夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:江戸川

1002‗DSC04880_1
江戸川を渡る常磐線と上野東京ラインのトラス橋。下から見ると電車が通った時に光が漏れて美しい。この日は雨上がり、自転車通路に薄くたまった水たまりも反射して別世界に。

1002‗DSC04877_1

      1002‗DSC04874_1
(住所:東京都葛飾区東金町6丁目3−1近辺)

0925_DSC04870_1
江戸川を渡る常磐線と上野東京ラインのトラス橋。2本トラス橋で各左右のトラス構造で、合計4本になる。近づくと三角線がズレて面白い図形になってゆく。背景の町灯りも綺麗で、電車の灯りもいい。

0925_DSC04864_1

0925_DSC04867_1
(住所:東京都葛飾区東金町6丁目10−3近辺)

101_0463_1
新中川が旧江戸川に繋がる手前の水門「今井水門」。工事中で赤と青の信号光が美しい。ここ水門と合流地点の間にも瑞江大橋があり、水門が正面に見え、上流方向の遠景がきれいに見える。

0606_0606_101_0461_1
(住所:東京都江戸川区江戸川4丁目8-20近辺)

0425_DSC00577_1
江戸川の篠崎水門から北を見る。川が蛇行していた左側は江戸川区の土手がなれて京葉道路の江戸川大橋、そして右側が千葉県市川市。2つのタワマンが総武線の市川駅前。街灯の灯りが水面に伸びて、河というよりも湖みたいだ。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

     0424_DSC00563_1
江戸川と旧江戸川の分岐にある篠崎水門、その横にある「江戸川河川事務所 江戸川河口出張所」。鉄塔と事務所なんだけど、どうも基地にしか見えない。いろいろな計器類もみえて、いった何しているのか。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00580_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎水門。住所を調べていてビックリ、ここは途中で東京都江戸川区と千葉県市川市の区市境界未定地だった。確かに地図で途中から境の線が消える。水門の塔の連続、光の微妙な違いの連続がカッコいい。

0415_DSC00597_1

0415_DSC00569_1

0415_DSC00566_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

   0408_DSC00473_1

0408_DSC00479_1
古くは小合溜井(現在の都立水元公園内)を水源、長かった東井掘の用水路。途中のから親水緑道、その始まりが円形の噴水。途中の段差分水もオモシロイし、歩く緑道部分と水路と植栽の3層構成が蛇行しながら、いい緑道で散歩に最適である。桜も綺麗な時期でした。

0408_DSC00483_1

      0408_DSC00486_1

DSC00497_01

0408_DSC00502_1
(住所:東京都江戸川区南篠崎町3丁目27−5近辺)

↑このページのトップヘ