夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:白線

0224_DSC08792_01
ここ面白い、蛇崩川五本木支流の暗渠道、段差に階段スロープで分割。通りは車が通れないのでスロープの流れで自転車用、階段の流れで歩行者用と白線で三分割になる。

0224_DSC08788_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目18−22近辺)

      0813_DSC06496_1
キラキラ商店街の裏路地、古い路地と民家の京島3丁目エリア。面白い路地をみつけた。人の通る路地のため、白線と一時停止のマークある路地交差点。おそらく自転車と人のぶつかり防止のため、このエリアの人達が書いた生活デザイン。

0813_DSC06504_1

      DSC06497_1
その先のリアル路地は、キラキラ橋商店街の路地裏。京島3丁目の路地は美しい。路面に出る植栽や自転車、バルコニーなど。路地先の街灯もいい感じの位置にある。

      DSC06502_1jpg
(住所:東京都墨田区京島3丁目近辺)

      1225_DSC03534_1
江ノ電が突っ切る御霊神社の参道。電車よりこちらから見たほうが、美しく光っている。目を落とした踏切の線路の参道に重なる部分。敷石にアスファルト、その上の白線のカタチも面白く、いろんな要素が重なってカッコいい。

1225_DSC03530_1
(住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下3-17近辺)

1031_DSC00453_1
阿佐谷北にある5差路、1枚の写真になかなか入ることは少ないが撮りこめた。一角に建物や塀がなく歩道スペースだからもあるが、横断歩道の線のおかげでもある。そのめちゃめちゃな複雑な横断歩道の線、すごい存在感。

1031_DSC00456_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北5丁目18 -6近辺)


1002_DSC04323_1
山手線の中ではマイナーだが大塚駅周辺は面白い。なによ
りも路面電車が絡むのは29駅の中でここだけだ。駅前ロータリーの坂、道、線路が交差する、さらに排水勾配が絡み不思議なうねりを作り出す。この動きと線の構成が素敵だ。(住所:東京都豊島区南大塚3丁目55−1近辺)

0109_DSC02651_1
根岸の手児奈(てごな)せんべいのある五叉路交差点、何度か撮るがどうも不満がのこっていた。この交差点がいいことはわかる、どこがいいのか? 

0109_DSC02646_1
本日別の道からみて気がついた、実は交差点の白線のストライプがカッコイイのだ。どう美しいと思わない?(住所:東京都台東区根岸3丁目13−1前)

1022_DSC00070_1
どういった経緯で道がズレたのか、繋がってこうなったのか判らない。歩道の白線があることによって、とても綺麗な曲がりがよくわかる。というか白線がないとわからないかもしれない。(住所:東京都文京区小石川2丁目17−31近辺)

      0829_DSC09255_1
表参道通りの裏側、明治通りから青山通りに抜けるネッコ坂。坂の名称の由来は「木の根のように曲がっている道だから」、「木の根がたくさん道に出ていたため」とある。どちらにしてもこのカーブ達はとても美しい。(住所:東京都渋谷区神宮前5丁目14−2近辺)

   0921_DSC02517_1
夜散歩していると何だか、この交差点、いいなと思うことがある。写真を撮って、帰ってみるとその良さはほとんどが写っていない。本日の東京都立総合芸術高等学校の脇の交差点は、いい感じになった。ネオン照明だから、それに照らされた倉庫建物のせいか、曲がった道の歩道線によるものか解らない。しかしなんかとても、いい感じに撮れた。(住所:東京都新宿区市谷台町20−8近辺)

↑このページのトップヘ