夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

タグ:渋谷区

0119_DSC06216_1
小田急線参宮橋駅ホームを踏切からみる、遮断機が鳴り始め一枚しか撮れず。その緊張感もあってか、いい写真になった。背後に見える高層ビル群、ホームの光が線路まで流れて、電線も含めてのパース効果がカッコいい。(住所: 東京都渋谷区代々木4丁目8-1近辺)

1209_DSC05159_1
表参道イルミは毎年ほぼ一ヵ月、光っている。近くに来て14年になるから約1年分くらいは見たことになる。そりゃ今さら普通には撮れません。いろいろ狙ったらこれ一番だった。ガラスに写る虚のイルミ、虚実の中の表参道イルミ。

1209_DSC05144_1
ショーケースにうつるイルミ。どちらが実像かわからなくなる。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目近辺)

      1213_DSC04255_1
代々木公園の紅葉越しのテント。野外音楽堂のところだから森じゃないのだけども、テントが光っていて、森の中の祭りを覗き見た感じに見える。(住所:東京都渋谷区神南2丁目3近辺)

1123_DSC04122_1
入れるの時間帯は、日の出から日の入りまでの明治神宮。暮れるのがはやい秋から冬は、少し粘ると夜の姿が見える。23日までの菊花展の光る展示が参道でとても美しかった。

1123_DSC04204_01
参道は真っ暗、第一鳥居の向うには灯り。その効果で凄い紅葉のように姿が変わる。(住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1) 

      1008_DSC00752_1
道玄坂、風俗街にあるこの階段、オモシロイ階段と階段風景。階段の左右の段々状がとても面白い。3層にわかれバラバラな感じが街の猥雑さととてもあっている。

     1008_DSC00738_1

   1008_DSC00742_1
(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目27-2近辺)

0904_DSC07968_1
代々木駅近くのエリア、古民家7棟を改築した飲食店群「ほぼ新宿のれん街」。エリアは路地をまたぎ、さらに各店舗の外部空間に路地やテラスがあり、ギラギラの照明ながら、豊かな空間となっている。

0904_DSC07955_1
(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20−10近辺)

   0817_DSC07944_1
代々木駅近くのエリア、古民家7棟を改築した飲食店群「ほぼ新宿のれん街」。代々木駅が近いのに何故「ほぼ新宿・・」、しかも住所は渋谷区千駄ヶ谷だが。グーグルでみると古い改装前の姿みえるが、建物だけじゃなくて、隙間をうまく使っている。近くにみえるNTTタワービルとの対比は圧巻だ。(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20−10近辺)

   0803_DSC07934_1
千駄ヶ谷方面から山手線越しに代々木方面を見る。ガードの先にビルが盛り上がり、平坦な土地なのに段差がある盛り上がったビル、地形のように見える。(住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-15近辺)

   0531_DSC02636_1
立て直しで、解体された渋谷パルコ。その向こうにライズビル、さらに向こうにマークシティ、セルリアンタワー東急がそびえたつ。ライズビルも凄いデザインなんだけど、解体現場のパワーの前ではどこかカワイイ。
。(住所:東京都渋谷区宇田川町13−17近辺)

      0530_DSC02644_1
キャットストリートのわりとよく出てくるY字路。建物や道路もオモシロイが、やはり路面模様の交差が美しい。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目15−7近辺)

   0505_DSC00772_1
線路側には提灯がつるしてある、渋谷のんべい横丁。提灯の光も広がり長屋を照らしいい表情をしている。

      0505_DSC00764_1

   0505_DSC00761_1

      0422_DSC00790_1
雨の効果は抜群、路地面がたいへん美しくみえる。水たまりの向うにもう一つの世界があるようだ。白い看板も濡れた効果で、提灯がうつり込み、こちらは透けている感じ見えるから面白い。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

0501_DSC00725_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、名曲喫茶ライオン前の路地。建物のエレメントもいいが、百軒点商店街の路地もいい感じに濡れて、渋谷の街灯りを拾っている。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13近辺)

0415_DSC09357_1
恵比寿2丁目にある立体Y字路。両方の道も大きくは下がっているが、右側が一旦上がって下がり、谷間にみえる。渋谷区では珍しい都心のY字路だ。(住所:東京都渋谷区恵比寿2丁目26−6近辺)

0116_DSC03812_1
代々木駅から千駄ヶ谷駅方面に抜ける道にあるガード下、青山街道架道橋。なんで青山(大山)街道の名前が? どうもここは千駄ヶ谷村高台の田舎道で関係なく、名前は山手線七不思議のひとつのようだ。ここは鋭角に架道橋と道路が交差する。緑のガードとささえる擁壁の単純構成ながら、どこか惹かれる。Y字路も含めてカッコいい。

   0116_DSC03809_1
(住所:東京都渋谷区代々木1丁目32-1近辺)

0115_DSC03835_1
原宿駅の竹下口前は、谷になっている。明治神宮の池から流れている川跡、暗渠だ。北側からみえる谷間は、周囲のビル、駅舎、杜を含めていい景色だ。(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目19−14近辺)

0110_DSC04907_01
いつも見ているのに、いつもと違う景色に見えたコープオリンピア。夕焼け夜空が綺麗だったからか、ギザギザ窓からの灯りが美しいかったからか。(住所:東京都渋谷区神宮前6-35-3)

0103_DSC04859_1
普段の参拝は、日の出から日の入りまでの明治神宮。この時期、初詣がらみで夜の姿が見れる。守衛さんに何時までと聞くと一旦18時にしめて・・・と。どうやら様子見ながらと言う感じだ。
写真は誰もいない回廊とわずかに光る樹木が美しい。毎年見るポイントが変わってゆく。

      0103_DSC04865_1
(住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1)

   1224_DSC03913_1
新しいカットを見つけた、渋谷のんべい横丁。少し高い目線で看板と路地を対比したカット。のんべい横丁が少し違ってみえる、少し高級な通りになった感じだ。

DSC03919_01
のんべい横丁の裏側の並び。その手前にある渋谷川暗渠の駐輪場、向こう側にはビル群が建つ。この3層の並び、世界がまったく違う感じがいい。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

↑このページのトップヘ