夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:生活路地

      DSC04301_1
最近のなかではピカイチ、枝川1丁目の路地たち。歴史的にも興味深いが所だが、路地にバルコニーが出ていたり、生活路地の多様な姿を見せる。新しい材料の路地風景ながり、多様な街灯りが混じり美しい。

      DSC04302_1

DSC04309_1

      DSC04315_1

      DSC04317_1
(住所:東京都江東区枝川1丁目近辺)

      DSC02432_01
荒川1丁目の通りから入った街区なかの路地。この街区には古い路地と建物が残っている。路地に上のパーゴラのようなフレームに、路地に面して物干し場があったりと。路地に生活の一部があったころの街区。

DSC02428_1

DSC02424_1

      DSC02423_1
(住所:東京都荒川区荒川1丁目近辺)

      0618_DSC00979_1
人込みを避けての夜散歩。いもり川暗渠脇にある低地に住宅密集地がのこされいる。広尾では珍しいエリアで細い路地、生活路地が、いい感じの風情で幾つも残っている。

0618_DSC00974_1

      0618_DSC00980_01

      0618_DSC00981_1

0618_DSC00972_1

      0618_DSC00988_1
(住所:東京都渋谷区広尾2丁目近辺)

      0120_DSC07172_1
築地6丁目周辺はビル化がすすむ一方、狭い隣地路地がのこっている、ライトアップされているところからも生活路地のようだ。なかなか魅力的な路地、入り口左側の雨戸ケースの銅板板金デザインも凄い。

      0120_DSC07175_1
(住所:東京都中央区築地6丁目近辺)

      0416_DSC09177_1

      0416_DSC09182_1
月島の路地も狭いが、幅が一層狭くなるのが佃島の路地。それでも通り抜けられる。途中に路地空間に生活空間が混じるような感じがする佃島の路地。

      0416_DSC09206_1

      0416_DSC09214_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

↑このページのトップヘ