夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:目黒区

1011_DSC08019_1
目黒の淀橋台地側のマンションの間にある幅広階段。幅広で綺麗な階段だが下のほうでくの字に曲り、擁壁もあり立体的にも面白い。上から眺める目黒川の低地、向こうの目黒台地の風景もいい。

1011_DSC08027_1

      1011_DSC08024_1
(住所:東京都目黒区三田2丁目10−55近辺)

      DSC08011_01
馬喰坂脇にある細い路地降りる扇状鋭角階段。斜めに接しているため階段が斜めに、下に降りてゆきながら段々道に垂直になっていく扇状形態。その先の路地もいい感じの雰囲気。(住所:東京都目黒区中目黒4丁目9−11近辺)

1009_DSC07986_1
坂としても有名ななべころ坂(左側)。下のほうでY字路になっている。左右の勾配が違ってY字路としてもオモシロイ。タモリさん坂道本にもでてくるところで、そのころは真ん中の建物が中華料理だった。今は住宅だが照明の色具合で4立体が違う色に見える。(住所:東京都目黒区中目黒4丁目14-12近辺)

   1004_DSC07955_1
中目黒駅の改札反対側のガード下にある。蔦屋書店&スターバックス。しばらく駅に行かなかったらできていた。デザイン要素は代官山店と一緒なんだけど、ガード下の柱梁の構造体と色合いの合わせ方がぴったりだ。さらに色んな所に外部通路があり、中にはカウンターでカフェとなっている。本屋としては商売になるのだろうか疑問もあるが、とてもいい計画。

   1004_DSC07940_1

1004_DSC07961_1

1004_DSC07936_1

DSC07935_01

      1004_DSC07945_1
(住所:東京都目黒区上目黒1丁目22−10近辺)

0930_DSC08005_1
馬喰坂(ばくろさか)の「ばくろ」とは、風雨にさらされ穴のあいた状態を示す、目黒の古い方言らしい。この坂のS字具合は緩やかながら美しい。流れる感じ、そして風景もかわる。

      0930_DSC08004_1

0930_DSC08017_1
(住所: 東京都目黒区目黒3丁目3−35 近辺)

     0907_DSC07991_1
目黒台地のある階段通路、私道ぽい感じだがL字に抜けられる通り。マンフォールと鉄板の寄せ集め(ブリコラージュ)階段。寄せ集めのようだが、階段という機能のためどこか整理された感じがオモシロイ。どこか生き物のような面影もでてくる。

      0907_DSC07996_1

      0907_DSC08000_1

      0907_DSC07994_1
(住所:東京都目黒区中目黒4丁目10−20近辺)

0910_DSC07971_1
中目黒駅の脇にある中目黒西銀座商店街の夏祭り。片側はガード下の店、夏祭りの提灯が美しくマッチしていた。駅前のいい感じの界隈空間。

0910_DSC07968_1

0910_DSC07966_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目6−4近辺)

      0506_DSC09301_1
小山台公園近くの羅漢寺川暗渠(羅漢寺川緑道)はいい。擁壁が迫りほどよい小路ながら、床の模様がオモシロイ。植栽と歩道を分けるためか、それでも曲がっていたり、こんな狭い所をと理解できない。マンフォールの配置でさらにいい模様に。

      0506_DSC09302_1

      0506_DSC09303_1

      0506_DSC09299_1
(住所:東京都目黒区目黒本町1丁目7−18近辺)

0502_DSC01673_1
19時で閉まってしまう別所坂児童遊園からの風景。やっと夜の時間帯に入れた。この辺りには今はない富士塚「目黒新富士」があったところ。高台からの景色は都心の絶景なり。中目黒アトラスタワーが周囲含めて際立つ姿はまるでマンションポエム的パースみたいだ。

      0502_DSC01694_1
高低差ある目黒台地を落ちてゆく直線階段。そこから見える低地世界、中目黒アトラスタワーも階段と対比して凄い風景になっている。(住所:東京都目黒区中目黒2丁目1−19近辺)

      0327_DSC01659_1
なんでこんなに大勢な人が目黒川のサクラを見にいくのか疑問だった。撤回、いや素晴らしい。名勝になっていました、そしてとても人が多い。その人影と橋がサクラをバックに輝いていた。(住所:東京都目黒区中目黒2丁目9−13近辺)

0404_DSC09376_1
目黒不動尊(瀧泉寺)の仁王門、金剛力士の阿形像と吽形像が光り、見事に結界をつくっている。奥の階段が美しくひかっている。手前階段にはバス運行整理の人がコクリコクリと。幾つかの世界があった。(住所:東京都目黒区下目黒3丁目20−26近辺)

0602_DSC09366_1
仁王門の前にある弁天池。道路と塀に囲まれてひっそりとある。鳥居入るよりも、弁財天堂方面から池と中橋を見ながら仁王門が入る景観がいい。道路に削られた狭い敷地に弁天池は見方を変えると水面が伸びていい景色になる。

0602_DSC09375_1
(住所: 東京都目黒区下目黒3丁目20−31近辺)


0226_DSC09283_1
再開発で駅前が面白くなくなった武蔵小山駅。少し路地を入った先に、昔何処かで見た風景が。今ではあまり見かけなくなった医院の赤い照明、少し怖いのを覚えている。その左の細い路地、伸びた先に赤い店舗の照明が。(住所:東京都目黒区目黒本町3丁目5−11近辺)

   0325_DSC05833_1
烏森コミュニティ道路という名の階段坂、ここからの景色はいい。谷間にあるのは蛇崩川暗渠。新しい階段なんだけどとても良い感じ。

      0325_DSC05840_1
(住所:東京都目黒区上目黒3丁目38−1近辺)

0111_DSC00696_1
祐天寺駅東口からまっすぐのびる通りと駒沢通りの交差点にある古民家店舗。調べると「美食同源 CAFE KEATS」というお店。古い建具がそのままいい感じに使っているが、パーゴラはあとからつけた感じだ。緑が絡まる風情の街角だ。(住所:東京都目黒区祐天寺2丁目8−12)

      1214_DSC05877_1
中目黒駅周辺の名もなき交差点、とても魅力的にみえる。左側のトタニズム建物がいいのが、交差点向こうのお店の色の表情がいいのか、交差点が光っているのがいいのか。いや、すべていいのか。(住所:東京都目黒区上目黒2丁目7−7近辺)

      1104_DSC01050_1
自由が丘駅の近くにあるよりみち横丁。看板と路地がカワイイ感じだ。この横丁もまるで路地裏みたいな、サービス通路みたいだ。。少し入った曲り路地の敷石、ビルの裏側感がなんかいい感じ。

      1104_DSC01066_1

      1103_DSC01046_1
さらに路地裏で通りぬけできるところがある。しかも駅のガードの脇。街の裏側のような通りに物語がうまれそうな感じにも見える。(住所: 東京都目黒区自由が丘1丁目31近辺)

1101_DSC05847_1
タモリさんの本「TOKYO坂道美学入門」の出てくる、トイレが外付けの小さな居酒屋。ここのY字路もいい。建物小さいスケールがY字路を不思議な感じにさせる。(住所:東京都目黒区上目黒3丁目43−19近辺) 

1015_DSC00732_1
目黒川が浸食して作った台地のY字路と建物。建物前の一本樹木もいいが、下り坂の向うの景色もいい。高低差がある真ん中の通行禁止のポールや、下り坂と上がり坂の接合部のうねりが美しい。(住所:東京都目黒区中目黒3丁目19−8近辺)

   0116_DSC07589_01
新しい階段もできていて、台地にあがり谷間を少し感じられる、空川暗渠。上か見る風景はバックのビル群が切り絵のように美しい。下におりるとこの暗渠道はいい、いきどまりの通りだが緑の背の高いフェンスに囲まれた、すこし異常な状態、夜歩くと不思議な緊張感があるところ。

      0116_DSC07602_1

0116_DSC07610_1
(住所:東京都目黒区駒場1丁目12近辺)

1024_DSC07177_1
4層ループ構造で山手トンネルにつながり、まるで要塞のよう。その上の天空公園が有名な大橋ジャンクション。ところがどうしたことか、246号線の上に横断歩道橋が2つ掛かっていて、上からジャンクション部が近く見える、これがなかな素晴らしい。歩道橋だけに、車になった気分で向かって歩るけるのも楽しい。

0509_DSC07152_01
(住所:東京都目黒区大橋2丁目16−25近辺)

↑このページのトップヘ