夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:白金

0620_DSC06233_1
白金北里通りに対してズレる街区で、五差路になっている。その方形の建物がまるで正面のように斜めに接している。あまりないオモシロイ街並みだ。(住所:東京都港区白金6丁目2−19近辺)

   0512_DSC06220_1
古民家バー「きえら」がある白金北里通り。東京で民家をうまく利用している通りは珍しい。駅から少し離れているバス通りでもあって散歩に最適な通りでもある。(住所:東京都渋谷区恵比寿2丁目39−4近辺)

   0513_DSC06226_1
少し行ったところにある、持ち送り屋根や腰壁模様が素敵な「韓国家庭料理 はな」。(住所:東京都港区白金6-1-3)

   0706_DSC06242_1

白金北里通り商店会より南にある「雷神山児童公園」。ここは平安時代、疫病を鎮めるため雷神を祀った雷(いかずち)神社が建てられたことにより、病気平癒を祈願する人々がおとづれた。以来この土地は雷神山と呼ばれた。戦後に氷川神社に合祀され、児童公園となっている。今は山にはみえないが、写真の水平に伸びた植栽の先のビルの頭をみても分かるように、小さな高台になっている。雷神誕生の碑がある場所から向こうに雷をみていたのかと妄想してみる。(住所:東京都港区白金6丁目5−5近辺)

0705_DSC06291_1
白金北里通り商店会はリアル看板建築の宝庫。リアルな看板建築の並びは圧巻だ。左の一つを覗く真ん中の5軒はほぼ1枚の面になっている。どの看板建築が好み? 始めに銅板の2軒に目がいくが、造形的には右の二つの形が秀逸だ。(住所:東京都港区白金6丁目5ー2近辺)

0704_DSC06228_1
「白金三光町」かつての地名。三光とは名光・西名光・東名光をあわせた地名。北里大学前に「白金北里通り商店会(旧名は三光豊沢連合商店街)」がある。駅から少し離れたところだかこそ、2階建ての看板建築や民家商店の宝庫だ。なかなかこの並びがたまらない。(住所:東京都港区白金5丁目14−8 近辺)

↑このページのトップヘ