夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:目黒台地

      0120_DSC07638_1
中目黒4丁目の行き止まりというか、長泉院附属現代彫刻美術館の裏口に繋がる階段。高低差ある目黒台地、勾配も途中で変わるし、階段面も踊り場面もバラバラな階段スロープ。上から眺める流れる風景が凄い。階段先に山手通りの高層ビル、隙間に対岸の芝・白金台地風景。

      0120_DSC07626_1

      0120_DSC07627_1

0120_DSC07651_1

      0120_DSC07632_1
(住所:東京都目黒区中目黒4丁目10-28近辺)

1011_DSC08019_1
目黒の淀橋台地側のマンションの間にある幅広階段。幅広で綺麗な階段だが下のほうでくの字に曲り、擁壁もあり立体的にも面白い。上から眺める目黒川の低地、向こうの目黒台地の風景もいい。

1011_DSC08027_1

      1011_DSC08024_1
(住所:東京都目黒区三田2丁目10−55近辺)

0930_DSC08005_1
馬喰坂(ばくろさか)の「ばくろ」とは、風雨にさらされ穴のあいた状態を示す、目黒の古い方言らしい。この坂のS字具合は緩やかながら美しい。流れる感じ、そして風景もかわる。

      0930_DSC08004_1

0930_DSC08017_1
(住所: 東京都目黒区目黒3丁目3−35 近辺)

     0907_DSC07991_1
目黒台地のある階段通路、私道ぽい感じだがL字に抜けられる通り。マンフォールと鉄板の寄せ集め(ブリコラージュ)階段。寄せ集めのようだが、階段という機能のためどこか整理された感じがオモシロイ。どこか生き物のような面影もでてくる。

      0907_DSC07996_1

      0907_DSC08000_1

      0907_DSC07994_1
(住所:東京都目黒区中目黒4丁目10−20近辺)

      0207_DSC07589_1

      0207_DSC07601_1

      0207_DSC07592_001
後日、2019年12月の写真。

0502_DSC01673_1
19時で閉まってしまう別所坂児童遊園からの風景。やっと夜の時間帯に入れた。この辺りには今はない富士塚「目黒新富士」があったところ。高台からの景色は都心の絶景なり。中目黒アトラスタワーが周囲含めて際立つ姿はまるでマンションポエム的パースみたいだ。

      0502_DSC01694_1
高低差ある目黒台地を落ちてゆく直線階段。そこから見える低地世界、中目黒アトラスタワーも階段と対比して凄い風景になっている。(住所:東京都目黒区中目黒2丁目1−19近辺)

↑このページのトップヘ