夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:湊

  DSC05331_1
再開発が多く、周囲も駐車場や空地が多い中央区湊。空地からみる長屋建物の入隅風景。増築の色んな要素がグッと詰まったような造形群。

      DSC05333_1
(住所:東京都中央区湊1丁目11近辺)

DSC05322_1
建て替えで歯抜けのところも多い湊地区。駐車場になりヨコガオのダンメンが見える。ダンメン痕跡で入れ子状の屋根。いったい幾つの年代の痕跡か。または船底天井の痕跡か。色違いの線も見える。(住所:東京都中央区湊1丁目11−9近辺)

1203_DSC05313_1
下見板張りの2階建木造の母屋に、コンクリート造洋館の四角い構成のF邸(1929年)、和洋折衷の建物だ。スクラッチタイルは補修塗装みたいで、夜は質感があまり感じられない。並びの看板建築との関係もいい。なによりも和洋折衷の不思議なバランスがいい。

1203_DSC05309_1

1203_DSC05316_1
(住所:東京都中央区湊1丁目近辺)

DSC05344_1
ギャブレル屋根の建物。トタンだけど綺麗なカタチ。一番上の窓は上下引き違いの4連続、小ささがカワイイ窓。向いが公園でちょうど木々の間から。

DSC05340_1

DSC05335_1
(住所:東京都中央区湊2丁目9−2近辺)

   0118_DSC07223_1
中央区湊、亀島川沿岸の表側は銅板葺きの町屋。おそらく商売をやっていたような建物だが奥の風景がいい。後ろ側に個人所有の稲荷神社なのか鳥居がある。周囲は高層建物に囲まれつつあるエリアだが、高い空と鳥居の対比風景。(住所:東京都中央区湊近辺)

0115_DSC07210_1
中央区立湊公園の護岸のスロープ、距離が必要でスペースをとるが、流れをつくり空間を支配している。このエリアの水辺はあまり活用されていなく、灯りも少ない。対岸の月島超高層の並びが綺麗にみえるところもある。

0115_DSC07221_1
(住所:東京都中央区湊2丁目16−19近辺)

DSC07231_1
鉄砲洲稲荷神社の北西隅にあり、ビルに囲まれる富士塚。ビルとの比較か、祠や鳥居の大きさとの比較か、ミニチュアにも見える富士塚。胎内窟もあり、この穴の方向からが一番スケールがわかる感じだ。

      DSC07233_1

0106_DSC07234_1
(住所:東京都中央区湊1丁目6−2近辺)

      1220_DSC07201_1
遠景に見えるリバーポイントタワーの超高層と右手前の汐見地蔵尊の灯りの対比が凄いと思っていた。ところがその左公園真ん中の遊具がさらに極小で色鮮やか。三つのスケール対比が面白い。(住所:東京都中央区湊3丁目18−22近辺)

↑このページのトップヘ