夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:残地

0803_DSC02581_1
小松川境川親水公園が分かれるV字路、親水公園につながりY字路になる。真ん中には残地に樹木が立ち、V字路建物と左右の建物も路地面して表情が豊か。親水公園の緑に頭を囲われた、向こうの世界。

  0803_DSC02588_1

0803_DSC02590_1
(住所:東京都江戸川区本一色1丁目2−1近辺)

0725_DSC02760_1
大通りの地形段差でできた不思議な敷地。立体Y字路残地にたつトタニズム。階段もあり三方向から見える姿がいい。

  0725_DSC02785_1

  0725_DSC02769_1

   0725_DSC02788_1

  0725_DSC02765_1
(住所:東京都江戸川区西小岩近辺)

DSC02418_1
千住間道の五差路のY字路部分。雨でぬれた路面が美しく、三角残地が駐車場。Y字路建物も一階と二階で色が違う不思議な立体。ちょうど自転車の動きもあっていい。(住所:東京都荒川区荒川1丁目17−15近辺)

     0605_DSC01752_1
人込みを避けての夜散歩。自分の土地の角を隅切りして道路状にする場合がある。幾つかのケースがあるが土地所有のそのまま。車など通らず問題にならなかったのだろう、植栽スペースに。そして段々と階段状に。(住所:東京都中野区大和町1丁目39近辺)

0507_DSC00487_1
人込みを避けての夜散歩。商店街近くで同じ二つ目街灯が真ん中にある住宅地の立体Y字路。左右の道は両方と手前に下がり勾配で角にパースが強調されて象徴的。住宅敷地の角は植栽で埋まっていて、残地がステージのように街灯と交通標識ポール。(住所:東京都目黒区駒場1丁目22−16近辺)

  0420_DSC00291_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。駒場住宅街の立体Y字路。左右の道の高低差のうねりがいい。電柱の影で見ずらいが、角は残地的で階段。壇上に植栽が置かれている。(住所:東京都目黒区駒場3丁目6−6近辺)

1223_DSC06839_1
小松川境川親水公園が分かれるところにあるV字路。親水公園につながりY字路になるところ。真ん中には残地に樹木が立ち、V字路建物と左右の建物も路地に面していて壁面のズレが左右に見えていい表情。

1223_DSC06847_1
(住所:東京都江戸川区本一色1丁目2−1近辺)

      1103_DSC03941_1
横の残地にスロープが残る、数段の小さな階段。上に排水口のような穴があるのが不思議。間に手摺と斜めの上り口がいい。

     1103_DSC03946_1

   1103_DSC03940_1
(住所:東京都品川区南大井1丁目11−2近辺)

DSC09521_1
墨田区のこの辺りは道も広く、東西と南北に道が綺麗に走り、四角い街区が多い。その街角の隅切り部分の残地の植栽。建物のためよりも街角、交差点、街に対してがいい。(住所:東京都墨田区横川2丁目7-9近辺)

0310_DSC08664_1
国道246号線とその下の山手通りの段差を結ぶ、立体スロープ。囲まれた中庭にはフェンスによる残地。擁壁横にある階段橋、246号線の上の高速といろいろつまり、動きもミックスされた風景。

0310_DSC08671_1

0310_DSC08663_1
(住所:東京都目黒区青葉台3丁目6−19近辺)

↑このページのトップヘ