_DSC08431_1
薬師あいロードに面する看板建築。2階の雨戸らしき穴デザインがいい。少し前は浅見製麺所という看板があったが、もっと昔のものか。夜の光のなかで異彩をはなっている。

0215_0DSC08437_1
(住所:東京都中野区新井1丁目22−5近辺)

DSC07997_1
交差点に建つ、一つ屋根の三軒長屋ながら、看板建築でコーナーのデザインと装テンが秀一なパン屋さん「パオン昭月」。上部の看板部分の文字デザイン、低い一階ガラス面の横に伸びる感じもいい。

DSC08008_1

      DSC08004_1
(住所:東京都世田谷区駒沢2丁目18−11近辺)

DSC05729_1
曳舟たから通りの看板建築、華料理屋「燕京亭」さん。おもて通り側も綺麗だが、角から右に流れる脇道、長屋の壁面繋がりがいい感じだ。(住所:東京都墨田区京島2丁目27−9近辺)

1203_DSC05313_1
下見板張りの2階建木造の母屋に、コンクリート造洋館の四角い構成のF邸(1929年)、和洋折衷の建物だ。スクラッチタイルは補修塗装みたいで、夜は質感があまり感じられない。並びの看板建築との関係もいい。なによりも和洋折衷の不思議なバランスがいい。

1203_DSC05309_1

1203_DSC05316_1
(住所:東京都中央区湊1丁目近辺)

1203_DSC05715_1
曳舟たから通りに面する看板建築のヨコガオ。2階建てでL字に囲まれた部分の倉庫ダンメンが美しい。その上にのるバルコニーも。空地からみえるヨコガオは面白い。(住所:東京都墨田区京島2丁目19近辺)

DSC05721_01
京島の曳舟たから通りは文化の香りがする通り。長屋看板建築が両側に向かいあって残っている。どちらもカド、コーナーのデザインもいい。両側あるところ珍しく、通り町並みをつくっている。

DSC05726_1

DSC05724_1

DSC05723_1
(住所:東京都墨田区京島2丁目20−10近辺)

1111_DSC05162_01
月島西仲通りの二番街と三番街、看板の灯りが美しい。アーケードに隠れて看板建築もある。小さな様式交番もある。新旧のバランスが面白い、交差点。

1111_DSC05182_1

      1111_DSC05178_1

1111_DSC05179_1
(住所:東京都中央区月島3丁目4−3近辺)

1016_DSC04525_1
亀有駅南口ロータリーに鋭角で接する街区の店舗の並び。看板建築もあり、看板の電飾が豊かな一角。バラバラながら元気な商店街通り。

1016_DSC04536_1

1016_DSC04528_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目8−4近辺)

1009_DSC04672_1
亀有駅北口、ロータリーから少しいったところにある、平家看板建築群。わずかに曲がり道に合わせて曲がる看板部分。2階建ての釣り具屋さんの看板部分にも連なる。

1009_DSC04675_1

1009_DSC04670_1
(住所:東京都葛飾区亀有5丁目32−14近辺)

0930_DSC04274_1
西荻一番街の街角にある増築看板建築。時期の違いや店舗改装で多様だが、繋がっているようだ。2階部分の白壁がズレながらベースのようでもあり。角のフランス料理屋の1層も気になる。

0930_DSC04279_1

0930_DSC04277_1
(住所:東京都杉並区西荻北3丁目14−6近辺)

↑このページのトップヘ