夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:歌舞伎町

   0901_DSC08930_1
新宿センター街エリアの十字路地にある叙楽苑。3階は繋がった所の下、路地幅からすると階段は後から付けた感じ。知らないと入れないお店ながら、入ると日本人ばかりらしい。右奥の路地へ抜ける感じもいい。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目3−10 近辺)

      DSC08927_1

     0427_DSC08924_1
後日(2018年2月)上海小吃のある路地。路地に店舗のいろいろなものが進出しているので、来るたびに少しづつ風景が変わっている。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1−3−10近辺)

      0808_DSC04695_1
新宿センター街があるエリア、ズレた十字路地がある。まるで九龍城、3階で建物が繋がる。なかでもこちら側、その先のバラック飲食店も見えていいところ。

   0808_DSC04688_01

      0809_DSC04682_1
右側はビル裏にくっついた、奥行きのないバラック店舗。それぞれちゃんと営業している。

   0820_DSC04678_1

      1003_DSC08913_1
新宿センター街の看板がある通り。三階で壁が繋がり、下がズレた十字路の路地になっている。

   0820_DSC04680_1
カドの建物がとてもカッコいいことになっている。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目3-10近辺)

   1013_DSC03619_1
新宿ゴールデン街の通り、それこそ街からすれば横丁みたいなものだ。ところがそこにさらに数本の横丁が存在する。完全に裏道、通用口道みたいだが。それでも二階に収納床がが斜めで、左右が繋がり、舟底天井みたいになっていてカッコいい。さらに横丁の先の店がいい感じの灯りでさらにカッコいい。

   1013_DSC03621_1
(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−10近辺)

0717_DSC09600_01
昔はG1通りとG2通りのみがゴールデン街で、花園一番街より北側の店舗は新宿三光商店街振興組合。それが区画一帯を総称して新宿ゴールデン街とよぶようになった。ここは高い位置になる駐車上から見た花園一番街の並び。6枚合成で並べてみると、いかにも長屋だった姿があらわれる。

  0720_DSC09595_1
地上の門から通りをみると少し違ってみえる。看板や様々なペインティングや光がとても豊かな通りとなっている。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−9近辺)

0712_DSC05890_1
歌舞伎町1丁目から聞こえてくるバットの音「新宿バッティングセンター」。なんでここにあるという感じが、鎮座している。光る文字のうえに、綺麗にネットフレームがみえていい感じだ。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1−21−13 )

1122_DSC09523_1
新宿で都電軌道跡地を利用した緑道「四季の路」。周囲の歌舞伎町とは少し違った雰囲気だったりする。この緑道の植栽を越えてアプローチするおばんさい屋「茶茶花」。お店もいいがアプローチで一挙にやられる。外壁が黒いガラスから白い壁にかわり存在が見える。この四季の路もここから植栽の上を桟橋で渡っていく感じになる。同じ緑道での変化、地形の変化なのか?歩いていても気分も変わるところ。

1122_DSC09534_1
(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−1)

   1112_DSC09572_01
風林会館ビルの前、新宿センター街があるエリア一角は面白い。空間的には今や新宿で一番のディープエリアだったりする。少しズレた十字路地があり、抜けられるが、上部では建物がくっついているし、増築度合もすごい。この日ちょうど中華料理の上海小吃まえで撮影をしていた。何の撮影か、とても日本には見えない風景がそこにあった。

     1112_DSC09550_1

   0509_DSC05914_01

     0303_DSC05907_1

   0307_DSC05919_1

     1118_DSC09543_1

     0728_DSC09617_1

     0728_DSC09645_1

      DSC05914_001
 (住所:東京都新宿区歌舞伎町1−3−10近辺)

   1111_DSC09507_01
ゴールデン街の南側から3本目の通り「花園一番街」。何度も撮って失敗しているが、月曜日だからか手前は看板に明かりなく、向こう側が光っている。この光の効果か、なんだかとってもいい感じの陰影が出てしまった。影とか黒色にも色々な段階がある、まるで夜の新宿の顔がでているようだ。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−9近辺)

     0714_DSC01205_1
やはりこのあたりは夜は格別にいい。昔はかなり危ないところだったのだろう。新宿センター街の路地カドにあるビル、コーナーの増築みたいな造形が凄い。このエリアは路地が十字に通っているが、増築でどう繋がっているか判らないくらい凄い。ほとんど見上げる人がいない路地カドの造形、まるで小さな九龍城みたいだ。


      1112_DSC09566_1
後日、このあたりの扉が開いていたので覗いたら、とってもファンキーな内装な階段だった。調べてみると「Barはな」という店らしい。いけそうな店発見。

   0307_DSC05927_1
さらに脇に行くと、ビルとの隙間、そこに小屋飲屋が続く。歩く人と比べると小屋飲屋の大きさがわかる。凄いエリアがここにある。

   0726_DSC09654_1
(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目3-11近辺)

   0213_DSC08720_1
都電軌道跡地の緑道「四季の道」。全体に緩やかにS字に曲がる 流れも面白い。その一部に中央分離帯ができ、道が2つに別れる所がある。そこだけに何故か石が組まれた、石庭になっている。歩道部分の敷 石のデザインといい、周囲のネオンと不思議にあう石庭である。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1-3近辺)

   0210_01
新宿ゴールデン街は新宿文化の中心といってもいい場所だった。今は随分と変わったとも言えるがそれでも路地や飲み屋などもの凄いパワーを持った街となっている。まずは新しい入口とも言える電軌道跡地の 緑道「四季の道」からのゴールデン街入り口。通路の上にある変わった形の街灯も、この入り口から中に広がっている世界もかいま見れる。

   0210_02
通りもゴールデン街、花園一番街、花園三番街、花園五番街、花園八番街、まねき通りとあり、それぞれが違いながらエリアとして同じ空気をしているところが凄い。

0210_03
建物もなかなか古く、それぞれが手をいれて以外と使いやすいように、植栽なんかもあったりする。

      0210_04
長屋形式だが、その間に通路の横道が存在する。2階は収納などでくっ付いているがオモシロイ通となる。

      0210_05
この通り凄い、是非この横の通りは歩いてほしいところである。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目2-6近 辺)

   0911_1
新宿歌舞伎町に新宿センター街という路地かエリアかわからない場所がある。そこにある「上海小吃(シャンハイシャオツー)」というお店の路地への入口が面白い。3階はくっついた建物をくぐる路地。映画「不夜城」にも出てくるこのエリアは凄い。新宿で一番ディープなところかも知れない。

     0911_2
歌舞伎町アジアディープの炸裂って感じだ。周辺の道には呼び込みの人ばかりのエリア、1階の店のキラキラ照明が凄く、ほとんど上を見てられない地域。

   0911_3
そこを更に進むと中華料理屋「上海小吃」がある。天井も張られ、シンクの洗い場まである。路地を浸食している。

  d0d256bb[1]

後日(2015年7月8日)の路地風景。さらに外厨房が増殖しているようにみえる。

  0911_4
更に進むとラテン酒場「メヒコ」がある。ここで路地は交差して複雑さを増す。どちらも道も面白いところだ。

      0911_5
エリアの周辺にはビルの壁にへばりついたバラック長屋がある。そのまま抜けると風林会館前にでるが、ココははっきりいって飲屋というよりも倉庫にしか見えない。それでも幾つかお店をやっている。このエリアなかなか全貌がつかめないので引き続き探りたい所。(東京都新宿区歌舞伎町1丁目3−10近辺)

0818_9032_1
緑道「四季の路」からのおばんさい屋「茶茶花」のアプローチは面白い。丸い飛び石と小さな看板があるだけ、お店を知らない人は気づかない感じだ。ところがこの店は10年以上で、結構賑わっている。外観は写真真ん中の開口部も少なく真っ黒外壁に濃い色ガラスの母屋、それと右側の濃茶の板張りの別棟からなる。


 

0125_0336_2
このアプローチのおかげで町屋や隠れ家に入るような体験ができる。もっと緑道からのアプローチが増えればいいと思う。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−1)


↑このページのトップヘ