夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:池袋

   101_0195_01
池袋のホテル街にあった風俗店建物。窓をつぶした時のものか、看板か、謎のボックスがでている。その間に配管が整理されまわる。黄色にピンク色の光で壁面の凸凹が浮き出る。

      101_0193_1
(住所:東京都豊島区池袋1丁目4-6近辺)

   0221_DSC07491_01
ある時期のガソリンスタンドの立体は凄い。どうしてここまでと言う感じでカッコいい場合がある。色の計画や看板などの宣伝が立体を見えづらくしている。ここ池袋の「ENEOS セルフ池袋SS」、隣地道路からのほうが立体が良く見える。(住所:東京都豊島区池袋一丁目16-28)

0903_DSC09198_1
夜なので営業しているかどうかわからない感じだが、丸看板に、角の上部円扉、左の四隅アール窓、右の開口部がいい。上の看板部分はこれだけいい加減なのに、気にならないくらいだ。(住所:東京都豊島区池袋3丁目21−13近辺)

      0928_DSC00199_1
池袋にある狭いL字型の路地「栄町通り」。デザイン的にどうかと思う門も、路地とお店看板とセットで切り取ると、なぜかいい感じの通りになる。(住所:東京都豊島区東池袋1丁目13-1近辺)

   0827_DSC00844_1
池袋駅西口から少し行ったところにある、銭湯 新栄湯。玄関の前が石庭アプローチになっている。石の置き方で人の流れをつくっているのが面白い。後日:残念ながら休業か廃業だった。(住所:東京都豊島区池袋2丁目21−1)

   0807_DSC00895_01
たまにこうゆう世界に出会える、夜散歩は素晴らしい。JR池袋駅北側、池袋変電所の鉄骨越しにみえる豊島清掃工場の煙突。下を埼京線と東武東上線が走る。この対比が何ともいえない。これも一種の庭園の借景と同じ。近景の鉄骨と遠景の煙突の対比は、その間の風景が見えないので際立つ。その対比が不思議な風景をつくる。

     0807_2
横から見るとこの借景的な構成はない。それでも鉄骨そのものパワーはある。(住所:東京都豊島区池袋1丁目13−8近辺)

↑このページのトップヘ