夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:橋

1210_DSC06641_1
少し斜めに狭まるガードの構造部材、そこにあとから繋がる感じの歩道橋。両方とも青い塗装にオレンジ黄色の街灯が豊かに絡む。美しい構造部材と豊かな街灯色。ここガードも反対側の歩道橋の絡みも面白い。
      1210_DSC06684_1

1210_DSC06639_1
(住所:東京都江戸川区小松川3丁目13-1近辺)

   1201_DSC06306_1
東武練馬駅から歩いてくると気がつかないくらい。「とくまるタウンブリッチ」は谷間をまたぐブリッチ橋だった。駐輪場階段からみるブリッチ下は立体都市だった。斜面住宅となかなかカッコいい都市構成だ。

   1201_DSC06311_1

徳丸駅前地形_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目8−1近辺)

     0919_DSC04784_1
水元公園の閘門橋、行ってみてビックリ、見たイメージと違う。これまで閘門は幾つかみたが、橋の真ん中に上下流方向に船の帆先のようなデザイン。これが凄い、さらにその帆先に謎のオブジェ。ほとんど写真に出ないのは、近接の橋が近すぎていいカットにならないからか。

   0919_DSC04739_1

      0919_DSC04764_1

   0919_DSC04766_1
(住所:東京都葛飾区西水元6丁目23近辺)

   0503_DSC00982_1
綾瀬川上の小菅ジャンクション。交差する形としてはお隣の堀切ジャンクションと同じ。内側と外側から、見える姿がそれぞれ変わる。下の道路や橋との絡みもオモシロイ。

0503_DSC00917_1

0503_DSC00989_1

0503_DSC00993_1
(住所:東京都葛飾区小菅3丁目1-2近辺)

   0401_DSC00450_1
どうしたのか、と言う感じの色使い。ところが周囲の色がなくなる夜は、いい感じになる、内川にかかる内川橋。ちょうど桜も咲いて華やかが協調していた。

   0401_DSC00453_1

0401_DSC00457_1

      0401_DSC00458_1
(住所:東京都大田区大森東2丁目2−11近辺)

1124_DSC03130_1
武蔵野中央公園に繋がるグリンパーク緑道。途中公園になっている関前公園。滝から流水、橋をくぐり丸池へ。途中東屋あり。公園なんだけど庭園に近い、いいデザインに夜は見える。

      1124_DSC03120_1

      1124_DSC03122_1

1124_DSC03126_1

DSC03128_1
(住所:東京都武蔵野市関前3丁目14近辺)

1013_DSC09830_1
多摩川の4か所から水を引かれ、最終的に調布で多摩川に合流する用水路の府中用水。東京都では唯一である疏水百選の一つで景観がいい。2つに別れる谷保堰は、橋が架かり造形的にも見ごたえがあるが、早秋で草が生えていて構造物がみえずらい。春先の水が流れる時期のほうがいいのかも。

1013_DSC09827_1

1013_DSC09828_1

1013_DSC09825_1
(住所:東京都国立市泉3丁目10−24近辺)

      0620_DSC02791_0
東村山を流れる前川、この時期は水量もあっていい流れ、いい景色だ。徳蔵寺脇のジグザクな川、橋があり、その向こうの大きな木が魅力的だ。(住所: 東京都東村山市諏訪町2丁目13−43近辺)

0210_DSC08149_1
阿佐谷南にある馬橋稲荷神社、ここの夜はいい。特に隋神門から参道を逆にみた景色がいい。桃園川跡に向って下がる南側に位置するため、参道から本殿が少し下がる。参道脇に水路が通り、夜はこの音を聞くのもいい。

0210_DSC08156_1


0210_DSC08155_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷南2丁目4−4)

     DSC06790_1
際コーポレーションの中島武氏の生家を改築した「草門去来荘 東村山店」。野火止用水を橋で渡った先に大きな門、向こうに竹林がうかがえる。西武多摩線八坂駅の近くの東村山市だが、ここだけ違った景色になっている。

   DSC06765_1

      DSC06763_1

      DSC06776_1

      DSC06791_1
(住所:東京都東村山市栄町3丁目19 ―13近辺)

1225_DSC04094_01
横浜の反町から横浜市中央卸市場、子安、生麦、国道まで歩く。純粋な夜散歩として実に数か月ぶり。その分、見るものが新鮮にみえてくる。写真は入江川にかかる橋「ほのはし」、その下の水の流れ、船止めの丸石、そこに反射する街灯りがとても綺麗だった。(住所:神奈川県横浜市神奈川区神奈川2丁目4−4近辺)

  0802_DSC00223_1
日本の夏の緑は強い。表側さすがにとられてしまうが、神宮橋の裏側は緑に浸食され始めている。なんだか先にある原宿駅も左の明治神宮の杜に浸食されはじめている感じにも見える。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目35−3近辺)

   0628_DSC09019_01
箱崎ジャンクションの流れで、隅田川大橋の上の高速道路も凄い、うねっているし、この橋の上は柱もなくスパンも大きい、テンション構造の高速だ。

0628_DSC09022_001
(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19−35近辺)

   0713_DSC09040_1


   0713_DSC09070_1
箱崎ジャンクション方向までもオモシロイ。フレーム柱が各道路を支えている。この変幻自在なフレームのカタチにどこか惹かれる。(住所:東京都中央区日本橋箱崎町31−3近辺)

0626_DSC08996_1
日本橋川にかかる豊海橋、震災復興橋として1927年に架設。フレームの内側が光り、ここ周辺の橋で光り方は一番美しい。背景のビル街の色々もきれい。水辺の風景はいろいろなことを気づかせる(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19-1近辺)

0625_DSC09010_1
隅田川に架かる隅田川大橋から永代橋、その向こうの佃島・月島をみる。ちょうど屋形船が向かっていることもあるが、永代橋がここからだとゲートのようにみえる。なかなかおもしろい風景だったりする。(住所:東京都中央区日本橋箱崎町19−35近辺)

0102_DSC02529_1
自分の育った所沢の街を改めてみるとビックリすることが多い。この東川に架かる旭橋は高校生時の通学路だったりする。よく見るとこれがとてもいいデザインだ。斜めにかかる橋で、道路に斜め部分ができて、進入禁止マークとの取り合いが不思議ないバランスになった。

  0102_DSC02534_1

昭和5年(1930年)に新しくなった橋で、赤御影石親柱の上部には、かつてブロンズ製で唐草模様をあしらった六角形の電灯が設置されていたが、戦時中の金属供出で失われ、現在は台座だけがある。また欄干はリズミカルな白タイル貼りの連続アーチとしっかりデザインされている。
(住所:埼玉県所沢市御幸町9−7近辺)

1228_DSC02248_1
吉祥寺駅からほど近い井の頭恩賜公園。そのほぼ真ん中を渡る七井橋。手摺に照明が仕込んでいて、床を照らすのでいい雰囲気だ。その先の冬のメタセコイヤの樹木の形がよく見えて、楽園に向かうように借景になっている。

1228_DSC02224_01
(住所:東京都三鷹市井の頭4丁目1−9近辺)

1104_DSC09087_1
隅田川の清洲橋の吊り構造の接合部。実はあまりディテールは撮らないが、こちらの接合部と向こうに見える曲線があまりに美しく。濃い・薄い青色と赤い照明が取り合わせにも何か惹かれる。(住所:東京都江東区清澄1丁目8−17近辺)

1103_DSC09094_1
隅田川リバーサイドは夜散歩には最適、なかなか素晴らしい風景に出会える。丁度東側は工事中で入れず、照明も消えて真っ暗、尚更対岸の光が綺麗に水に溶け込む。川も曲がり角で、ちょうど清洲橋と新大橋が対比的に見える。見えずらいが真ん中手前に写るのは工事船。(住所:東京都江東区常盤1丁目4−10近辺)

↑このページのトップヘ