夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:看板

0317_DSC09498_01
装飾テントおそるべし。いろんな形がある、徳利型の装テンだった。オレンジと黄色の色構成もいい。人が下を通れないくらい高さが低い。看板建築よりも看板としてつかているようだ。

0317_DSC09497_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目23-6近辺)

      0305_DSC09052_1
中野駅北口のアーケード横の路地がいい。いきなり細い路地、提灯の灯りの先の横路地があり、上にはビル屋上にある看板。ロータリーから狭くなり、そこから広がる世界。

      0305_DSC09046_1

      0305_DSC09126_1
(住所:東京都中野区中野5丁目63−2近辺)

      0208_DSC06423_1
若松町にあるビル脇横丁のトニービル飲食街。看板がカワイイ。ビル1階に入る飲食店。雨にぬれた路地が美しい。

      0208_DSC06416_1

      0208_DSC06421_1

      0208_DSC06414_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町1丁目19近辺)

0131_DSC07562_01
綾瀬駅ガード下の駅前木村青果店、通りもあり角になっている。そこの看板とテントの感じがとてもいい。街角風景としてもいい。

0131_DSC07564_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目1 -27近辺)

      DSC07036_1
離れた駅からのアプローチだったからか、繁華街と反対側から入る大島駅近くの中央銀座の看板門。周辺の建物に少し浸食されている感じもなぜかいい。

DSC07030_1
(住所:東京都江東区大島5丁目3-3近辺)

      DSC07056_1

大通りの門からもいい写真になってしまった大島駅近くの中央銀座。

DSC07054_1

      DSC07037_1

      DSC07048_1
最近のなかで一番惹かれた風情の商店街の通り。(住所:東京都江東区大島5丁目7−2近辺)

   1213_DSC03905_1
昼はラーメン屋だけどあんみつがセット、夜は飲屋という二葉屋。看板建築の看板部分、扉の模様デザインが美しい。何よりも内部からの漏れる光が美しい。(住所:東京都荒川区東日暮里5丁目23-9近辺)

1209_DSC02259_1
面影橋近くにある細田守監督アニメの「時をかける少女」に出てくるY字路。角の植栽は伐採した感じ、真ん中の古い地図に植栽が絡む。住宅街の雰囲気ある分かれ道のY字路。(住所:東京都豊島区高田1丁目26−4近辺)

   1104_DSC08862_1
川暗渠の脇にあるビル。2階以上は格子で改装した感じで、看板と装テンが横にきれいに通る韓国屋台屋さん。下パネルのアルミサッシの素材もいい感じにあう。バランスデザインがよく株式会社三上の文字配置もオモシロイ。(住所:東京都中央区日本橋横山町1-1近辺)

1101_DSC01306_1
以前昼間通った時は気にならなかったスバル飲食街。通りの看板はあるものの、思い切り路地裏的な雰囲気になっていた。幾つかの店はやっていたが、ヌケもあり、夜はその寂しさもふくめていい路地風景になっている。街路側のほうの並びもいい。

1101_DSC01307_1

1101_DSC01282_1

1101_DSC01281_1

      1101_DSC01274_1

1101_DSC01294_1
(住所:東京都葛飾区新小岩2丁目7−11近辺)

      0808_DSC05923_1
立川駅周辺ビルに囲まれているが、古い路地がのこるところ。緑のトンネルがある。その手前の餃子会館丸山の赤い看板。売り切れにつき閉店と出ていた。なかなか流行っているお店みたいだ。少し隠れた感じがいいエリア。(住所:東京都立川市曙町2丁目14−24近辺)

      0612_DSC03377_1
3年前よりも照明、看板が光っていて、生き生きしていた北町楽天地。もともとの営業の店舗に、新しい立ち飲みも増えた感じだ。光って見えるのが路地入口近くのフレームに電線。何とも言えない間の抜けた感じがまたいい。

     0703_DSC03348_1
長屋店舗のウラガワ。おそらくは塀だったところ飲み込んで増築みたいな感じだ。ところどころブロック塀の穴にガスメーターや設備が見える。トタンにブロックのパッチワークのような構成、どこかとっても美しい。

   0703_DSC03360_1

     0703_DSC03362_1
(住所:東京都練馬区北町2丁目40-1近辺)

      0313_DSC04787_1
大宮駅東口の少し南方面にいったところに、いい感じの路地が交差してある。一方の方は看板が真ん中まで出ているところみると、中華街、コリアン街のエリアようだ。もう一方は細い路地にお店が並びいい感じの雰囲気だ。

      0313_DSC04793_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区仲町1丁目62近辺)

      0131_DSC04911_1
無国籍な街灯が光を拾って色めく通り、ウエストサイドストリート。名前もそんな感じだ。宮町、大門町にある幾つかの通りはそれぞれ特徴があって面白い。ここはいろんなモノが乱立する、店の看板や街灯、いろんな色光が混ざって通りの雰囲気をつくる。

      0131_DSC04897_1

      0131_DSC04908_1

      0131_DSC04900_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目73近辺)

0128_DSC04754_1
松屋浅草前の地下入口看板が新しくなってしまった、浅草地下街。地下街入口階段の曲り、広がり具合もいい。店が閉まった深夜近くだが、その分この地下街通りの構成が良くわかる。銀座線からの曲り道、古い店構えに新しい店舗。やはり天井の配管の凄さに目が奪われる。

     0128_DSC04726_1

      0128_DSC04740_1

0128_DSC04742_1

0128_DSC04750_1
(住所:東京都台東区浅草1丁目1-12近辺)

      1204_DSC01691_1
横浜中華街でここも良かった、香港路と中山路の間にある横丁。ほどいい感じの幅の路地に看板が並ぶ。縦看板に路地半分まで出る東珍味の横看板。さらに路面の置き看板と文字があふれる。(住所:神奈川県横浜市中区山下町139-1近辺)

      1109_DSC01694_1
中華街大通りと直行する「香港路」。市場通りよりも少し幅狭なのか、それと各店舗の看板が路地の真ん中ちかくまで出ているせいか。門や看板は新しそうだが路地の姿を作っている。

      1109_DSC01698_1

      1109_DSC01700_1
(住所:神奈川県横浜市中区山下町147近辺)

DSC00510_1
阿佐ヶ谷北口駅前スターロードの店舗群にある提灯のある店「わこ」。一つの提灯が通りに潤いをあたえている感じだ。(住所東京都杉並区阿佐谷北2丁目3-3近辺)

      DSC00506_1
駅前の西側から始まる、阿佐ヶ谷北口駅前スターロード。古い看板ライトのデザインが時代を感じさせる。奥の方にいくとだんだんと小さな店になっていき、新しい店もあり楽しい通り。

      DSC00502_1


      DSC00476_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北2丁目2−5近辺)

   1018_DSC08320_1
南武線の鹿島田駅近くにある「かしまだ一番通り商店街」。店と路地真ん中のタイル面との間にあやふやな空間がある。看板はバラバラだが、街路灯が3分割路面の真ん中で秩序をたもつ。

      1018_DSC08325_1
(住所:神奈川県川崎市幸区鹿島田1丁目19−10近辺)

   0824_DSC08476_1
江戸時代の川崎宿にあった川崎遊廓(堀之内あたり)が1903年の神奈川県の命令で移転して成り立っていた川崎区南町。今は建物も人もポツポツで元気があるように見えないが、このクラブ京都のこの看板、色とてもカッコいい。

      0824_DSC08477_1

  0824_DSC08472_1

   0824_DSC08474_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区南町4−11近辺)

↑このページのトップヘ